Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 境港へ(まるで日記) | Home | パソコン真っ暗 »

1月と6月さん

R0038947

境港初のbook cafe 1月と6月』さん。店舗はその昔、自転車屋、そのずっと前は手芸店だったという古い店舗を改装して2008年11月にオープン。

2階ギャラリーでは6月2日から安西水丸版画展が開催されます。

R0041477

店主の阿部さんがセレクトした本が並びます。『純米酒BOOK』も!

R0038938R0038950

珍しい本、趣味の本、デザイン関係の本、お酒の本などセレクトが楽しい。

R0041473

阿部さんの名刺です。阿部建設の社長でもあります。

R0041474

名刺は2枚にするとイラストがつながるという仕組み。

本業が建設だから、床も壁も好きなスタイルが自由自在!

R0038960R0041449

本売り場の奥の階段をトントンと上がるとギャラリーになっています。阿部さんと「ここで純米酒の会をしたら楽しいね!」という話も。夏か秋か出来たらいいな〜っと思っています。

R0041451

ギャラリーの隣は、カフェのコーナー。

R0041471R0041472

コーヒーは揖屋・松浦珈琲の豆です。松浦珈琲訪問 blog

R0041460IMG_4456

カフェの窓からは島根半島の山が見えます。こんな景色が見えるカフェはなかった。…というよりカフェはなかった(笑)。(右)作家ものの砂糖入れ。販売も。

お店の外観は清々しいホワイト&ブルー

R0038956R0038958

「1月と6月」では本の他、服と雑貨、器も少し。これは奥さんのテリトリー。

R0041487

そして、地元のおいしい醤油味のかきもち、なんてのもあり。

R0041490

かきもち、本、服、アクセサリー、木工etc. そしてティータイムもできるという境港には今までなかったお店。

R0038930R0041466R0038929R0038941

なにしろ、ゲゲゲgoodsがおいてない店というだけで貴重(笑)

R0041481

イベントもいろいろ。6月25日からは島根県隠岐の島・海士町からあまマルシェが。

お店から歩いてすぐ商店街。連休中は見た事ないほどの人、人、人。

R0041494R0041496

(右)水木しげる記念館。こちらもものすご〜い人でした。

盆、正月、お祭りが重なったのか!と思うほど。

R0041493

こちら「1月と6月」から歩いて30秒の蕎麦「しばた」おすすめです!

なぜ、1月と6月なのかは、阿部さんに聞いてくださいね。


Topics: cafe, ご当地もの | No Comments »

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc