Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 秋田 純米吟醸「山本」! | Home | きもとのどぶ水平飲み »

赤峰勝人さん東京講演会報告

IMG_2738.jpg
無農薬、無化学肥料による循環農法の素晴らしさを説く、大分県臼杵の赤峰勝人さん
(写真は07年6月末の畑)↑茄子畑 ↓きゅうり畑

IMG_2611.jpg

4年ぶりの東京講演は立ち見が出るほどの大盛況。待ってました!

IMG_8706.JPG
20年かけて完成した赤峰さんの完全無農薬による作物づくり。なにより大事な理想の土の栄養分の割合を説明中。

お草さま

土にイネ科の草がはえたら「カルシウム不足」のサイン。「草は、そこの土に必要だからはえる。足りないものがはえてくるんじゃ。だから土へ返すと、今度は違う草がはえてくる。そしたらまた返してやればいい。それを繰り返すとだんだんいい土になってくる」

「そんな大事なお草さまを、除草剤で枯らすだなんてとんでもない。草が悪もんと思っとるからそんなことをする。まったく違うんよ」

イネ科のタケ、ススキがはえて土に返すと → スギナがはえる。また土に返すと → ハコベ、ナズナ、カラスノエンドウがはえてくる。こうなったらしめたもの。良い土になってきた証拠。赤峰さんの畑には15〜16種類はえているとか。

「畑に育つ草を大切にすること」

草が土作りの主役!

一般的に”常識” とされていることに警告も。
「農薬を使わない野菜は、虫が食うから安全だというのはウソです。本物の無農薬、無化学肥料栽培の作物には、虫がほとんどつきません」

IMG_8712.JPG
赤峰さんの野菜は、農薬も化学肥料も使わないのに、収量も、味も、大きさも立派! 三拍子揃った作物づくりです。

未熟堆肥の恐さを語ります。

「畑から作物をいただいた、その分の堆肥を返します。この時、肝心なのが ”完熟の堆肥” だということ。少しでも未熟なものを入れると、必ず ”神虫” さんが出てきて教えてくれます。虫さんは悪さをするために出てくるのではありません。野菜につく虫は、人や動物に害のあるものだけを代わりに食べてくれているんです。だから、害虫なんてとてもいえません。お虫さま。ありがたい神虫さまなんです!」

IMG_8710.JPG
当然、赤峰さんの畑は草だらけ。下の映像は、赤峰さんの人参畑。それは見事な人参がずらりと並んでいます。

「ジュースにしたらたまらないおいしさ!」
以前、飲ませてもらったことがありますが、自然な甘さがたっぷりで味が濃い! 妙なエグミは一切なし。葉っぱも天ぷらにすると抜群においしかったです。

IMG_8736.JPG
赤峰さんの願いは「化学肥料、農薬、石油化合物質を地球上からなくすこと」にあります。その昔、最高の野菜作りを目指して近代農業をやりつくし、そのうえで循環農法にたどり着いた赤峰さん。だからこそ、その言葉に説得力があります。

IMG_8740.JPG
こちらは田んぼ。種まきから40日ぐらいたつと葉っぱが、五・五葉に育つそうです。その苗は人でいうと「高校生くらいに育っている」と赤峰さん。「稲の意識が目覚めた状態だから、気象や天地異変を予知でき、自然環境に対応できる稲に育っている」

赤峰さんの田んぼはこの苗を1本ずつ、手植えしています。この1本植え田んぼでは、10アールで10俵とれるそうです。

IMG_8752.JPG
終了後はサイン会。 新刊「ニンジンから宇宙へ 2」を手に、皆さん
長蛇の列。

IMG_8753.JPG
65歳になってますます元気! 肌つやぴかの赤峰さん。現在、11町の畑と1
の田んぼをお弟子さんとともに手がけています。*1町は10反。約1ha相当です。赤峰勝人さんHP

IMG_2723.jpg

IMG_2792.jpg
居合道五段、合気道二段。均整のとれた身体はどんな姿勢もきれいにきまります。


Topics: event | No Comments »

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc