Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 赤ピーマンをバルサミコ酢で | Home | 浅草で茨城県地酒まつり& »

萬古焼 紫泥の急須

IMG_9187

最もお茶がおいしくいれられるという三重県・萬古焼の紫泥(しでい)急須です。紫泥は鉄分の多い土を使い、釉薬不使用。還元焼成するのが特徴です。

IMG_9188

この急須は伝統工芸士・伊藤実山さん作

IMG_9190IMG_9191

サイズは1号。1合弱の容量で1人前の小さなものです。

R0130527

ここで見つけました。

R0130519

下北沢「つきまさ」

R0130521R0130524R0130525

昔から変わらない日本茶の店で、ここで使われている急須が萬古焼 紫泥の丸形なのです。

R0130535R0140382R0130536

聞いたら伊藤実山作。長年、使いこんだ急須ながら、味のあるなめらかな肌。

R0130530

「表はなめらかな肌ですが、内側の肌にはザラつきがあり、そこに葉が引っかかるのがいいのです」とご店主。

R0140383

「形は ”丸” 。これがお湯を注ぐ時も、

・・・お茶を注ぐ時にも好都合です」

なるほど〜。

スタンダードな形にはおいしい裏付けがあり!

「紫泥の急須は使い込むほど輝きます」

R0140391

急須は持ち手部分、注ぎ部分、ボディ、そして蓋とパーツが分かれています。

R0140387R0140388

この急須、蓋と本体が吸い付くようにピタリ。洋食器のポットの蓋だとこうはいきません。すごいなあ!の技術です。

R0140392

底から見ると丸みがよくわかります

萬古焼と言っても、実山さんのような作家ものはろくろ引きで、安価な市販品は型ものです。機能は変わらないですが、値段は4倍くらい違います。勿論、手間のかかる時間もそれくらい違います。ろくろと型と整形方法は違えど、鉄分の多い土からなる紫泥で釉薬を使わず、還元焼成。パーツをつける手間はどちらも同様。それぞれにそれぞれの良さがあると思います。

IMG_9227R0140382

箱には1号「玉形」とありました。

R0130537R0130538

Topics: | No Comments »

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc