Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« ベラビスタの夏野菜コース | Home | 夏期酒造ゼミナールin山口 »

裏ベラ*尾道の串揚げ「ひとくち」

ベラビスタ境ガ浜はインテリアがシンプルかつ上質。瀬戸内海が一望できる温泉があり、岩盤浴も併設。外に一歩も出る必要なし。というか、出たくない…。

なのに、なーぜー、尾道にしかも串揚げ(!?)を食べにいくことに。

裏ベラビスタ・尾道報告。

IMG_6438

瀬戸内海にしずむ夕日を海から眺めながら

IMG_6447

go go 尾道!

IMG_6449

と、ひとり心で口ずさみながら、西へ向かう船のなか。

IMG_6441

美女とトドも一緒。

そして尾道上陸。

IMG_6451

目指す店は、その名も「一口」=ひとくち。

10人も座れば一杯の小さなカウンターだけの店。予約不可。すでにお客さんが一杯で外で待つ事に。

IMG_6455IMG_6456

尾道散策〜。

小さなお店が多種多様。

IMG_6459

商品がほとんどないがらんどうな薬局。何で生計を立てているか不明。

IMG_6463

町のカド、カドにはタバコ屋さんが。飲食店が多いせいでしょうかタバコ屋さん多し。

IMG_6467

ひざかっくん。「おつかれちゃん」クーラー入ってますと入口に張り紙あり。

IMG_6468

なごむ港町。

そしていよいよ「ひとくち」へ!

IMG_6474

串揚げといっても肉ではなく瀬戸内海の魚介類がメイン。

お店は予想外にきれい。

揚げ物屋さんは、周り中、油でべったりなりやすいものの、意外にクリーン。きれいに掃除されていました。揚げ油も臭くない。聞けばしょっちゅう変えているとのこと。

ひとくち発起人のリーダーが全員分の「穴子」を注文。

IMG_6475

「にし」があり、珍しいのでにしをお願いしました。メニュー札、左端「くじら」の左が「にし」。巻貝です。

IMG_6487

揚げる前の「にし」を見せてくれるお店の息子さん(息子といってもかなり大人)。

IMG_6476

れんこん、ししとうのVEGE文字も並んで。

頼む順番が頭の中で出来てきました。

まずは、サクッとかろやかな穴子からスタート。

IMG_6483IMG_6486

穴子は素揚げに近いうすごろも。

これにはレモンぎゅっ、塩パラリで…と、お店のご主人から食べ方指導あり。

IMG_6482

じゃんじゃん揚がります。リーダー次々に注文。

飲み物は王祿! 「渓(けい)」のにごり。山田錦55%精米。

”溪流の澄んだ流れのごとく潔い酒”とか。今宵は瀬戸内海の潮の流れのごとくかな。

IMG_6473

揚げ物にはぴったりでしょう。シュワシュワしてます。

IMG_6481

まずはうわずみ透明部分を。贅沢〜。

IMG_6488IMG_6491

にしです。まずは塩で。

IMG_6493

そして、ソースもいいとすすめられました。こちらのソースはなにかと割ってあるそうで、見た目よりも辛すぎず甘すぎず。工夫してます。

そして幅3cmくらいの小さな片口いわしが旗状になって串揚げに。こんな国旗があったら楽しいぞ。

IMG_6495

天ぷらころもにパン粉のころも。素材により衣もチェンジ!

IMG_6499IMG_6502

鯨、そしてなんとかいう貝。

「この貝は左端から食べてください」と言われる。左端はやわらかで右端になると堅いという。堅いほうから食べると印象が堅いままひっぱられるとのことで。

確かに右側の巻がきつい部分は堅く、よくよく噛む必要あり。なるほどねえ。

IMG_6504

名物のあさり!

IMG_6505IMG_6507

じつは、あさりはどうやって串揚げになるのか?と思っていたのです。

すると、この形、バラで揚げたひと皿スタイル。あさりだけ値段もグンと違うと思っていたら、そうだったのか〜っと納得!

衣に一味が入っており、ピリ辛HOTテイスト! 折り鶴を折るような折り紙状のキャベツが添えられ「一緒にどうぞ!」これはいいつまみになります。

本当に店名どおり、すべて「ひとくち」サイズ!

IMG_6513

一味唐辛子が冷凍庫から出てきたのでお聞きすると、お店で細かく刻んでいるとか。保存は冷凍庫で色抜け、風味抜けしないようにしているそうです。おさえるところ、ちゃんとしてます。

IMG_6514

父と息子の二人三脚。揚げ物はすべて父担当。

「これだけはまだ譲れん」……のかな?(セリフは想像)

IMG_6516IMG_6518

ししとうは一瞬芸の素揚げで色鮮やかに。こちらは醤油で。

そしてクライマックスは

IMG_6525

じゃん。夕日のような、れんこーん!

IMG_6526

なぜか、隣のお客さんが「記念に撮りましょう」と熱心にすすめてくれるので、カメラを渡して撮ってもらったショット。髪ボサボサ、顔バリバリ。瀬戸内海焼けのやまよ(顔が妖怪だよ)。検眼用の目隠しを思い出すレンコン串揚げ。

こうして尾道ディナータイムは幕を閉じるのでありました。

Topics: ご当地もの, 日本酒 | 1 Comment »

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc