Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 朝カル「ひやおろし」の純米酒とおつまみ | Home | 佐賀ん酒スペシャルムービー 女が集えば宴のThe SAGA »

週刊ダイヤモンド新日本酒紀行「仙禽」

R9305044

「仙禽」醸造元せんきんの薄井一樹専務と、真人常務

栃木県さくら市の田圃にて。

14463012_1174970985882494_5318077529414919408_n

この号の週刊ダイヤモンドは「歌舞伎特集」!読み応えがありました。知らないことばかり〜

特集伝統と革新が織り成す魅惑の世界 歌舞伎に誘う

グローバル化が進む昨今、外国人に「日本の文化は?」と尋ねられたら、あなたは何を挙げるだろうか。すし? 芸者? いやいやそこは歌舞伎でしょう。何といっても400年間も続き、その素晴らしさは色あせていないばかりか、新たな輝きを放っているからだ。そんな歌舞伎が織り成す魅惑の世界の扉を開けてみよう。

14441038_1175030602543199_2040021901186493555_n

そして連載ページは

14370009_1174970992549160_1249284416242002160_n

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/17991

今号はP109です

新日本酒紀行

【Number 007】

仙禽(SENKIN)/栃木県さくら市
ライバルはgrand vin!? ソムリエ蔵元の原始に戻る酒造り

ナチュール=自然派を意味する酒。驚くべき甘酸っぱさだが不思議な生命力がある。11代目蔵元・薄井一樹さんが設計する古代製法の酒で、地元米をあえて磨かず、天然酵母で生酛(きもと)造り、かつ木桶仕込みする。「生酛、木桶、樽熟成に可能性がある」と熱く語る。

IMG_5028

これから木桶と樽がどんどん増えていくそうです!楽しみです :-o

2015年2月7日の懐かし画像

R9293991

厳寒の早朝。造り真っ最中の木桶前にて

現在、蔵内がここから進化!

というわけで、これはもう見られないお宝ショット☆

R0301586

懐かし画像その2

R9293908

その3

小さく輝く白い粒!!! 宝石のような

幻の7%精米(いまだ商品化されず。リリースが待ち遠しい)

↓仙禽さんの正面玄関

14409924_1175032055876387_3573205420720671261_o

蔵は栃木名産の大谷石で出来ています。

ブロックひとつが大きい!ということで、横に立ってみました。

大谷石、地震には弱いそうです。

R9305022

幻のカット

亀ノ尾の田圃でブラザーズをシューティング☆ちょっとモデルポーズ風?

14449801_1175030862543173_8126274262829446799_n

帰りがけ、夕日で逆光のタイミングがきれいでパチリ☆

こちらを誌面で紹介。首元に巻いていたタオルをはずしてもらうのをウッカリ。一樹さんのタオルは体の一部です :-o

新日本酒紀行 地域を醸すもの

IMG_5019

ドメーヌさくら・雄町と亀ノ尾に酒の運命をかける!仙禽

14457288_1177967975582795_6757473206831317647_n-1

クラシック仙禽 雄町&亀ノ尾

14446147_1177967948916131_2049577826901907838_n

裏ラベルには、熱い言葉ぎっしりです!英語と仏語も併記


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc