Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« ジャンシス・ロビンソンMW「For the sake of sake」 | Home | 地域食材×純米酒 Vol.11 サツマイモにあうお酒!? »

週刊ダイヤモンド・新日本酒紀行 地域を醸すもの「杜の蔵」

b:DSC01966

福岡県・糸島の篤農家の皆さんと、森永一弘蔵元&末永雅信杜氏

週刊ダイヤモンド・新日本酒紀行 地域を醸すもの

杜の蔵」さんを紹介しています。

14494844_1186117851434474_7708102097978410666_n

img_3a3a3d1fb3ae1f51dcb95936d23157906450592016年10月15日号

2016年10月15日号
新日本酒紀行
山本洋子
新日本酒紀行
【Number 010】
杜の蔵(MORINOKURA)/福岡県三潴(みづま)町
無農薬の山田錦で醸す純米酒と、飲める料理酒
料理酒は飲む酒とは別と考える人が多い。それはなぜか? 料理酒は酒販免許がない店でも売れるよう開発され、酒税法対象外にするため、塩などが添加される。酒の原料は「米・米麹」が基本だが、安価を競う料理酒は、うま味調味料や糖類、酸味料等も使われる。飲めると思わないのも当然の味だ。

新日本酒紀行【Number 010】

杜の蔵(MORINOKURA)/福岡県三潴(みづま)町

無農薬の山田錦で醸す純米酒と、飲める料理酒

本文より

料理酒は飲む酒とは別と考える人が多い。それはなぜか?

料理酒は酒販免許がない店でも売れるよう開発され、酒税法対象外にするため、塩などが添加される。

酒の原料は「米・米麹」が基本だが、安価を競う料理酒は、うま味調味料や糖類、酸味料等も使われる。

飲めると思わないのも当然の味だ。

続きは誌面で! :-)

14519777_1186093914770201_4123458791337259161_n

今号は、P65でございます。

MK4_2580-1

杜氏の末永雅信さん。なんと、杜の蔵で代々、4代続く杜氏一家!

同じ蔵で、4代続いて杜氏を務めるというのは、全国でも聞いたことがありません。

とても温厚なお人柄です :-o

e:IMG_0091

等外米の山田錦を四段仕込みで醸して造る「琥珀の料理酒」

お燗して飲むと、これがなんともおいしい。
理酒も「酒」おいしく飲めて当たり前。飲めないような料理酒では困ります :-x
詳しくは記事をお読みくださいませ!

杜の蔵(MORINOKURA)/福岡県三潴(みづま)町

無農薬の山田錦で醸す純米酒と、飲める料理酒

◎杜の蔵さん↓蔵訪問 blog

2012年4月 RICOH GXRで撮影・杜の蔵さなぼり焼酎

2012年暮れまるごともりのくらの会

2013年4月 純米酒蔵の麹セット


Topics: ご当地もの, 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc