Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 小安峡温泉・やどや三平さん | Home | 「山中酒の店 酒の本」発売 »

週刊ダイヤモンド・新日本酒紀行 地域を醸すもの「いづみ橋」

週刊ダイヤモンドの連載
2016年11月5日号新日本酒紀行【Number 013】
神奈川県海老名市の「いづみ橋」橋場 友一 (Yuichi Hashiba)さんを紹介しています。タイトルは「酒米と純米酒、味噌も造る栽培醸造蔵」
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/18361
酒蔵ですが、味噌に梅干もおいしい!
795B5F40-21FE-424D-BFF2-145BC7B459A2
週刊ダイヤモンドの連載
2016年11月5日号  新日本酒紀行【Number 013】
4432DFAC-ABDF-4408-A358-7FF9EA8E5567

神奈川県海老名市
「いづみ橋」橋場友一さんを紹介しています。
0FFA6B38-C70B-4420-A691-F0DFA4BA8BAC
タイトルは「酒米と純米酒、味噌も造る栽培醸造蔵」
8604BA25-B946-4498-8227-264CE80F3D92

酒蔵ですが、味噌と梅干もおいしいのです :-o

4524EC46-D033-4356-848C-524486F024BA

カップは赤とんぼ!

82567873-A903-49C1-BEC2-0166F3CF1D59

除草の秘密兵器!お手製です

7638C8C6-466A-4313-A6B8-A74B8612C6FE

(本文より)

栽培醸造蔵、泉橋酒造の酒銘は「いづみ橋」。なぜ、「づ」? 実は、「泉」の語源は「出(いづ)る水(みず)」で和名抄にも出ている古称。蔵がある海老名は千年以上前から耕作が盛んで、古墳も多い歴史ある地。それ故の酒銘なのだ。今はロマンスカーが止まり、ショッピングモールもある海老名駅だが、そこから徒歩15分で、山田錦や雄町の酒米の田んぼが何町歩もあるとは驚くばかり。
続きは誌面で :-o



Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc