Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 代々木のアンコールワット | Home | 11月21日開催「地域食材×純米酒 Vol.12 魚醤」満員御礼 »

週刊ダイヤモンド・新日本酒紀行 地域を醸すもの「大七」

R9304628

週刊ダイヤモンドの連載・2016年11月12日号【Number 014】は

新日本酒紀行 地域を醸すもの

大七さんです! 福島県二本松市

d:生もと室

↑写真・大七酒造さん

web酒蔵見学

フルコースで楽しめる濃醇できれいな生酛(きもと)の酒

e:手もと

↑写真・大七酒造さん 手酛作業中

目指す味わいは「濃醇できれいな酒」

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/18411

14925802_1214968988549360_8083761993900166674_n-1

本文より

フルコースの酒造り。スターターは、微発泡「ゆきしぼり」、次に滑らかな「皆伝」、重量感あるメーンには力強い「木桶純米熟成酒」、デザートに「梅酒」…

続きは誌面で!

超扁平精米技術(新)

↑↓写真・資料 大七酒造さん

複雑な味のための生酛、きれいな酒質のための超扁平精米という技術開発

web 超扁平精米とは

大七の他に例を見ない洗練された生もと造りを陰で支える秘密が、独自に開発した超扁平精米技術にあるのです。

b:超扁平精米アイコン

↑超扁平精米

web 各種精米法の比較

h:.jpg

本文より

「全ての酒を、どんな場面で、どのように飲まれるか、イメージして造ります」と、大七酒造10代目の太田英晴さん。

g:.jpg

Where How When

14581313_1203906296322296_2130480723479995742_n

リーデルの大吟醸グラス選出のさい、大七の「宝暦」が使われたそうです。

蔵で購入したチューブ入りのとろける酒粕が本当になめらかで便利で美味☆


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc