Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 11月12日「自然派紅茶を楽しむ 2016年摘みの最高級ダージリン」講座 | Home | きれいなしょっつる!諸井醸造さん »

日本酒がおいしくなった理由、構造変化の5大要因

img_8ba5cef126e4ab321589d1678d85e12e578511

日本酒がおいしくなった理由、構造変化の5大要因

「週刊ダイヤモンド」2014年11月1日号特集「世界が認めたニッポンの酒」より

編集担当の清水量介さんに聞いたら、以前、取材協力した特集が「特集セレクション」というコーナーで今朝、紹介されたようです。週刊誌の記事ですが、いい記事はこうしてまた読んでもらえるということ。さすが清水さんの企画!嬉しいですね :-o

「日本酒を飲むことで日本の米作り、農業に貢献できる」と説くのは、酒食ジャーナリストの山本洋子さんだ。

続きはこちらから↓

http://diamond.jp/articles/-/106392

お写真も清水さんに許可得て、拝借!

img_8c315506048b0c892ad31d04af1be1e222494

↑「而今」を造る大西社長は39歳で注目の蔵元。甘みも香りもあるが、透明感があり、現代的な酒だ Photo by Ryosuke Shimizu

編集の清水さんは写真も上手!

img_02b69c850ddf0cfe4e6e4c32a2e8d73045924

↑NEXT5のメンバー。左から「山本」を造る山本友文社長、「春霞」の栗林直章社長、「新政」の佐藤祐輔社長、「ゆきの美人」の小林忠彦社長、「一白水成」の渡邉康衛社長 Photo by Ryosuke Shimizu

本日、UPされたダイヤモンド・オンラインは、外務省が英訳して、海外に紹介しているサイトもあると清水さんから連絡ありました!英語圏の方、こちらをご覧くださいませ↓

DJweb_25_cul_02_sake-fig01-730x487

詳細はこちら↓

http://www.japanpolicyforum.jp/archives/culture/pt20150522183252.html

私の発言の英訳部分↓

Sake has always been a part of Japanese culture. It is closely linked with regional environments and agriculture. “By drinking sake, you can contribute to Japanese rice cultivation and agriculture,” explains alcohol and food journalist Yamamoto Yoko. While the rice acreage reduction policy will be abolished in 2018, even now, more than a million hectares of rice paddies are not being used. Three square meters of rice paddy is required to make a single 1.8 liter bottle of junmai-shu (pure rice sake). If Japanese people start to drink more sake and farmers start to cultivate more of the higher-priced shuzo kotekimai (sake rice) on idle farmland, Japanese agriculture and regional economies could be energized overnight. According to Yamamoto’s calculations, if shuzo kotekimai was cultivated in all of Japan’s idle farmland to make junmai-shu, 3.6 billion 1.8 liter bottles could be produced annually. While this may seem an impossible number, if it were divided by Japan’s adult population it would correspond to thirty-six bottles a year for each person. In other words, one go (180 ml serving) a day. If the rice were further scaled back to produce junmai-ginjo or junmai-daiginjo varieties instead of junmai-shu, the number of bottles would decrease further.

よく読めないけど、嬉しい!(英語からきしダメ、ってダメダメ :-x

15057904_10206353256309636_582733398_n

清水さんがNEXT5の別バージョンを送ってくれました

(みんな、やや若い!)



Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc