Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 大多喜のわくわく広場 | Home | 本日は秋田酒トークないと!in のしろ »

週刊ダイヤモンド・新日本酒紀行 地域を醸すもの「春霞」

15327229_1060136694113423_5530975142242560278_n

photo by 天の戸・森谷杜氏

15219610_924534274343518_5640113458933332347_n15192566_924534437676835_6841938393427484221_n

↑photo by 栗林直章さん

週刊ダイヤモンドで、「春霞」栗林 直章 (Naoaki Kuribayashi)さんと、町の名前と同じ酒米!秋田県オリジナル品種「美郷錦」のことを書きました。
2016年は、同じ「美郷錦」で、田んぼ違いの酒をリリースした栗林さん。飲み比べると違いがわかり、感動でした。これから、ますます!酒米・美郷錦に目が離せません。
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/18630
*栗の木と栗林さんの写真が小さくて残念!

週刊ダイヤモンドで、「春霞」蔵元杜氏の栗林直章さんと、町の名前と同じ酒米!秋田県オリジナル品種「美郷錦」の取り組みを書きました。

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/18630

2016年は同じ「美郷錦」で、田んぼ違いの酒をリリースした栗林さん。飲み比べると違いがわかり、感動でした。これから、ますます!酒米・美郷錦に目が離せません。地の米で地の酒を!

*栗の木と栗林さんの写真が小さくて残念

e:R9306698

2016年12月3日号

新日本酒紀行

【Number 016】

春霞(HARUKASUMI)/秋田県仙北郡美郷町

町と酒が一体。美郷町で栽培する美郷錦の純米酒

秋田県の美郷町は60カ所から清水が湧き出る水の町。昔は酒蔵が20あったが、今は3蔵。その一つが春霞醸造元の栗林酒造店だ。地下30メートルから揚水した軟水(硬度2.4)で酒を仕込む。7代目栗林直章さんが種籾から酒造りまで関わる酒米が、町名と名が重なる美郷錦だ。

続きは誌面で 8-)

a:AB182421-11C2-41D8-B8BC-55F43AFE8029

蔵の玄関で仕込み水が飲めます!

g:2016-09-22 09.13.562

六郷東根の農家・小西嘉之さんの美郷錦田んぼ ↑photo by栗林直章さん

天の戸の森谷杜氏が読んで感想を書いてくれました!ありがとうございます :-o

15327229_1060136694113423_5530975142242560278_n

以下コピペ

↓ ↓ ↓

先月、新政の古関さんと「なんか足りないとか、使えないとかって燃えますよね」という話で盛り上がりました。

「6号酵母しか使えない」というのと「6号酵母しか使いたくない」だったり、「地元の米しか使えない」と「地元の米しか使いたくない」は全く違うこと。

もし、それが人の言う「こだわる」だとしたら、それを超訳をすると、〈こだわる = 自信を持って不自由さを公言し、楽しむこと〉かな。

でも「こだわる」という言葉、あんまり好きでないです。なんか重箱の隅つついてるようで。いっそのこと、「おおだわる」ならいいですね。

そして、美郷錦に「おおだわっている」春霞さん。これから美郷錦でどんな春霞造っていくんだろう。すごく楽しみです。

今週の週刊ダイヤモンド、山本洋子さんの新日本酒紀行です。

いよいよ明日17時から、能代の金勇さんで山本洋子さん、新政の古関弘さん、そして森谷の三人でのトークショウあります。私自身楽しみにしています。

https://www.facebook.com/tenyousaketen

https://www.facebook.com/asamaishuzo/photos/a.435401849920247.1073741828.434986756628423/1060136694113423/?type=3&theater



Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc