Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 残り柿の風景 | Home | 酒どこ べらぼうさん »

川どこ べらぼうさん

天の戸 浅舞酒造株式会社・森谷杜氏の
「川どこ べらぼう」投稿をシェア!
↓ ↓ ↓
_________________________
能代のトークショウの宿泊でお世話になったのが、「川どこ べらぼう」さん。部屋を案内してくださったおかみさんが、「すごい、いい景色ですね」という私に、「それはうれしい。二十歳の時にこの場所から見る景色が気に入って、いつかはここに旅館を建てたいと思ってたの。・・・・、だけど夢は叶えるものではないね」と。
そのぽつりと話してくれた「夢は叶えるものではないね」がずっと能代にいる間、気になっていました。
トークショウが終わって、懇親会、二次会とよくしていただいて宿に戻ってその意味を聞こうとするにも、普段夜の八時半ころにはバタンと倒れている私にとっては何年振りかの午前様、うっすらとある記憶を紡ぐと、
「二十歳から思い描いていたこと。そして、宿を建てたらああしたいこうしたいという思いが募って、いざ宿ができてみると、大変。やりたいことやらなければならないことばかりだもの。身動きできないくらい忙しい、ハハハ」
ここには、世の中の「おもてなし」なんて薄っぺらい言葉がぶっ飛んでしまう本当のもてなしと安らぎがありました。
帰り際に、「ここは晩御飯も結構おいしいから、また来てください」とおかみさん。
もちろん、朝ごはんで十分想像がつきますよ。
http://www.yado-sagashi.com/kawadokoberabou/sp/
15319137_1243354865710772_8798829658551480312_n
能代の「川どこ べらぼう」さんは米代川に面しています。
窓からの光景は、ただただ広大!
この抜けの良い景色に、毎回感動しています。
そして、なによりも、べらぼうご夫妻の心あたたまるおもてなしに癒やされます。
ダイニングルームもお風呂も部屋も、秋田杉がふんだんに使われています。

15319182_1243355012377424_6772822341583605097_n
そして朝食も素晴らしい!すべて心あたたまるお母さんの手作りです。
15318019_1243355082377417_3346909620595565460_n
お汁は「けの汁」すべてがさいの目に細かくカットされています。美味!
15326377_1243355029044089_6646646465646860714_n
旬のハタハタ。メスのお腹にはブリコが!
15380549_1243355135710745_8843174850125270530_n
ふっくらジューシィな「いちじくの甘露煮」和菓子屋さんで販売したらいいほど、皮と中身が一体感になったバランス抜群の一品。作り方を聞くと、蜜に漬ける。4日間かけて作る。煮すぎないこと。毎日毎日、蜜だけを煮詰めて漬ける。手間のかけかたが違うのでした。
15338602_1243354839044108_1489738277768244192_n
15355640_1243355085710750_5336689968823249084_n
川どこべらぼう&酒どこべらぼう、両方仕事しているお父さん。いつ寝ているの!?

15284924_1243354925710766_2511761965215662525_n
ダイニングルームは、薪ストーブです! 床も家具も秋田杉製

15355556_1243352429044349_3649177970853873361_nのコピー
いつも楽しく、素敵な、べらぼうのお母さんです。大好き♡

15241146_1243355149044077_8827451883687184306_n
米代川とわたし(笑)
:-o
●2009年の訪問blog
http://www.yohkoyama.com/archives/12688

15337454_1243354829044109_8587222824352729001_n

天の戸 浅舞酒造株式会社・森谷杜氏の
「川どこ べらぼう」投稿より引用 :-o
↓ ↓ ↓
_________________________
能代のトークショウの宿泊でお世話になったのが、「川どこ べらぼう」さん。部屋を案内してくださったおかみさんが、「すごい、いい景色ですね」という私に、「それはうれしい。二十歳の時にこの場所から見る景色が気に入って、いつかはここに旅館を建てたいと思ってたの。・・・・、だけど夢は叶えるものではないね」と。
そのぽつりと話してくれた「夢は叶えるものではないね」がずっと能代にいる間、気になっていました。
トークショウが終わって、懇親会、二次会とよくしていただいて宿に戻ってその意味を聞こうとするにも、普段夜の八時半ころにはバタンと倒れている私にとっては何年振りかの午前様、うっすらとある記憶を紡ぐと、
「二十歳から思い描いていたこと。そして、宿を建てたらああしたいこうしたいという思いが募って、いざ宿ができてみると、大変。やりたいことやらなければならないことばかりだもの。身動きできないくらい忙しい、ハハハ」
ここには、世の中の「おもてなし」なんて薄っぺらい言葉がぶっ飛んでしまう本当のもてなしと安らぎがありました。
帰り際に、「ここは晩御飯も結構おいしいから、また来てください」とおかみさん。
もちろん、朝ごはんで十分想像がつきますよ。

http://www.yado-sagashi.com/kawadokoberabou/sp/
15338602_1243354839044108_1489738277768244192_n
15380295_1243355022377423_5644028420968729770_n
●川どこ べらぼう
能代市能代町字赤沼48−21
電話 0185−53−3040


Topics: ご当地もの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc