Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 境港の木暖珈琲店 | Home | 仙禽あらばしり、中取り、せめの搾り方違い »

新日本酒紀行・地域を醸すもの「福来純本みりん」

15941482_1283289761717282_1601352107179462830_n

2017年01月14日号

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行・地域を醸すもの」は、年末年始と特別号などで休載していましたが、最新号では、岐阜県加茂郡川辺町の白扇酒造さん「福来純本みりん」を取り上げました。

「お屠蘇はもち米で醸したみりんで」

記事より

「新年のお屠蘇(とそ)にふさわしいのは、もち米から造るみりんでしょう」と、白扇酒造の4代目蔵元、加藤孝明さん。「ハレの日の食事は餅や赤飯など、もち米です」。

白扇酒造は日本酒、みりん、焼酎と、米を使った伝統酒3種を醸す全国でもまれな蔵。特に有名なのが、料理人から絶賛される福来純本みりんだ。

続きは誌面で! :-o

c 連続蒸米機

連続蒸米機です

d みりん槽

みりんは昔から槽搾り。エキス分が多いだけに、布袋の洗濯はそれは大変そう。

福来純本みりんができるまではコチラを↓
https://www.hakusenshuzou.jp/kodawari/mirin.html

g こぼれ梅

蔵売店で販売している「みりん粕」は、別名「こぼれ梅」。いやもう、もの凄く!甘いんですよ〜

j 5代目蔵元

3種類の醸造を引き継ぐ、5代目蔵元の加藤祐基さん!

15940637_1283289765050615_5419200919695941932_n

P75でご紹介しています!

20242011417-thumb-142xauto-28124

福来純本みりんを使った簡単おやつ(ワインのつまみにも!)

blog アーモンドの福来純本みりんdeキャラメリゼ


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc