Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 仙禽あらばしり、中取り、せめの搾り方違い | Home | 新丸・ムスムスで蒸しランチ »

パスタも好き!

15966168_1284590064920585_8812487302682036350_n

日本酒好きですが、じつは泡やワインも好きです。

疲れた時は泡、嬉しい時、弾けたい時は「泡」☆

スパークリングやシャンパンは、なぜか開栓前に「あけちゃう?あけちゃう?」と陽気になるのはなぜでしょうね。

寒い時は、常温の赤ワインもほっとします。勿論、純米の辛口お燗酒も大好きっ!

さて、赤ワインに合う料理といいますと、肉やバターとよく言われますが、私はそのどちらも苦手。

赤ワインにもベジタブル!がいいのです。

お正月は境港でおいしい魚介類を食べに食べたので、東京に戻ってから何日かはベジタリアン(with お酒)でありました。

赤ワインに何を合わせるか?

頭に浮かんだのがオーガニックの全粒粉のパスタと茶色いキノコ!
23時まで営業している成城石井で、ブラウンマッシュルームと「黒舞茸」を購入。香りが濃くて身が緻密。

上質なオーガニックのオリーブオイルと、にんにく(「陽気な母さんの店」で購入。生産者は藤原リエさん)で炒めました。残っていた赤ワインも少し。

*陽気な母さんの店を取材した 麓幸子さんの「地方を変える女性に会いに行く!」↓コレ、とてもいい記事!

「農家の母さんだからできることがある」その志が年商2億円の事業へと発展

15894912_1284590004920591_2368578473362365225_n

そんなシンプルパスタには、いい材料が欠かせません。

先日、勅使河原加奈子さんが店長のセドリック・カサノヴァを訪問

15400565_1246533778726214_2726816264194235563_n

↑加奈子さん

そこで購入したハーブを使いました。

*勅使河原さんと店のこと→ https://ippin.gnavi.co.jp/article-7869/

シチリアの濃いバジルとフェンネルシードは、お料理をたちまちワイン向きに!

15895280_1284589998253925_8684913417035786655_n

黒胡椒もその場で挽いてパラパラ。塩は「なずなの塩」

15965780_1284590001587258_6622349466715961150_n

このシチリア産バジルとフェンネルシード、香りが素晴らしい!

オリーブオイルは藤本真理子さんベリタリアガルダD.O.P。ナッティー感ある芳醇なコク。大さじ1で大ごちそうです。

真理子さんの別オイル→blog 有機栽培EXVオリーブオイル・ベルガモット

15965945_1284589921587266_4651781653054214505_n

ひとり分を取り分けたの図。緑色は大根の葉(後述)

もう一品はサラダ。普段、生野菜を食べることはあまりないですが、お正月にご馳走をいっぱい食べたから反動かも。

お正月明けで新鮮な野菜が少なく、普段あまり買わないベビーリーフ(成城石井は有機栽培あり)を購入

15894944_1284589954920596_6567744807308274197_n

野菜の下は、焼き豆腐を塩ゆでしたもの。サイコロにカットして

15542387_1284589951587263_8638679094897277275_n

果肉は、酢の替わりに加えた文旦の身。

調味料は「なずなの塩」とオリーブオイル・ガルダD.O.P!で

15941055_1284589924920599_1617154230699110400_n

この柑橘は、境港のモダンコーヒーさんに譲ってもらったもので、高知の森下農園の文旦とか。

グレープフルーツのような清々しい香りで、薄皮がむきやすく、甘過ぎないところが好み!野菜との相性バツグン。ひとくち食べるたびに、体がすーっと爽やかヘルシーサラダに! ポン酢もあいました。

オーガニックのカジュアルな泡(麦茶のように飲める)にも、よくあいました〜

_______________________

今回、実家の境港から大根を持ち帰りました。

父も高齢となり、今までの畑はほとんど行かなくなり、自宅裏でぽちぽち育てる程度に。

大根を「持って帰れば良い」と連呼するので、4本ほど抜いて連れて帰ったのです

15966168_1284590171587241_7196769532827399564_n

ベビー大根?というようなかわいい大根で、葉っぱをまとめて塩ゆでに。

すると、やわらかで味が濃くて激ウマ!もっと持って帰ればよかった(笑)

15977540_1284589948253930_3630346729073393875_n

境港のジャコとゴマとマッシュルームの薄切りで炒めたら止まらなくなるおいしさ。茎もやわらか。チクチク感なし。

___________________

思い出し買い物記録。

お正月、境港から戻った日の夜、スーパー信濃屋へ立ち寄りました。

すると

15966317_1284590214920570_2118710376266699894_n

生のホタテの貝ひもを発見! ホタテ好きなんです〜。しかも500gで399円!食べでがあります。

その昔、青森に旅した時、生の貝ひもが大袋で格安で、興奮!

パンパンにビニール袋に入って千円くらいだったような。もちろん、購入。

とはいえ、その時はひとり暮らしで、食べても食べてもなくならない。冷蔵庫を開けると「また君か」状態。独り身には多すぎたホタテの貝ひもを、ふと、思い出しました(遠い目)

15977982_1284589944920597_644011832826988826_n

今回は、まず全量を湯通し。

加熱しすぎると硬くなるので、さっとだけ湯通して、塩麹であえました。やわらかくおいしくなって、こんな時、塩麹(クリーミィなすり潰しタイプ)は便利!

大根とレモンですっきりといただきましたが、脳裏に、”ホタテ缶詰と大根千切りのマヨネーズあえ”という、30年前に流行った料理が浮かび懐かしくなって「松田のマヨネーズ」をプラス!

誰が最初に考えたのか知りませんが、ホタテと大根とマヨ、一世風靡しましたよね、このレシピ。

当時は料理の作り方のことを「レシピ」なんて言いませんでしたが…。随分変わったもんです(再び、遠い目)

そして、塩麹であえたホタテの貝ひもをパスタに!

15977306_1284590078253917_2202417884559850175_n

その夜のパスタ↑ アボカドと、塩麹であえた茹で貝ひも、大根の葉の塩ゆで、オリーブオイル・ガルダD.O.P、粒マスタード、塩に柑橘汁。仕上げに黒胡椒ゴリゴリ!

片道800km〜(途中、♨️に一泊ずつ)のロングドライブの無事を、泡とパスタで乾杯したのでした☆ おつかれさま!

お正月は、どっぷり日本酒、おせち、餅、みかん三昧でありましたが…。

兎にも角にも、パスタは簡単なのが嬉しい!グルテンフリーなんて、どこふく風(笑)

15977655_1284590148253910_7309265243283533576_n

以上、お正月休み明けに家で食べたパスタ記録でした。

ホタテの貝ひもは、その後、見ていません。また会いたい!


Topics: cooking | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc