Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 「J.S.A.SAKE DIPLOMA」教本 | Home | 週刊ダイヤモンド連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」神奈川/丹沢山 »

「観光Re:デザイン」地酒と港の名物で味の向こうに、地域を見える化

スクリーンショット 2017-03-14 12.59.57

観光Re:デザインに寄稿しました。テーマは「地域資源の生かし方」です。

タイトルは

「蟹に合う酒」

地域の酒米で醸した純米酒と、港の名物のマリアージュが魅力を倍増!

味わいの向こうに、地域を見える化

(本文より)

人を呼ぶ施策は山ほどあるが、何といっても強いのが「食」だ。

ミシュランガイドで紹介された店に、何百キロも車を走らせる客がいる。価値を感じらればどこまでも食べに行く、そう駆り立てるものが食にある。たとえその土地に歴史があろうとなかろうと、買い物施設がなくてもだ。

改めて、地域の食の魅力を持つ商品とは何かを考える。商品開発のベース設計をどうすべきか。

地域とどうつながりを持つべきか。観光客は何を一番面白いと感じるか?

今冬、海と山、里を連携させた米の酒が誕生した。

日本一のベニズワイガニ量を誇る鳥取県境港。このまちの酒蔵が開発したのが「蟹に合う酒」。

海の名物と、地の米のみで醸した純米酒。最強のマリアージュの挑戦を追った。

続きは→ https://kankou-redesign.jp/pov/5393/


Topics: ご当地もの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc