Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 「観光Re:デザイン」地酒と港の名物で味の向こうに、地域を見える化 | Home | 3月18日は朝カルで「桜酒」を楽しむセミナー »

週刊ダイヤモンド連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」神奈川/丹沢山

17309889_1343962328983358_3247951186476945541_n-1

週刊ダイヤモンド 2017年2月25日号

img_96b446b65fc82ed28a5c8db97c618416444000-1


連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」【Number 024】

食中酒の大定番!

丹沢山(TANZAWASAN)/神奈川県山北町 を紹介

タイトルは

酒匂川の上流と下流でつながる熱燗と塩辛

ひとつの川でつながるお酒と肴がありました!
市販の塩辛で最も気に入っている小田原・鈴廣かまぼこさんの超熟塩辛

i
https://www.kamaboko.com/shiokara/

これに合うお酒を、露木 雅一 (Masakazu Tuyuki)蔵元に聞きました。

Shigehito Yoneyama工場長の名技燗の数々も(ちょっぴり)文字で紹介!

工藤 恵美子 (Emiko Kudo)さんのリアル現場写真に感謝!の巻

a

(本文より)
酒の匂う川と書いて、酒匂川(さかわがわ)。神奈川県西部最大の河川だ。その名は奈良時代に編纂された「記紀」までさかのぼる。日本武尊(やまとたけるのみこと)東征の際、この川に神酒(みき)を注いで龍神に祈念した故事に基づく。

この続きは〜
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/19380

*バックナンバーもさくさく読めるデジタルサービスが便利です :-o
http://dw.diamond.ne.jp/list/subscription/digitalservice

f

お燗名人の米山繁仁工場長! 細〜く、長〜く、空気に触れさせながら温めたお酒を、とっくりへ移す技を披露してもらいました。

名付けて「ど燗タージュ」。別名「酒水の滝」!

e

杜氏の高橋健一さん。南部杜氏歴約30年のベテラン

16602903_1312326312146960_5003931505916939877_n2 R93006422

(左)食いしん坊蔵元の露木雅一さん(右)蔵人の工藤恵美子さん


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc