Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 朝カル「桜酒」特集レポ・その3 栃木の四季桜と「しもつかれ」 | Home | SAKE2020セミナー「河村傳兵衛先生を偲ぶ~静岡酵母と静岡吟醸の30年~」 »

3月18日開催の朝カル「桜酒」特集レポ・その4「出羽桜 出羽の里」

368B00FE-40D8-466F-8E2E-B1B54394AAC9

というわけで、講座用に「桜の花見にふさわしい、春満点の桜銘柄」を楽しく探したのです。

山形県のお酒に強い朝日屋酒店さん。こちらでのお目当ては「出羽桜」。中でも山形県の酒米「出羽の里」を使った純米酒は、講座で絶対に出したいと思った1本。こちらです。

17757631_1372279159485008_7545575890752195197_n

蔵HPより→ 世界が認めた純米酒「出羽の里」、インターナショナル・ワイン・チャレンジのSAKE部門にて1282銘柄の頂点「チャンピオン・サケ」に輝いた1本です。大吟醸クラスの出品が多い中、純米酒での受賞は快挙。味のコンセプトは「大味必淡(たいみひったん)」、時代を超えて愛される大いなる味わいは、濃すぎず、必ず程良い淡さがある、という意味です。

17798935_1372279162818341_5040447290284819932_n

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」2017年04月08日号 でも紹介しました!

img_a28bce66874efb6b7a3cf5f0ebf175dd476458

【Number 028】
出羽桜(DEWAZAKURA)/山形県天童市
山形から世界へ。古式醸造を貫く世界一の純米酒

桜の名が付く酒蔵は全国にあるが、吟醸酒で名高いのが「出羽桜」だ。桜の名所、天童市の舞鶴山の麓で明治25(1892)年に酒造業を開始した。昨秋、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大隈良典・東京工業大学栄誉教授が「出羽桜 一路」を安倍晋三首相に贈り、話題になった。

続きはwebか誌面で!

このお酒が 720mlで1,300円は安すぎます。飲みごたえあり、レベルが高し。

山形の酒米、山形の酵母、水も人も。まさに地酒というお酒。

出羽桜の酒造り

◉ポリシー

「山形を世界に誇れる産地に」と出羽桜蔵元の仲野益美さん。山形県酒造組合会長も努めます。昨年末、「山形」が清酒で地理的表示(GI)指定を受け、地域ブランドとして認定を受けました。

国税庁 酒類の地理的表示一覧

Topics: セミナー, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc