Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 岩波書店「世界」7月号で天の戸・浅舞酒造が紹介 | Home | 20170624(土)隠れ家スナック 日置桜 at ちんぷん館 TOKYO »

白扇酒造5代目・加藤祐基さんに教わる「三年熟成福来純本みりん」昼の部レポ

19275239_1446498458729744_7435686062842895973_n

◉6月17日(土曜)【 昼の部】白扇酒造5代目・加藤祐基さんに教わる「三年熟成福来純本みりん」の会 本みりんsweet・workshop 昼の部・レポート

OnJapan CAFÉで開催した「本当の本みりん」workshop

白扇酒造の加藤祐基さんに教わりました。

日本の伝統調味料「みりん」これが、複雑怪奇なほどわかりにくいのです。

本来のみりんの原料は「もち米、米麹、米焼酎」の3つの「米」が基本!

なのですが・・・

市販の「みりん」のほとんどは、醸造用アルコール(ホワイトリカーのような無味無臭の蒸留酒)入り、糖類(液状ぶどう糖、水あめ)入り、醸造酢に酸味料入りまで。

米といっても海外産の米、そして食塩まで添加!?? されたものまで「みりん」なのです。

某メーカーの「純米本みりん」名前がいいなあ~と思ったら、純米なのに、醸造用アルコール入り、原料の米はタイ産米が使われていたり、「純米みりん」とあるので、米だけでオール国産だと思ったら違う〜。

アルコール度数も、1度未満から、14.5度までと大きな幅あり。

それって、どういうこと?なのでしょう。

今の日本メーカーが日本国民に向けてつくる(そして国民のほとんどが購入する)大半の「みりん」、なぜそうなったのか、みりんの歴史、そして現状。背景に戦争もあったことなど、教わりました。

そして、伝統醸造とは何をさすのか?

頑なに、伝統醸造を守り続ける白扇酒造さんの原料と製法を聞きながら、「本みりん」のティスティング

●本みりんの新酒、3年もの、10年もの(お土産は3年もの)

19225894_1446496942063229_7616993045472751860_n

ティスティング続き

●人気が出すぎて一般販売していない「梅 美醂」(みりんに漬けた梅酒。砂糖不使用!)この会のために、特別にタンクから汲んできてもらいました。


●白扇酒造が力を入れる不純物なしの「料理酒」

ソーダ割も各自で試してもらい、お昼の部は1時間半のスイート・コース♡

19274977_1447442248635365_3617978213252897252_n

●みりん粕(別名「こぼれ梅」)

19225640_1447442245302032_8300761373139666267_n

まるで上等な和菓子です!

日本酒のみならず、「みりん」も、戦後が終わっていない!

守りたいのは、日本のお米、酒米も重要ですが、「もち米」も超重要だということも、お伝えしたかったことのひとつでした。

「ハレの日にはもち米を」という4代目の加藤パパの言葉も紹介。

そしてデザート

19225052_1446496422063281_8101614469575925529_n


●OJCのシェフ・アサコさんが、本みりんで夏向きのデザートを作ってくれました。

甘みは白扇酒造の本みりんだけ!

名前は「白扇酒造の本みりんと、獺祭ライスミルクの冷たいぜんざい(タピオカと夏野菜の本みりん漬け添え)」

小豆のあんこも、本みりんだけで炊いたもの! これが絶品★

ライスミルクもお米だから、米・米・米ですね :-o

そして

●超簡単な本みりんの照り焼きのたれ

●超簡単な本みりんのみたらしあん などもご紹介

参加者の方から「砂糖と違って、甘みがきつくなく、体が冷えませんでした」とおいしかった~の声いただきました :-)

お米の国の日本!

米だけで出来る調味料を、もっと使いたいものです。
それには、私たちが原料と製法を知ることから。

19225314_1446498502063073_7561170523531348813_n

獺祭のライスミルクを片手にレシピを紹介するアサコさん

19275033_1446498508729739_6765018491334198393_n

ご参加いただいたみなさん。右が料理酒です。

19260797_1446498545396402_3533024216696275657_n

「250mlの本みりんをつくるのに、米が4合必要。贅沢にお米を使うのが本みりんなのです」と加藤さん。左はオンジャパンカフェ主宰の原田有紀子さん。

19399501_1447419461970977_8471993272193312870_n

本みりんの箱書き。


さて、次回は8月23日の夜

三ツ星醤油醸造元 堀河屋野村野村 圭佑 (Keisuke Nomura)さんにお越しいただき、まがい物だらけの日本の醤油のことや、本来の醤油の原材料、どうやって出来るのか、お話いただきます。

私が地方に行って憤慨するのは、醤油です。

日本の調味料で最低なのは、間違いなく醤油!地醤油のほとんどは、毒のような添加物がドッサリ入りです(怒)。

刺身が、料理が、かえってまずくなる醤油が地方に多すぎます。加工品にそんな醤油を使ったら、その添加物も表記せねばなりません。ですが、意外に、地醤油がとんでもない状況ということを知らない人が多いのです。

つづく



Topics: event, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc