Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 20170624(土)隠れ家スナック 日置桜 at ちんぷん館 TOKYO | Home | シチリアの夜明け ~ 日本酒のあるシチリアの食卓 »

蛍がすむ環境を酒瓶に詰める。佐賀県小城・七田

19424556_1805513689462318_8469235276319187381_n

↑祇園川の蛍の画像。誌面では扱いが小さいのでこちらでも紹介。撮影者は七田謙介さんの同級生の小城市役所、納富武司さんです。

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」

【Number 036】

七田(SHICHIDA)/佐賀県小城市
蛍がすむ環境を酒瓶に詰める

「ホーホー、蛍来い、こっちの水は甘いぞ」と歌われる日本の蛍。きれいな水と土壌を好むが洗剤や農薬、化学肥料で環境汚染が進み、数は減少の一途をたどる。街灯や店舗の照明、車のライトで暗闇も減った。甘い水と歌われるが糖度が高いという意味ではなく、清らかで美しい水を指す。その蛍が好む水は日本酒の味も左右する。酒の8割は水。原料米と醸造技術も重要だが、味の根幹は水だ。

続きは誌面で!

001

blog七田謙介社長就任祝い@つくしのこは2010年の1月。7年前! 8-O


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc