Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« つるかめ農園×木戸泉「アフス源」デビュー!お披露目会 | Home | 天の戸100年・まがたま清水 »

20170910天の戸・百周年記念ツアー「稲の穂波」

21430323_1528703993842523_3822035588034532473_n

20170909 に開催された天の戸・百周年記念会は、目頭が何度も熱くなる「半径五キロ力(りょく)」満載!

21433219_1529237537122502_7082350440275599517_n

半径五キロの米と水だけの全量純米酒蔵。

まさに地酒の鏡というべき、米の酒を醸す蔵が浅舞酒造さんです!

「この風景を瓶に詰めたい」と森谷杜氏

心に響く内容が盛りだくさんの素晴らしい会でした。

21615965_1529237543789168_3058836100378711707_n

そして、その翌日に開催されたのが天の戸・百周年記念ツアー「稲の穂波」。

こちらを先にご紹介します。

21432822_1529237593789163_5197760508995761903_n

天の戸 浅舞酒造株式会社さん

100周年、あらためて!おめでとうございます :-o


21432952_1528693537176902_4504987994309594073_n

一昨年と昨年は「稲の花見」でしたが、今年は「稲の穂波」

「吟の精」武内竹蔵さんが手がける見事な田んぼ!

21462671_1529237540455835_3901832252974927380_n

「吟の精」は大粒です。ツアーでは田んぼにつくと、その品種100%で醸した酒が注がれて、見て味わい、品種の説明を聞きながら米の力を感じます。

21433193_1528693633843559_5147571219563849546_n

酒米チーム、JA秋田ふるさと平鹿町酒米研究会

裏ラベルにみなさんの顔写真!減農薬栽培しています。

21430186_1528693567176899_3741498180764082484_n

「美山錦」杜氏が手がける田んぼ。時間不足でバス車内からパチリ(残念)

21432953_1528693597176896_232780306509657500_n

その純米吟醸。

そして次の田んぼは

21371405_1528694970510092_8564447794171857389_n

「亀の尾」です!

21433068_1528694990510090_1401667608182042012_n

のぎが特徴の亀の尾ですが

21462347_1528703917175864_9049821958517194332_n

特徴である、のぎがないものもあり、のぎが赤いものもあり、こと種類が多い亀の尾です。

21462458_1528703920509197_3943644078542311490_n

米研究第一人者の児玉徹先生の説明によりますと、秋田県で7品種、山形で13品種、宮城で11品種の亀の尾が栽培されているそうです。

21371175_1528694980510091_2492961899527891946_n

21462967_1528703913842531_5169128897110896544_n

お米のことならなんでも詳しい!お人柄も最高の児玉徹先生!

21430623_1528694983843424_6957738271052750522_n

亀の尾は、のぎが長く、他の田んぼと遠目から見ても、まるで姿が違いました。

21559014_1529237547122501_7080602031644391366_n

お米それぞれ。その米だけで醸した味も個性がそっくり出るのです!

日本酒はお米のお酒! 実感させられた穂波の会でした。つづく


http://www.amanoto.co.jp/


Topics: ご当地もの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc