Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 12月9日は第2回秋田酒トークないとinのしろ | Home | 佐賀・有田の鯉ランチ »

武雄の「あん梅」さん

23270208_1580692585310330_5079471675875069535_o

11月4日の夜は、松田美智子先生いちおしの「あん梅」さんへ


23215434_1580693455310243_3139647418602477900_o

陶芸家の山本英樹さんも百田さんも「あん梅さんは美味しい!」と太鼓判

23270295_1580692638643658_1712521221386421581_o

最初は「エツ

パリッ、カリッ、ソフトで、ほろ苦、日本酒にあうあうあう


23157318_1580692658643656_3521494999763233640_o

お刺身は、石鯛、アラ、穴子の炙りに

23213452_1580692655310323_2621551480063289226_o

タコ、巻貝の「こうがい」

23270256_1580692761976979_674697060652296953_o

こちらが「こうがい」↑


23215816_1580692738643648_5222794633025027021_o

アジ!肉厚。どれもすこぶる美味

そして、ドーンと


23215701_1580692848643637_6621546179083814272_o

甘鯛の焼いた皿。

細かく鮮やかに描き込みされた大皿で、なんでも、140年前の有田焼だそうです。

23157234_1580692855310303_9147604438657367388_o

味わいしっかり

23157226_1580694885310100_3352944610604622664_o

一人分ずつ切り分けてあるのが嬉しい。青菜も一人分ずつ小さな猪口に。

それにしても、一見すると、なにもなさそうな(失礼!)武雄の町に、奇跡のような一軒(・・・かもしれません)

手書きの品書きを見ているだけで、幸せになりました :-o

23215434_1580693455310243_3139647418602477900_o

そして、まだまだ続きます!


23213012_1580694861976769_4556628680417544560_o

なんと、カワハギならぬ「のどぐろ」の肝!

23213125_1580693025310286_5668914791259816407_o

牡蠣の昆布焼き。味がぎゅっと凝縮しています!


23157379_1580692948643627_6965975433696783969_o

朝鮮人参の天ぷらも!じつは、好きなんです私。


23157242_1580693018643620_7953743953734049389_o

タコの唐揚げ。ジューシィ!


そして!!!圧巻は

23334293_1580693105310278_1964499493186300942_o

〆さば!

23213172_1580693441976911_1564235423011030698_o

松田美智子先生が好きな、山本英樹さんの器です。


23213036_1580693108643611_4551221358594531179_o

鯖が厚く、表面が炙られて登場!

右はガリの生姜がわりの林檎。こんな使い方があるんですね〜

23215523_1580693185310270_2811111657758016033_o

鯖の身が厚いです!


23213355_1580693188643603_5233956139190574657_o

先ほどの牡蠣を焼いた昆布を、もう一度焼いてパリパリにして再登場!


23215493_1580692578643664_7279210428716739887_o

この他に、銀杏や、半生の

23157211_1580693101976945_1062292760273100680_o

自家製カラスミ!

もずく雑炊

23333911_1580693228643599_743762036939325136_o

ほっとする温かな一品でした。


23215824_1580693345310254_462597863242174999_o

この夜、いただいたお酒たちです!「あん梅」さんは、お酒のラインアップがいいのも嬉しい。料理がよくても、お酒が残念な店が多いのです。


黒龍の純吟三十八号、紀土の「あがらの田んぼ」、古伊万里のさき、辛口の万齢さんは「ひや」とお燗の両方いただきました。鍋島さん、お燗酒用の鍋島さんも。最後に黒木本店の「球」


その都度、雰囲気にあう酒器が登場!器は、ご店主が選んだ地元の作家さんの器です。


23213422_1580693541976901_8877957653229021002_o

どういう作家さんなのか質問すると、するするっと答えてくれるご店主! 器は使ってこそ真価を発揮するので、こういう場面でみせてもらえると参考になります。

23157203_1580693321976923_5589694666524882085_o

勉強になりました。(中には、作家さんに発注したという盃も。その注文も納得がいく内容!)

23275689_1580693328643589_4935789049596465509_o

↑定番以外のお酒。お酒のセンスもGood!


酒と肴が逸品ぞろいの「あん梅」さん。松田先生に大感謝です。

旅は、おいしいものをたくさんご存知の方についていくのが一番!

23331238_1580693231976932_913893091925627323_o

最後は嬉野茶でしめでした。

◉佐賀県観光連盟・観光情報
http://www.asobo-saga.jp

◉「日本酒ダンス佐賀酒バージョン」

佐賀県酒造組合による日本酒ダンス 佐賀の蔵元がダンスに初挑戦!

https://www.youtube.com/watch?v=5N4l_TklNlM&feature=youtu.be

◉佐賀ん酒スペシャルムービー 「女が集えば宴のThe SAGA」

https://www.youtube.com/watch?v=humGDYxQ9No

↑何度見ても楽しい!


Topics: ご当地もの, 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc