Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 佐賀・有田の鯉ランチ | Home | 11月19日は朝カル・自然派インド紅茶教室・インド3大紅茶とスリランカのウバを味わう »

新日本酒紀行 地域を醸すもの「羽根屋」

R9310736

新日本酒紀行 地域を醸すもの20171111日号

Number 050

富山県の羽根屋さんが、初めて酒米を大きく記したお酒を出しました。それは富山県南砺産の山田錦! 50%磨きで醸した越中山田錦の純米大吟醸です。 11月1日に発売。


羽根屋(HANEYA)/富山県富山市

「郷土にささげる越中山田錦の純米大吟醸」

j:表ラベル羽根屋

(本文より)富山県は3000m級の立山連峰から、水深1000m以上の富山湾まで高低差4000m。県土の3分の2は森林で、万年雪の雪解け水が落葉の堆積層を抜けて浄化され、富山平野へ流れ出る。水田率は95%以上と日本一。良質米の産地で、特に南砺産の五百万石は兵庫県の山田錦に迫る評価を受け、全国の酒蔵が使用する。

この続きは誌面で!

img_ba2ec5f98716df5a2a5dcf8466fd5f06408847

20171111日号

b

蔵元杜氏の羽根敬喜さん

c

すべての酒の米を、限定吸水する

g

酒造りのパートナー、奥さんの千鶴子さん

R9310759

お酒の裏ラベルに、思いをこめたメッセージを添える

l

新日本酒紀行 地域を醸すもの



Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc