Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 2018年もよろしくお願いします&境港情報 | Home

お酒は器で味が変わります〜

IMG_1026

久保本家酒造の「生酛のどぶ」を、アチチ燗酒に。

徳利は(笑)

酒器によって、辛く感じたり、ふくよかに感じたり。

作家さんの普段飲んでいる、お酒の趣味が反映される!?のかもしれないなあと思ったり

手前は 秋田の田村一さん

奥の黒は 唐津の三藤るいさん

片口は 唐津の熊本象さんです

3人それぞれと一緒にお酒を飲んだことがあります。皆さん、人柄もまじめさもセンスも抜群。

上質なお米のお酒は、いい酒器で飲みたくなります!

こぼし酒は大嫌い!

撲滅運動しています。あれほど、いい酒を台無しにする飲みかたはありません。こぼし酒されそうになったら、断る!別の器にしてもらうのであります。

さて最近、blogのUPが滞っておりますが、毎日、楽しく元気に過ごしております。旅に出たり、蔵に行ったり、魚や蕎麦、野菜を食べたり、いいお酒を飲んだり!
最近は、Instagramに、ちょこちょこUPしています。この写真も! よかったらみてくださいね :-o
インスタは昔からフィルターが好きで(コメなしUPで)よく使っていました。

https://www.instagram.com/yohkoyama/

___________________________________

じつは、「こぼし酒」のことは以前からずっと思っているのです。

http://www.yohkoyama.com/archives/7580

「こぼし酒の提供はやめてもらいたい」2009年のblog

獺祭の桜井博志さんがグラスを作られたとき、この話をして意見が一致。

こぼし酒というのは、お皿に一合の枡を載せ、枡からあふれるまで注ぐというスタイル。「うちの店ではちゃんと一合(180ml)入れてますよ」という宣言がこのスタイルの始まりだと思うのですが。

今はそれが形を変え、一合ではない枡に注いであったり(計量の意味なし)、枡のなかに小さなグラスを入れてそこに注いでこぼしたり(意味不明)、枡は登場せず、小皿の上にミニグラスを置き、あふれるまで注いだり…。

地酒専門の居酒屋でこのスタイルを見る事が多いです。某県のアンテナショップ内レストランもそうでした。

なにがイヤかといいますと、枡が不潔! 使い捨てならわかりますが、四隅がきれいに洗われていません。

しかもその枡が安い漆塗り風の枡だったりすると、すでに周囲がべたついていることもあります。

そして皿が汚い。いろんな匂いがついています。専用に洗うわけがありません。そんな皿にこぼされた酒がどうして飲めましょう。

皿や枡に入ったグラスの底が信頼ならない。そのグラス、机や棚に今まで置いてなかった? 汚い底にくっついた酒を飲ませるの?

そしてもひとつ、イヤなのが、枡や皿に載ったグラスに注がれてこぼされた場合、グラスの周りに酒がついているため、持つと手がべたべたになること。おしぼりでもふききれない…。
日本酒を頼んだことを後悔します。

これじゃあ、丁寧につくられた繊細なお酒は浮かばれません。

だいたいがケチくさい発想から始まった妙なスタイル。その発想、味を大切にするワインの世界じゃありえません。

こぼし酒(怒)撲滅運動!推進中!

皆さんもぜひご一緒に。「こぼさないで」「同じ量をグラスで持ってきて」というだけです。

と、ある人にいったら

「こぼし酒は男のロマンだ」というオジサンがいました。

テーマパーク的な楽しみかたで、どうでもいいようなお酒なら、それでもいいかもしれませんが。

私が好きなお酒では、そうやって飲みたくない!

ただそれだけです。






Topics: 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc