Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 日本酒の賞味期限と消費期限その3 | Home | 神楽坂・蒼穹 多田正樹さんが選ぶお酒と器。その2 »

神楽坂・蒼穹 多田正樹さんが選ぶお酒と器。その1

IMG_7656

飯田橋の駅から神楽坂をあがり、細い路地を入ったところに「蒼穹」があります。

こちらの店主・多田正樹さんが選ぶお酒と器が、それは絶品で、酒器に関しては多田さんが日本一詳しいのではないかと思っております(私が持っていた三藤るいさんの唐津の酒器を見て、るいさんの師匠を当てました。オソルベシ)

多田さんのお酒の温め方も超絶素晴らしく!毎回、楽しく学ばせてもらっています。

なにより料理長の大塚将人さんと最高のコンビで、日本酒と料理が生きる、活かし合う素晴らしい体験ができます。

おいしいお酒だけなら、家でも飲めます(外の店より、家の方が管理も銘柄も器も、清潔感も良いことの方が多く、普段は断然家飲み派!)ですが、大塚さんの和食は丁寧で美しく、素人が逆立ちしても出来ない料理ばかり。日本酒によく合うよう考えられています!

こちらの薄手のガラス製の酒杯は木村硝子店のもの。お酒が美しく飲めます!

IMG_7660

お酒はこちらの「篠峯(しのみね)」! すっきりと清涼感あるおいしさ。

奈良県御所市櫛羅にある千代酒造さんです

IMG_7668

アナゴの揚げたものに雲丹とわさび

IMG_7671

今回は5名で訪問。料理にひとつのお酒が選ばれます。そのたびに、5つの酒器が次々と選ばれていくのです。

IMG_7675

葡萄が2種類入った白和え。マスカットと巨峰。その上に八丁味噌を乾かしたものをトッピング!これが日本酒をあらたな方向へと誘います。

IMG_7677

きれいな味にきりっと美しい滋賀県蒲生郡竜王町松瀬酒造「松の司」純米大吟醸 君嶋屋さんの「情熱」シリーズです。

IMG_7686

温かなお椀が登場。漆器の蓋をとると、ふわ〜といいキノコと鯛の香り

IMG_7689 2

そして再び、酒器が並びます。

相当古いものも登場します。多田さんに尋ねると器の背景を丁寧に教えてくださいますよ!

IMG_7680

島根県出雲市塩冶町板倉酒造の「天雲」〜あまくも〜と読むそうです。「出雲杜氏 無穹天穏」とも記されています。

まだまだ料理とお酒は、つづくのでありました〜

人気のお店なので、必ず予約を!

IMG_7690

多田さんはお燗酒名人!Discover Japanこんな記事も↓

名人直伝!自宅でお燗を楽しむ秘訣

◉蒼穹

予算の目安/お任せコースのみ 8,000円〜プラス鯛茶漬けをお願いしています。
お酒も全ておまかせ(これが絶対に面白い!)合わせて、13,00015,000円くらい。
金額を見ただけでは安くありませんが、丁寧な料理と選び抜かれた酒、凄い酒器コレクション、そして温度がさまざまに楽しめて、なかなか出来ない体験!満足度高しです。

電話 03-6265-0958  東京都新宿区神楽坂

つづく



Topics: 日本酒 | コメントは受け付けていません。

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc