Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





ゼロから分かる!図解日本酒入門

« Previous Entries

アマゾンで欠品中 m(_ _)m

May 16, 2018

重版本が印刷中です。品薄状態で、今、アマゾンでは欠品中です。中古品が定価より高〜く販売されています・・・  納品まで、しばしお待ちくださいませ。

また、全国の心ある酒販店さんでも販売しています!
お酒と一緒にぜひどうぞ

秋田の天洋酒店さん
秋田のアキモト酒店さん
青森のくるみやさん
三重の安田屋さん
大阪の山中酒の店さん
千葉の金二商事・セブンイレブン津田沼店さんfacebookページ
などのお店で販売中です〜

J-WAVE・UR LIFESTYLE COLLEGEでお話します

May 16, 2018

J-WAVEの番組、女優・吉岡里帆さんの「UR LIFESTYLE COLLEGE」で、『ゼロから分かる! 図解 日本酒入門』( 世界文化社 )でインタビューを受けました。
http://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/
放送日は 5月27日(日)1800〜1854(変更の場合もあり)

番組後半の、エキスパート(?)に話を聞く「GOOD LIVING COLLEGE」コーナーです。短い時間ですが、日本酒のことや、お酒に合う ”かつおの生ハム風”などご紹介!
皆さん、聴いてね~。radikoでも聴けます♪
写真は、左が編集担当の世界文化クリエイティブの贄川 雪さん、右がJ-WAVEご担当の下田恵美さんです。

J-WAVEがあるビルは六本木ヒルズ。収録日はちょうどcraftsake weekで、収録終わったあと、酒蔵が周れてウッシッシでした

重版に!本が買える酒販店を紹介/安田屋さん

May 16, 2018

🌾ゼロから分かる図解日本酒入門 世界文化社刊が重版になりました!みなさま応援ありがとうございます✨本が買える酒販店さんを紹介します💁‍♀️
「うまい酒しかありません」がキャッチコピーの三重県鈴鹿の安田武史さんの安田屋さんです😊 お燗してうまい純米酒が勢ぞろいしています!

おいしさをリアルに知ってほしいと、四日市駅近くで「とよのあかり」という居酒屋も経営しています。疲れた体にほんわか~っとしみいるお燗酒🍶が飲めます。
素材がよくて、近藤 けいこさんの無農薬野菜🥦🥕も使っています。

料理を担当する酒井智彦さん!

畔蛸の岩牡蠣も!この日は「焼き」でいただきました。

誠実な素材を使っています。
体にやさしい💕居酒屋さんです(ここで出してくれる豆腐がめちゃ美味)

天然出汁のおでんもgood🍢 ・🍵締めのお茶が「モーレツ紅茶」なのも何気に素晴らしい)

四日市の駅からすぐです!
◉とよのあかり
三重県四日市市諏訪栄町8-5 電話059-328-5258

そんな安田さんが嬉しい写真を送ってくれました~~❗️

それがコチラ↑「本屋大賞」ならぬ「酒屋大賞」ですって 😃
いただいちゃいましたよ「酒屋大賞」‼️
安田さんいつも応援ありがとうございます。安田さんと知り合ってかれこれ20年くらいたちますかねえ。金髪のムーミン時代があったことは封印しておきます😙

◉安田屋 三重県鈴鹿市神戸6-2-26  電話 0593820205
◉取り扱い銘柄
神亀、秋鹿、るみこの酒、酒屋八兵衛、天遊琳、生酛のどぶ、竹泉、竹雀、七本槍、いずみ橋、日輪田、大治郎、杜の蔵、奥播磨、羽前白梅、鯉川、天の戸、十旭日、石鎚、篠峯、喜久酔、旦、三重錦、若戎、鷹勇、一博、花垣・・・・・・他、いろいろ!
ここで扱っている新潟麦酒のノンアルコールビールは世界一美味しいノンアルビールです。「どぶビール」も新潟ビールで作ると最高です。加藤杜氏が唯一認定したという噂。「とよのあかり」で飲めますよ!

安田屋さん店内の冷蔵庫

0513本屋B&Bイベント・レポート

May 15, 2018

5月13日(日曜)は本屋B&Bさんでイベントを開催しました!

「日本の米の酒の価値ってなんだ? 多様性を純米の蒸シ燗で識る」

山同敦子さん著の「日本酒の人」も並びました!

ゼロから分かる図解日本酒入門(世界文化社)刊行記念イベント

こと複雑怪奇でわかりにくい日本酒のギモンを、図解で分かりやすく解説した一冊。
それを ”リアル”に楽しもうという、楽しく飲みながらのイベントでした。

左が本屋B&Bの西山友美さんです。明子さんの薬膳の本の会、紅茶の本の会と、お世話になるのは、これで3回目。

この「ゼロから分かる図解日本酒入門」に込めたメッセージは、
「日本の米の酒の価値を高めたい!」
これほど温度をデリケートに楽しむ酒は、世界中探してもありません!

そこで、静岡県沼津市原の酒蔵、高嶋酒造の蔵元杜氏、高嶋一孝さんに

お酒と、蒸シ燗酒道具一式と、おつまみ持参で登場してもらいました!

高嶋さんの蔵は、今、全量が純米酒です。
どうして純米酒だけにしたのか? その理由をお聞きしました。

それは、過去の実体験から。「ビールを飲んで、全部飲むときと、必ず残すときがあり、残すときは決まって・・・」という、意味深なエピソードからスタート!

「蒸シ燗酒」との出会いとなったお店。
🍶蒸して温める方法を披露してもらいました。
そもそも、お燗に合う酒とはなにか?

静岡県の酒米🌾「誉富士」を県内で最もたくさん使う蔵。
なぜ、その米を使うのか。酒の米選びの最大の理由とは?

また、沼津を代表する食「干物」その真価とは?
なるほど話もたくさん出ました!

おつまみは、高嶋さんがおばあちゃんにヒントをもらってひらめいた一品。それはカツオのなまり節を金山寺味噌であえること! これがもう、燗酒と絶品でした★

高嶋酒造オリジナルの「干物ちゃん平盃」で飲んでもらいました。
私が用意したのは、本でも紹介した青大豆のひたし豆です。そして静岡が誇る「浜納豆」と、燗酒に合うカカオニブも★

これが「浜納豆」です。

そして、プライベートでご参加の国税のプロ!刀禰俊哉さんに、税の今昔の数字もご紹介いただきました。

ご参加くださったみなさま😃本当にありがとうございました!
そして、B&Bの西山友美さん 編集者の贄川雪さんにたっぷりお世話になりました🙋‍♀️

刀禰さんが facebookにアップしてくれました。以下、引用させていただきますと(写真も刀禰さん)

13日は「日本の米の酒の価値ってなんだ? 多様性を純米の蒸シ燗で識る」@下北沢・本屋B&B に参加してきました。
丑年仲間・山本洋子さんの『ゼロから分かる!図解日本酒入門』刊行記念の会で、白隠正宗の蔵元杜氏・高嶋一孝さんとのトークショーですが、素晴らしいお酒と酒肴も付いていました。

本日のお酒は全て静岡の酒米「誉富士」を使ったもので、ワンドリンクチケットを使って「純米大吟醸 生酛」を冷やでいただきながらトークショーがスタート。

途中で高嶋さん推奨の「蒸シ燗酒」の話になると、蔵から持参された道具で蒸した極上の実地体験を同じ「純米大吟醸 生酛」、そして「純米酒 生酛」、「辛口純米酒」で飲み比べながら、それに合わせたおつまみをいただけるという贅沢。

山本さんと高嶋さんがご自身で用意された、煮青大豆、金山寺味噌に漬けたなまり節、浜納豆、カカオニブ、を美味しくいただきました。「蒸シ燗酒」は何度かいただいていますが、それと合わせた酒肴と共にいただくと更にその絶妙の柔らかい旨さが引き立ちます。

トークショーも、純米酒、酒米、蒸シ燗酒、静岡県の特徴、静岡のお米、高嶋酒造のキーワード、杉、地域の飲+食、そして「1日1合純米酒!」とテーマが自在に移り変わりながらのあっという間の楽しい2時間強でした。

また、山本さんから当日お見栄になっていたライターの江澤香織さんをご紹介いただき、会場が「本屋B&B」ですので、早速御著書の『酔い子の旅のしおり~酒+つまみ+うつわめぐり~』を購入。お酒の本がまた別の本を呼び、楽しい酒縁がまた拡がりました。

引用終わり

〜5月13日の写真より〜
左からコーヒーのViva 中川さん、刀禰さん、高嶋さん、江澤さん(あの「だめにんげん祭」の会長でもあります!)、私。

準備中の高嶋酒造の蔵元+蔵人の冨樫さん(ご兄弟は静岡市で和食とフレンチのそれぞれオーナーシェフ)と、近大でヒラメを研究していた浜松出身の新人くん(小学校の給食で「浜納豆」が出たという)

絶賛準備中の編集担当の贄川雪さん(右)と、博樹さん(左)

飲み物も食べ物も選ぶのは、選挙と一緒!選ぶことが応援につながります。
引き続き、よろしくお願いします!

5月13日は本屋B&Bでイベントを開催!

May 7, 2018

次の日曜、5月13日下北沢の本屋B&Bさんでイベントを開催!新刊記念で、テーマは
「日本の米の酒の価値ってなんだ? 多様性を純米の蒸シ燗で識る」

#ゼロから分かる図解日本酒入門(世界文化社)
こと複雑怪奇でわかりにくい日本酒のギモンを、図解で分かりやすく解説した一冊。それを”リアル”に楽しもうという、飲みながらのイベントです。

この本に込めたメッセージは、
「日本の米の酒の価値を高めたい!」

世界中を見ても、並行複発酵という高度な技術で醸し、デリケートかつ幅広い温度帯で楽しむ醸造酒は、日本酒以外にありません。
米の酒の魅力のひとつは温度! とはいえ、なんでもいい酒ではダメ
感動を味わうには、誠実に醸された純米酒の燗酒!
しかも、熱々でもへこたれないお酒であること。

そこでゲストに、全量純米酒を醸す蔵、静岡県沼津市の高嶋酒造・蔵元杜氏であり「蒸シ燗酒」を提唱するお燗名人 高嶋 一孝 (Kazutaka Takashima)さんをお招きし、純米大吟醸から生酛造りの純米酒など蒸シ燗で味わいます。それに合うおつまみつき!

地酒とはなんぞや、本来の燗酒とはなんぞやを、楽しんでみませんか?

先日、沼津へ打ち合わせに。「純米酒燗酒し放題」の 一歩 小池 (Koike Ippoo)さんで、熱い打ち合わせを行いました!

こちらのお店は、オール純米酒。好きな温度で楽しめます。
「蒸し燗」も、し放題!

一歩さんは中華が専門。山椒の使い方も上手です。
静岡の名物もよく登場します。旬が盛り込まれているんです。

●くいもんや 一歩(いっぽ)
カウンターだけの小さなお店。おすすめは純米酒の「お試し放題 2000円」お燗酒に適した銘柄が勢ぞろい。沼津市三枚橋町17-1 電話055-963-3603  沼津市立図書館の道路はさんだ向い。

さて、13日はあのお酒と、このお酒と、蔵元杜氏特製のおつまみも登場!
ジョイナス

●5月13日(日曜)
●時間 15:00~17:00 (14:30開場)
●場所 本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1
●入場料 前売 2,000yen +(1 drink order 当日現金払い) 当日店頭 2,500yen + 1 drink order
◉ご予約はこちらから↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/…/s…/detail/01dcknzhify5.html

本屋B&Bの西山 友美 (Tomomi Nishiyama)さんお世話になります。カウンターでも白隠正宗がチョイス可能!ありがとうございます。
http://bookandbeer.com/event/20180513a_nihonsyu/
編集担当のYuki Niekawaさん 今回もどうぞよろしくお願いしま~す!

ゼロから分かる!図解日本酒入門

5/13本屋B&Bで「日本の米の酒の価値ってなんだ?」を開催

April 4, 2018

2018/05/13 Sun
山本洋子×高嶋一孝
「日本の米の酒の価値ってなんだ?
多様性を純米の蒸シ燗で識る」
『ゼロから分かる!図解日本酒入門』刊行記念

B&Bでイベントを開催します!
新刊『ゼロから分かる!図解日本酒入門』(世界文化社)

「特定名称酒ってどう違うの?」「ラベルの用語って難しすぎる」「日本酒と料理の合わせ方は?」「このお酒は、冷やと燗どっちで味わうのがいいの?」
こと複雑怪奇でわかりにくい日本酒のギモンを、図解で分かりやすく解説した一冊。

この本に込めたメッセージは、
「日本の米の酒の価値を高めたい!」
「世界中を見ても、並行複発酵という高度な技術で醸し、デリケートかつ幅広い温度帯で楽しむ酒は、日本酒以外にありえません」。
米の酒の魅力のひとつは温度!
とはいえ、なんでもいい酒ではダメ!
感動を味わうには、誠実に醸された純米酒の燗酒!
しかも、熱々でもへこたれない酒。

そこでゲストに呼ぶのは、全量純米酒を醸す、静岡県沼津市の高嶋酒造、蔵元杜氏・高嶋一孝さん。高嶋さんは「蒸シ燗酒」を提唱するお燗名人でもあります。

実際に、純米大吟醸から生酛造りの純米酒などを、蒸シ燗で、リアルに味わいます。
地酒とはなんぞや、本来の燗酒とはなんぞやを、みなさんと味わいつつ、問いかけていきます。

【出演者プロフィール】
山本洋子(やまもと・ようこ)
酒食ジャーナリスト/地域ブランドアドバイザー
鳥取県境港市・ゲゲゲの妖怪の町生まれ。出版社で「素食」「マクロビオティック」「郷土料理」「長寿食」「米の酒」等のムック本の編集長を経て独立。身土不二、一物全体を心がける食生活を提案し、「日本の米の価値を最大化するのは上質な純米酒」をモットーに「一日一合純米酒!」を提唱。地域ブランドアドバイザー、純米酒セミナー、6次産業化セミナー講師、ジャーナリストとして全国へ。「地方のお宝探し」がライフワーク。朝日カルチャーセンター新宿教室や、OnJapanCafe&で純米酒講座を開講。週刊ダイヤモンドで『新日本酒紀行 地域を醸すもの』を連載中。著書に『純米酒BOOK』グラフ社、 『厳選日本酒手帖』『厳選紅茶手帖』世界文化社がある。総務省地域人材ネット登録アドバイザー。境港Fish大使。http://www.yohkoyama.com

高嶋一孝(たかしま・かずたか)
高嶋酒造・蔵元杜氏
静岡県沼津市生まれ。地域社会へ貢献していく為に、平成24年から普通酒と醸造アルコール添加の酒を全廃。より多くの米を使う純米酒のみを造る酒蔵となる。
酒造りのコンセプトは「この地でしか造れない地酒を、最高のコミュニケーションツールに」。酒は奇をてらった味わいではなく、地域の食文化などによって育まれる多様性を大切にする。
だらだらと飲みつづけられる酒を目指す!
燗酒が再評価されることにより、日本酒の需要回復のカギがあると考え、試行錯誤する中で「蒸シ燗酒」を提唱。
造り手としてエゴイスティックにならないよう心がけ、エゴイスティックな心を捨て、オープンマインドになるために、DJという顔も持つ。http://hakuinmasamune.com

http://bookandbeer.com/event/20180513a_nihonsyu/

ご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

●5月13日(日曜)
●時間 15:00~17:00 (14:30開場)
●場所 本屋B&B 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1
●入場料 前売 2,000yen +(1 drink order 当日現金払い) 当日店頭 2,500yen + 1 drink order

山本侑貴子さん

March 30, 2018

dining&style代表の山本 侑貴子さんがblogでUPしてくれました
写真は全て、侑貴子さんのカメラです。

テキストはこちら!
図解で分かりやすく解説して下さっています。
こちらの本一冊でかなりの知識が身につきます!

「良い日本酒を飲むことは
農業 林業 漁業 窯業 漆業
全ての活性化に繋がる!!!
このことに感銘をうけました!」

と感想を書いてくださって、とっても嬉しいです!

これからも、(まともな)日本酒を飲む深い意義など、お米のお酒の価値が高まるよう、楽しく広く、お伝えしていきたいと思います!

侑貴子さんありがとうございました。
◉dining&style HP http://diningandstyle.com

OnJapanCafe& 主宰の原田有紀子さん、「カフェは発酵がテーマ」!もちろん、ぬか漬けも自家製。焼酎はクリストファー・ペレグリニさんが、日本酒はポッツ・ジャスティンさんがセレクト、個性的な良い和酒が楽しめますよ!
https://www.facebook.com/onjapantokyo
https://www.instagram.com/onjapancafeofficial/
#ゼロから分かる図解日本酒入門

秋田のアキモト酒店さんでも販売中!

March 29, 2018

秋元 浩 (Hiroshi Akimoto)さんのお店で
#ゼロから分かる図解日本酒入門
を取り扱ってくださることになりました。ただ今、絶賛販販中!

アキモト酒店さんは個性派杜氏から重鎮杜氏まで、面白いラインアップが勢ぞろい。お酒と一緒にご注文くださいね!
詳細は↓
http://akimotosaketen.jp/admin/archives/2401
以下のように紹介してくれました!
↓ ↓ ↓
秋田の日本酒応援団としても名高い酒食ジャーナリストの山本洋子さんが書かれた新刊「ゼロからわかる! 図解日本酒入門」が、当店店頭にも並んでおります。
世界文化社の人気「ゼロからわかる」シリーズの日本酒編として、先週上梓されました。
出版社からの内容紹介には
初心者必携! 日本酒のあらゆるギモンをイラストで分かりやすく解説。
とあります。

米から造る日本酒を飲むことが、農業ばかりか、林業や、窯業、漆業、地域工芸、漁業などなどの応援にもなっていたこと。
冷ややお燗などの飲み方に加えて、熟成や日頃のお酒の管理の知恵。
最新の農業、税務、酒造技術情報などの引用などもしっかり身につきます。
ゼロからの初心者の方に、というだけではもったいない、すべての日本酒好きにオススメします。
ゼロからわかる! 図解 日本酒入門 山本洋子・著
世界文化社刊 ¥1,512(消費税8%込み価格)

山同敦子さんの新著「日本酒の人」も、絶賛ご案内中です。
浩さんの娘の秋元結さんのblog http://sakecogirl.com
https://www.instagram.com/akimotosaketen/

毎日新聞・三輪晴美記者の書評

March 21, 2018

毎日新聞の三輪晴美記者が書評を書いてくれました。感激! 特に最後の文章に涙…。

『ゼロから分かる! 図解日本酒入門』=山本洋子・著

◉紹介文より
日本酒を飲む機会が多くても、「本醸造酒」と「吟醸酒」の違いを知らない人は少なくないだろう。本書は、日本酒のあらゆる知識を項目別に図解。肩の凝らない問答方式で、日本酒の魅力を学ぶことができる。
「冷やと冷酒は違う」「チーズと熱かんは相性抜群」など意外な発見が楽しい。お薦めのつまみレシピや全国の銘酒など、今晩、すぐに試したくなる情報も詰まっている。
酒食ジャーナリストの著者は、日本の田を守るためにも「1日1合純米酒」を提唱。地方をくまなく訪ね歩き、日本酒をはじめ食産業の担い手に取材を重ねる。日本の食文化に対する深い知識と愛情が結実した一冊。(世界文化社、1512円)
https://mainichi.jp/articles/20180319/ddm/013/040/051000c

◉三輪晴美記者をご紹介させてください

じつは、乳がんステージ4の患者であり、現役の新聞記者です。おだやかで知的。お話しくださる内容に、それは説得力があります。以下はぜひ読んでいただきたい記事です。下2つはインタビュー記事です。
記者の目・小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美(生活報道部)
乳がんステージ4の50代新米記者が語る仕事論「いい意味であきらめが肝心」
「乳がんステージ4」患者の現役新聞記者が小林麻央の生き方に共感するワケ

新刊・販売店のお知らせ

March 14, 2018

本日、編集部へ。苦労をかけた編集担当のニエカワユキさんです。Amazonには明日には、追加が入るそうです!まだ、お買い上げいただいてない皆さん、ひとつよろしくお願いします。また、酒蔵さん、酒販店さん、飲食店さん、イベント等「取り扱いたい~!」という方いらっしゃいましたら、リクエストじゃんじゃんお寄せくださいね。編集の世界文化クリエィティブのニエカワさんへ取り次ぎます!😀🌾🍶

web販売店↓

●Amazon
ゼロから分かる-図解日本酒入門-山本-洋子

●Rakutenブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15240551/

●TSUTAYA
http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000UPW24

●紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784418172597

●ヨドバシ
https://www.yodobashi.com/product/100000009002933609/

3月19日は 奥渋のOnJapanCafe& で本書の第1章を実践!
祝!出版記念 「ゼロから分かる!図解日本酒入門」

●第1章●まずはお店で飲んでみよう

スパークリング日本酒/大吟醸/吟醸/純米/お燗/古酒
これをそっくり!OnJapanCafeで実践します。著者の解説実演つきという贅沢な企画です。特に初心者必携の本書。イベントでも著者がわかりやすく、楽しく日本酒の美味しい飲み方を伝授します。参加費: 5,500円(税込)
内容:・開催時間内の日本酒・発酵フード(おつまみ)・本書付き(著者サイン入り)

◉お申し込みは→ https://peatix.com/event/358702/view
なお、上記からチケットをご購入いただいた方からの先着順とさせていただきます。
◉「ゼロから分かる!図解日本酒入門」
内容紹介
初心者必携! 日本酒のあらゆるギモンをイラストで分かりやすく解説。
もっと日本酒が楽しくなる!
「お店ではどんな順番で飲むのが良い?」
「特定名称酒ってどう違うの?」
「ラベルの用語が難しい」「日本酒と料理の合わせ方は?」
「このお酒は、冷やと燗どっちで味わうのがいい?」
「飲み切れなかった日本酒の保存方法は?」
……あらゆる日本酒のギモンを図解でわかりやすく解説します。
・【目次】
●第1章●まずはお店で飲んでみよう
スパークリング日本酒/大吟醸/吟醸/純米/お燗/古酒とは ほか
●第2章●ウチ飲みの楽しみ方
おすすめの酒器/お燗のつけ方/凍らせて楽しむ日本酒/おつまみレシピ ほか
●第3章●お酒を買いに行こう
ネットで買う時の注意点/ラベルの見方/酒の賞味期限と保存方法 ほか
●第4章●日本酒、素朴な疑問
特撰・上撰・佳撰とは/日本酒の造り方/酒蔵はどうなっている/酒粕活用術 ほか
●第5章●旅飲みのすすめ
見学できる酒蔵リスト/全国おすすめ日本酒リスト
●巻末●
日本酒用語事典/日本酒テイスティングシート ほか
・【著者について】
山本 洋子/
酒食ジャーナリスト 地域食ブランドアドバイザー。
鳥取県境港市・ゲゲゲの妖怪の町生まれ。
素食やマクロビオティック・玄米雑穀・野菜・伝統発酵調味料・米の酒をテーマにした雑誌編集長を経て、地方に埋もれた「日本のお宝! 応援」をライフワークにする。「日本の米の価値を最大化するのは上質な純米酒」+穀物、野菜・魚・発酵食、身土不二、一物全体を心がける食と飲生活を提案。地域食ブランドアドバイザー、純米酒&酒肴セミナー講師、酒食ジャーナリストとして全国で活動中。境港FISH 大使。

【編集部からのコメント】
「お店ではどんな順番で飲むのが良い?」「特定名称酒ってどう違うの?」「ラベルの用語が難しい」「日本酒と料理の合わせ方は?」「このお酒は、冷やと燗どっちで味わうのがいい?」「飲み切れなかった日本酒の保存方法は?」……あらゆる日本酒のギモンを図解でわかりやすく解説します。

#ゼロから分かる図解日本酒入門

秋田の木川伸一さんが、純米酒BOOK、厳選日本酒手帖、ゼロから分かる!図解日本酒入門 3冊コンプリートして撮影してくれました。
しかも「しおり」は、一緒に飲んだもの記録紙! 懐かしい!ありがとうございます。

◉OnJapanCafe&
〒150-0047 東京都 渋谷区 神山町40-5  電話03-6804-7530

« Previous Entries
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc