Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





新日本酒紀行 地域を醸すもの

« Previous Entries

週刊ダイヤモンド「新日本酒紀行 地域を醸すもの」月山

June 14, 2018

#週刊ダイヤモンド #新日本酒紀行
今週号は、島根県の吉田智則さん率いる #月山 を紹介しています。

月山といっても山形ではありません!し・ま・ね県です!

↑蔵から見える月山富田城

辛口でも芳醇な美しさが特徴で、低アルコール酒や生酛酒にもチャレンジ!

だんだん蔵が減少するこのご時世で、毎年、着実に石数を増やしています。

先日行った「釉月」さん「あさだ」さんでもお酒が置いてありました。
201012あさだ訪問記録
201205あさだ訪問記録
UPで↓

東京の料理がおいしいセンス良い飲食店はじめ、あちこちで見るようになり、人気急上昇を感じています。

↑足立杜氏。全国新酒鑑評会で5年連続金賞受賞★

蔵元と杜氏のタッグが素晴らしい!島根の期待の酒蔵のひとつです。
蔵取材で見たのは、驚きの設備投資でした。吉田さんと杜氏の本気度合いに、一番驚かされました(本当は杜氏に聞いた「島根酸」の話が面白かったのですが、文字数足らず)。誌面には、ラベルのデザインを担当する熊本出身の美人妻も登場していますよ♡

↑全国一の軟水!その数値とは

月山(GASSAN)/島根県安来市
酵母のクリアな香りを生かす出雲流の純米酒
~本文~
戦国時代、尼子と毛利、織田が争奪戦を繰り広げた月山富田城(がっさんとだじょう)。尼子家再興のため「われに七難八苦を与えよ」と月に願掛けをして戦った山中鹿介。悲運の物語の舞台は200年にわたり山陰の都だった。
その地から歩いて10分、月山醸造元の吉田酒造がある。
蔵元の吉田智則さんと杜氏の足立孝一朗さんの若き二人がタッグを組み、酒の品質向上に取り組む。今、酒蔵が減り続ける中、出荷量が毎年10%増という。このコンビで全国新酒鑑評会は5年連続で金賞受賞という実力派だ。
~この続きは誌面で~

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/23688

週刊ダイヤモンド「新日本酒紀行 地域を醸すもの」高清水

June 7, 2018

今週の #週刊ダイヤモンド #新日本酒紀行 は、全国新酒鑑評会で金賞連続15回✨の快挙を遂げた#秋田種類製造 #高清水 #御所野蔵 #加藤均杜氏 をご紹介しています。

新日本酒紀行【Number 070】
髙清水(TAKASHIMIZU)/秋田県秋田市
最高品質と蔵の個性を考え続け、金賞連続15年

(本文)
毎年春に開催される全国新酒鑑評会は、独立行政法人酒類総合研究所が主催しており、今年で107年目。全国から850蔵が参加し、最大規模かつ最古の歴史を誇る。今年、金賞連続受賞15年と記録を更新したのが、宮城の「黄金澤」と、秋田酒類製造御所野蔵の「高清水(たかしみず)」だ。
続きは誌面で!

杜氏は、御所野蔵の設計から関わり、独自の生酛造りをはじめ、様々な酒質にチャレンジ!「酒造りの発酵技術は酒以外にも広がる!」と酒造技術を、様々な料理にも活用することを提案しています。
酒造りの礎となる麹の甘酒のシャーベットなど激美味!厚揚げを炒めるのに●●や◉◉を使うなど、ビーガンでもOKの調理のツボは酒造りにありました~。
お米の可能性凄い!というわけで、加藤杜氏は料理も上手!お酒が上手なら当たり前ですかね!?
2018年6月9日号

週刊ダイヤモンド・連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」
http://dw.diamond.ne.jp/category/sake

週刊ダイヤモンド「新日本酒紀行 地域を醸すもの」小嶋屋

May 31, 2018

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」
【Number 069】
小嶋屋(KOJIMAYA)/山形県米沢市
伝統は自由で多様。古典製法を基に軽快で複雑な酒造り

本文より
〜 直江兼続、上杉鷹山ゆかりの城下町米沢は、武家屋敷など往時の風情を色濃く残す。この地で1597年に創業した小嶋総本店は、安土桃山時代から酒造業を営む老舗蔵だ 〜
続きは本誌かwebで!買って読んでね

小嶋総本店 24代目蔵元 小嶋健市郎さんが悩み、考え抜いた日本の酒は、伝統、多様性、度数を問う、贅沢な純米大吟醸の新しい形でした。
~伝統は自由で多様。古典製法を基に軽快で複雑な酒造り~
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/23574
このお酒、普段日本酒を飲まない人にも好評です★

2018年6月2日号

新日本酒紀行 地域を醸すもの「花巴」

April 1, 2018

週刊ダイヤモンド 2018年3月31日号

新日本酒紀行 地域を醸すもの
【Number 063】奈良県吉野郡吉野町の酒蔵「花巴(HANATOMOE)」さんを紹介しています。
http://www.hanatomoe.com

「全量酵母無添加。吉野の地力を生かす個性豊かな酒造り」
(本文より)
一目千本と称され3万本以上の山桜が広がる奈良の吉野山。源義経と静御前の別れや、大海人皇子の挙兵、後醍醐天皇の遷都、太閤の花見まで、数々の歴史の舞台を彩った。この吉野の地で「花巴」を醸すのが美吉野醸造。銘柄の由来は、山桜の花が渦巻くように咲き広がる様。

~この続きは誌面で~
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/23083

住吉 久仁雄 (Kunio Sumiyoshi)さん たちの、人力搾りに驚きました!

#新日本酒紀行地域を醸すもの

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/23083

全量酵母無添加!どのお酒も素敵な個性派です。↑こちらは水酛の花巴

新日本酒紀行で旭菊 大地を取材

March 6, 2018

週刊ダイヤモンドで連載中の新日本酒紀行 地域を醸すもの
2018年2月17日号【Number 059】

やさしいお燗酒が飲みたいな〜という時に、よく注文する銘柄が、旭菊さんの「綾花」です。この燗酒にどれだけ癒されたことか。大好きな居酒屋さんにこの酒を紹介したら、以来、15年以上ロングで常備してくれています。
旭菊さんは、どのお酒もやさしく、お燗酒にぴったり。和食によく寄り添います。飲み始めて何年になるでしょう。
蔵元ファミリーのお人柄も大好き!蔵元杜氏の原田憲明さん、奥さんの圭子さん、息子の頼和さんさんも、優しくて誠実です。みなさんからロングで愛されている酒蔵さんなのです。
蔵元杜氏の原田憲明さん
旭菊さんは、主に福岡県の酒米で酒造りしていますが、中でも、無農薬栽培の山田錦で醸した「大地」というお酒は、その名の通り、田んぼの地力を生かした酒。
この号では、このお酒と酒蔵をご紹介しています。
旭菊さんは火事で蔵が全焼し、再出発したお蔵です。

旭菊 大地(ASAHIKIKU DAICHI)/福岡県久留米市三潴町(みづままち)
田んぼの地力を生かした山田錦の純米酒

(本文より)

「大地」という名の酒。冷やよし、燗(かん)よしの力強い味だ。農薬や化学肥料に頼らず、田んぼの地力を生かした山田錦を使い、旭菊酒造の蔵元杜氏の原田憲明さんが醸す。1994年の開始から栽培は糸島市の古川伊津雄さん。

↑連載ページのみ購入できます
新日本酒紀行 地域を醸すもの Number 059

新しい蔵は体育館のように大きなひとつ屋根。面積的には狭くなったものの、作業動線がグンと短くなり、効率もよくなったそうです。
清潔もキープしやすく、誰がどこで何をしているかが、すぐわかるのも良いところ!

蔵元の息子、原田頼和さんを麹室でパチリ。蔵は木の道具を多用しています!

◉詳しくは誌面を↓ご覧ください
http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/22686

http://mikke.g-search.jp/QDIW/2018/20180217/QDIWDW00418935.html

新日本酒紀行で農口尚彦杜氏を取材

March 6, 2018

新日本酒紀行 地域を醸すもの 2018年2月10日号【Number 058】
農口尚彦研究所(NOGUCHINAOHIKO KENKYUSHO)/石川県小松市観音下町(かながそまち)
85歳の杜氏の新たな挑戦!

酒造りで地域と伝統技術を次世代へ
週刊ダイヤモンドで紹介しました。
(本文より)
農口尚彦杜氏85歳。祖父も父も杜氏の家に生まれ、菊姫や常きげんなど数々の酒蔵で杜氏を歴任。黄綬褒章受章、厚生労働省「現代の名工」認定、新酒鑑評会金賞27回。まな弟子が全国で杜氏を務める。
2年前に引退したが、今季から酒造りに復帰した。

~この続きは誌面で!〜

いやもう、大感動しました!!! 85歳で酒造りの世界へ復帰した農口杜氏。今回は家族から大反対を受け「身支度さえしてもらえなかった」と。
復活させたのは、朝野勇次郎さんです。地域のために何かできないか模索していた朝野さんが、杜氏と話して意気投合。
ですがこの事業、話した人みんなにダメ出しをくらいます。「100人中、100人が反対しました」と朝野さん。

出来上がったお酒の味は、「力強い美しさ」という言葉がぴったり。
速醸と山廃の酒があります。
最も感激したのは、酒蔵近くで栽培された酒米「五百万石」の純米酒。腕を見込んで依頼した農家さんに契約栽培をお願いした米。初めて取り組んだ酒米の出来は見事だったといいます。そうして醸された真の地酒。
お酒のラインナップや販売店はHP農口尚彦研究所をご覧ください。

2018年2月10日号で紹介中(バックナンバーも発売中)

↑連載記事のみも購入できます。100円
http://mikke.g-search.jp/QDIW/2018/20180210/QDIWDW00418508.html

農口杜氏、ストップウォッチ片手。背筋シャキッ!
新しい蔵はどこもかしこも清潔で機能的

ティスティングルームもあります(要予約)

テイスティングルーム「杜庵」では有料試飲がセットになった日本酒体験プラン「酒事」あり。3月30日から開業。オンライン予約は3月8日より
この部屋から上の写真の搾り機の仕事風景が眺められるんです!
◉農口尚彦研究所

◉新日本酒紀行 地域を醸すもの

週刊ダイヤモンドで「生酛のどぶ」紹介

January 25, 2018

↑久保本家酒造の久保康子さんのコラージュ撮影

週刊ダイヤモンド新日本酒紀行 地域を醸すもの 1月27日号
今週号は「生酛のどぶ」の久保本家酒造さんをご紹介しています!

今期のチームどぶの皆さん。左から2人目、豪快に笑っているのが加藤杜氏です。

久保順平さん康子さんご夫妻
大宇陀は柿本人麿が、歌を詠んだ地です。順平さんのコメント↓
東(ひむがし)の野にかぎろひの立つ見えて返り見すれば月かたぶきぬ『万葉集』巻第1-48 柿本人麻呂

◉新日本酒紀行 地域を醸すもの 1月27日号

生酛のどぶの思い出(一部)

2008年 http://www.yohkoyama.com/archives/293
2009年 http://www.yohkoyama.com/archives/6059
2012年 http://www.yohkoyama.com/archives/46617
2014年 http://www.yohkoyama.com/archives/68277

2009年!若い〜っでもあんまり変わってない!?

群馬県川場村の雪ほたか&永井酒造

December 12, 2017

静岡県が主催する「お米日本一コンテストinしずおか」で、毎年のようにチャンピオンに選ばれる、群馬県川場村チーム「雪ほたか」。出品する全員が入賞をはたすとんでもないチームです。
今回の最高金賞は、農薬や化学肥料不使用
「無農薬・無化学肥料・有機肥料栽培・JAS有機規格」米。機械検査を通り、ブラインドの審査員による食味検査を通って選ばれた最高金賞。素晴らしいチャレンジ!

>「無農薬で作るのはとても手間がかかり大変ですが、1年間の全ての苦労が報われる一枚となりました。今年はこれからの雪ほたかを支える若手生産者の活躍が光る年となりました」

とのこと。高品質のさらなる上を目指しての研究成果が、こういう形にあらわれたことに感動。細やかな味の改善を目指し、様々なチャレンジを繰り返す、チーム雪ほたかの皆さんに拍手です。

「雪ほたか」で、地元の酒蔵・永井酒造 永井 則吉 (Nagai Noriyoshi)さんが、川場村でしかできない日本酒を手がけています。素晴らしい連携です! 地域を醸す蔵、世界一の村を目指す、永井酒造さんを、今週の週刊ダイヤモンド「新日本酒紀行 地域を醸すもの」でご紹介しています。

http://dw.diamond.ne.jp/articles/-/22060

水芭蕉 ピュア(MIZUBASHO PURE)/群馬県利根郡川場村
世界初! 瓶内二次発酵後におり引きした透明な米の泡酒

「ヨーロッパの田舎に匹敵する最高の里山です」。40年前と変わらぬ田園風景を守る群馬県川場村で酒を醸す永井酒造。蔵元の永井則吉さんの曽祖父が明治維新のときに刀を捨て、水にほれ込んで酒蔵を創業。村内には5本の1級河川が流れ、水質は軟らかでほのかに甘い。〜 続きは誌面で!

2017年12月16日号

新日本酒紀行 地域を醸すもの「羽根屋」

November 9, 2017

新日本酒紀行 地域を醸すもの ・2017年11月11日号

【Number 050】
富山県の羽根屋さんが、初めて酒米を大きく記したお酒を出しました。それは富山県南砺産の山田錦! 50%磨きで醸した越中山田錦の純米大吟醸です。 11月1日に発売。

羽根屋(HANEYA)/富山県富山市
「郷土にささげる越中山田錦の純米大吟醸」

(本文より)富山県は3000m級の立山連峰から、水深1000m以上の富山湾まで高低差4000m。県土の3分の2は森林で、万年雪の雪解け水が落葉の堆積層を抜けて浄化され、富山平野へ流れ出る。水田率は95%以上と日本一。良質米の産地で、特に南砺産の五百万石は兵庫県の山田錦に迫る評価を受け、全国の酒蔵が使用する。
この続きは誌面で!

2017年11月11日号

蔵元杜氏の羽根敬喜さん

すべての酒の米を、限定吸水する

酒造りのパートナー、奥さんの千鶴子さん

お酒の裏ラベルに、思いをこめたメッセージを添える

◉新日本酒紀行 地域を醸すもの

新日本酒紀行 地域を醸すもの「米鶴」

November 2, 2017

↑米鶴さんの「亀粋」の稲
新日本酒紀行 地域を醸すもの【Number 049】
米鶴(Yonetsuru)/山形県東置賜郡高畠町

蔵元の梅津陽一郎さんと、杜氏の須貝智さん
ピンクのかっぱ!日本酒の楽しさをシンプルに

(本文)
山形県東置賜(おきたま)郡の置賜は、元はウキタムでアイヌ言葉に由来し、『日本書紀』にも記される古い地名。この地で元禄末期1704年創業の米鶴酒造は、置賜で米の酒を醸す意味を問い続け、酒米の契約栽培に力を入れ、昭和の末には蔵人と農家で高畠町酒米研究会を立ち上げた。米の半分は地元、二井宿産。山形県産米使用率は95%以上だ。

飯米と「亀粋」の背丈比べ!

◉米鶴酒造

◉https://www.facebook.com/yonetsuru

「亀粋」は米鶴が品種登録! HPより
↓ ↓ ↓
「亀の尾」が酒米として好適な品種である事は一般に知られています。
中でもより酒造りにあった形質を育成する事を目的として、志賀良弘(米鶴酒造株式会社醸造課長及び酒米研究会会員)と米鶴酒造株式会社が共同開発し育成した品種が「亀粋」(きっすい)です。

きっかけは、昭和62年の稲刈り直前に「亀の尾」の田圃を眺めていて、ふと、背丈が高い2穂の穂を発見したことでした。
そして、丈が高い2穂の種籾150粒を念のため保存し、翌年から選抜栽培を繰り返して収量を年々増やしながら特性の調査を実施したところ、

・「亀の尾」や他のどの酒米よりも米の心白が大きい
・良質な酒米の条件とされるデンプンが多い
・親米である「亀の尾」よりも背が高いのに倒伏しにくい

という強い米の性質を持っていました。平成2年にその特性を確認し、平成3年3月に「亀の尾」の“亀”と、きわだって優れているという意味で、「『純粋』・『粋を集める』」から“粋”をとり「亀粋」として農林省に品種登録を出願しました。

平成3年4月に、青森県農業試験場と埼玉県農業試験場で栽培試験が行われ、平成5年8月3日に“登録番号3632号「亀粋」”として正式に品種登録されました。

平成11年2月24日には、県庁に於いて財団法人山形県バイオテクノロジー開発振興基金理事や農業関係者の参列のもと原田山形県副知事から表彰状が授与されました。
戦後に米の新品種開発を個人で成功させたのは、山形県、全国でも初のことであり、実際に製品になっている事が評価されての受賞でした。以上、HPより引用

週刊ダイヤモンド2017年11月4日号

1ページが100円で購入できるページサービス
http://mikke.g-search.jp/QDIW/2017/20171104/QDIWDW00412861.html

この夏、ana のビジネスクラス以上では「米鶴 純米吟醸」がふるまわれました。

« Previous Entries
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc