Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





飛行機の窓から

« Previous Entries

小松空港へフライト青空→白空ドキドキ

February 29, 2016

ブルースカイが目に染みるTokyo morning
20160226 ANA751便で小松空港まで。快晴で気持ちよさそうなフライトになりそうな気配

なのに、彼の地は「雪」で羽田空港へ引き返すことも…と条件付きの運行  えっまさかね

ビューン

手前にスカイツリー。いつもより、クッキリとよく見えます!
東京ちっぽけなところにギシギシ

富士山が見えてきました!

雄大です
と、
雲一つない天気で、引き返すなんて、まさか〜っと思って過ごす40分間。
いよいよ着陸体制になったものの、降下の気配まるでナシ
しばらくすると、まさかの飛行機、最上昇!
機長さんからアナウンスあり”試みたものの悪天候のため、上空で様子をみる”という。
その後、雷に当ってガツンとしたり  フライト中の衝撃はいとコワし
そして、二度目の着陸体制!! 窓の外は真っ白けっけ
到着するところを想像し、祈るの巻
すると、ホワイトアウトの中を降下

無事、小松空港到着
機長さんグッジョブ!(拍手しているのはワタクシだけ!?)
小松空港はまるで雪国でした。↑写真は窓から見た待機中の飛行機。外はうんと寒そう。外スタッフの方、おつかれさまです。業務が終わったら燗酒飲んでくださいね。
ちなみに、この日の第二便は欠航したという。この時の機長さん、着陸本当にありがとうございました

福井県には空港がありません。新幹線の開通が待たれます。

旅つづき!

February 26, 2015

2月17日石川県の菊姫さんへ。翌日18日から静岡県沼津市へ。
加賀温泉駅からしらさぎ乗車〜ひかり〜東海道本線乗り鉄の旅。
近頃、女性の車掌さんが増えましたね。カッコいい!

そして、20日雪の秋田へビューンとひとっ飛び!
東京にいると雪景色は、まるで実感わきませんが

秋田空港、久々!
今、空港にいろんな名前がついてます。我が故郷、境港は「米子鬼太郎」空港とか。山形の庄内空港はいつのまにか「おいしい庄内」ですと

ビューンと上から眺める雪山!

ブルー&ホワイトの世界です

飛行機のシルエットが雪に浮かんで

影絵みたいで素敵でした!
日本はひろ〜〜い
たった1時間で、気温も景色も人々も食べ物も、まるで違うのでありました\(^o^)/
移動できることに感謝!
撮影/iPhone6

blue&white 富士山

June 24, 2014

西へ向かう飛行機に乗る時、シートを右側にするか左側にするかで悩みます。富士山がどちらから拝めるか、飛行条件によって変り、事前にわからないからです。
久々にバッチリ! ポコリと顔を出す富士山。今回は左側で大正解

梅雨の合間にくっきり晴れた朝
青い空、白い雲、blue&whiteの世界に富士山さん

おはようございます
何度見ても、見るたびに感動する特別な山です。

どこまでも抜けるような無限大に思える景色に見入ってしまいます。
空にも海にも土地にも、境界線などないのに…と思ってしまう瞬間です。
ANA羽田→米子便 0950発  B767-300 9A。
撮影はiPhone なかなかよく撮れます。

空の上から。羽田→能登便

March 30, 2014

桜が咲いた〜ニュースが入る東京ですが、まだまだ山には雪がいっぱい!
というわけで20140323の能登→羽田便より。カメラはRICOH GXR

ビューン
羽田から能登へ向かうANA737 0935発。飛んで15分後あたり。電源解禁time

ビューン 飛行記録です

メリメリした山々、だんだん雪が増えてきました

上空をさらに、ビューンビューン

そして!
キターッ

界隈で一番高い山!

もちろん、富士山ではありません。なかなか見ることができない噴火口!
あ・さ・ま・や・ま
2568mの活火山です

浅間山さようなら

そしてあっという間に日本海。
この日は10分も早い50分で着いてしまいました〜。
もうちょっと乗っててもいいんですけど(笑)

地球は丸い!を感じる空の上でした。

鳥海山2236m

June 5, 2013

ビューン! 20130604 モーニングフライト

7時25分、朝一便のJALで秋田へ。梅雨に入ったものの、初夏を思わせる航空日和。
空の上から望めば新緑眩しく、田んぼは茶色く、高い山の上はまだまだ白!

ザ・鳥海山! おっおー

ブルーと白のコントラストが素敵な模様を描いてました。
▲鳥海山2236m。山形県と秋田県の県境(山形県飽海郡遊佐町・酒田市、秋田県由利本荘市・にかほ市)。またの名を「出羽富士」
http://chokaizan.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/鳥海山

ビューンと鳥取へ3

September 23, 2012

ほぼ1時間に1本しか走らない境線。

今回の鬼太郎列車は「ねずみ男」。座席のイエローと天井のブルーがきいてます。

ねずみ男列車  キハ40 2115 ●鬼太郎列車について
境線は電化されていないので「電」車はありません。なので「列」車。この時間は乗客が少ないらしく1車両で運行。

乗車口と正面

米子駅から境港駅まで、妖怪名の別名あり(ほとんど無人駅)。弓ヶ浜駅は「あずきあらい駅」
wikipedia●小豆洗い←この中で紹介されていた「小豆洗いの物語」を読んで寂しい気持ちになりました(T_T)

畑や神社の横を通ります。

当然、ワンマンカー!

そして境港に到着、いろは寿司さんへGO。実家の出前は昔からココ

上段右から、ヒラマサ、マダイ、キツネガツオ、サワラ
下段右から、バッテラ、ジョロウエビ、シロイカ、アナゴ
全部、境港に上がった魚です!

みそ汁は白身魚で出汁をとるという「多い時は9種類、今日は3〜4種類」と店主。この日はイサキとホウボウ

余計なものがなにひとつおかれていない店内。帰りにパチリと撮影させてもらいました。
やっぱり出前よりお店で食べるに限りますヽ(^。^)ノ

いろはさん、良心的な価格も嬉しい。にぎり1200円↑ この上のクラスの上にぎりは2500円。おみそ汁は300円です。アラカルトもあり。
___________________________

その後、夜ご飯の素材を求めて、実家からテクテク歩いて3分の魚屋・山芳(やまよし)さんへ。こちらも大定番のお店。

やっぱりシロイカでしょう。前日食べたジュジュアンさんのシロイカがあまりにおいしく、山芳さんでも購入。隣には金フグ、頭がすでに落とされた状態で。

オキアジ、カナ、アカガレイなど

タチウオ、コチ、キカナなど

モサエビ!もちろん天然。焼くと非常に香ばしく甘みも強いです。

山芳さんはお刺身盛り合わせも販売。今、刺身包丁がない家が多いですしね。活鮮魚、干物もあり。

夕ごはん

(左)父の畑でとれた茄子とオクラを煮びたしに。(右)茄子と人参を下煮し、練りゴマであえてみました。ちょっと企画倒れで一人でコソコソ食べるの巻。

(左)父作のサツマイモも大収穫でポテトサラダに。(右)兄嫁の千歳さん作のサラダ。庭のバジルがいい香り。

ふと見るとなんだろうな海苔巻き↑ お彼岸で母がちらし寿司をお供え用に製作。それを強引に海苔巻きにした模様。でも意外に食べやすくて甥姪に受けてました。
●山芳さんで買ったもの〜

サザエのお刺身(じつはサザエとアワビの刺身好き)、地ウニ!

解禁になった紅ズワイガニ。甲羅はグリルして香ばしくいただきました。お酒の肴ばっかり!
実家に帰るとホント魚づくしです!

帰りの東京便はモヒカンジェット! B767-300

ビューン。天橋立を越え

なんと虹が見えました!↑↑↑ 空の上から見るとまん丸です

・・・・・・・・・・・・・ ↑↑↑ ココです↑↑↑

楽しい旅をありがとう!ヽ(^。^)ノ
空はひと〜つ!国境なんてないのにね。

ビューンと鳥取へ1

September 21, 2012

飛行機から見る富士山は格別。なのですが進行方向、右か左かわからないのです。自分で座席を選ぶ時はイメージでチョイスですが、今回はおまかせでとってもらった座席。羽田発鳥取便 B737-800 座席は12A

今回の進路、普段なら神奈川上空から行くところ、TDLや幕張の方まで行っての旋回。あまりに東北へ行くので「あれ?秋田便だっけ」とドキッ

富士山を遠くから眺めることができました。頭のてっぺんに白い雲をかぶってなんともキュート

宮崎は日向夏ジュースを飲みました。受け取るさい「300円」の金額確認と、3本指でCAさんににっこりしたらギョッとした顔。間をおいて「お持ち帰りですか?」と。1本じゃなくて3本寄こせと思われた!ようです。そんなに飲みまへんがな。

聖地へ

谷本酒店の谷本さんご夫妻です。良心的で誠実な日本酒とワイン、焼酎が揃っています。

日置桜さんの「杉山米」やわらかな甘みがある強力のお酒。米の作り手で味わいが随分違うものです。

ワインのコーナー。銘醸ワインは冷蔵庫に。フェルミエさんのチーズもあります。
そして、向かいのジュジュアンさんへ!

立派なハタハタ! 「市場で一番か二番めにいいものを選びますから」とジュジュアン店主の渡辺建夫さん。

素材を選ぶ目が素晴らしいのです!

鳥取市はこの二人がいてこそ!

リオネルシェフがお替りしたカニ味噌
●blog2011 料理通信:鳥取市の谷本酒店

日置桜さんの強力 3種類! 違う違うぜんぜん違う〜。

はじまりはじまり〜
おいしい素材は塩だけでいい、塩だけがいい!
とびきり良い素材を、最大限に引き上げる調理法が炭火焼。
お漬物の野菜は無農薬栽培のものをいい塩でもむ、これが一番おいしいというジュジュアンさん。同感!

何食べても美味!もう素晴らしいのです。
前回訪問時ブログ↓

●blog2011 はしご酒3ジュジュアンさん
つづく

青空と蓮の花、名残の夏

August 28, 2012

8月も後半だというのに全国各地で30度ごえが続く酷暑。空の色も濃いブルー色。雲の輪郭もくっきりはっきり夏の空です。

日本は広いなあ

世界は広いなあ
20120820 ANA873便 767-300の窓より

この季節、蓮の花が満開!
秋田市の千秋公園バス停前のお堀には、蓮の花がいっぱい(冬の間はまったくわかりませんでした)その凛とした美しさに、しばし見とれてしまいました。

その昔、宮城の農家・遊佐康弘さんに連れて行ってもらった登米市長沼の蓮の見事さを思い出しました。●blog 2009遊佐さんの新米
数十万本と言われる膨大な蓮の花で埋めつくされた湖を、小さな船がゆっくり進みます。どこを向いても蓮の花、花、花。極楽浄土とはこのことかと!(行ったことありませんが〜)
今年は大切な人が何人も旅立ちました。その素晴らしい蓮の花を見せてくれた遊佐康弘さん、御前酒の辻均一郎さん、そして義父。おいしい、楽しい、嬉しいそんな感動をともにした人と会えなくなるのは、なんとも寂しいことです。

とはいえ、こうして、花が咲いて、それ見ている自分がいて

この一瞬をムダにしてはいけないと思うのです。
美しい、おいしい、嬉しい、楽しい、幸せ
なにかしら人の役にたつことをして、喜ばれるそれが最高の時間です。
トータル時間は一瞬の積み重ね。

先日、ピラティスの先生から白隠禅師の「動中の工夫静中に勝ること百千億倍」の話を聞きました。解釈がいろいろある言葉です。
そのあと先生が「考えてもどうしようもないことが頭から消えない。そんな時ってありますよね。その時は、体の動きに集中するといいですよ。今、右足が動いている、次は左足という具合。体に集中すれば辛い寂しい気持ちも意識から離れます」
ほ〜っ!
どうしようもないことが頭にある時は、免疫力も下がり気味。そんな時は体を動かすこと、無心に没頭。今を生きてる体に集中ですね。まさに「動中の工夫」
誰か、静かにつらそうな顔してる人がいたら、このことを伝えたい!と思った次第ヽ(^。^)ノ
*遊佐さんは息子さんが帰郷してあとを継ぎました!

暑い夏も残りわずかです。
撮影/RICOH GXR A16

空の上で日本酒

July 16, 2012

飛行機に乗ったら、景色を見なくちゃいけないし、機内誌も読みたいし、番組も聴きたいし、飲み物も頼まなくちゃいけないしと……なかなか忙しいでやんす。
飛行機はB737-800。夜のフライト

7月に入り、ANAのマイチョイスのメニューが一新。ワインが消えたものの、日本酒が1種類だけオンリスト! 待ってました!  今までどうして”国酒”がなかったのか。商品名は「スパークリング清酒 きららきくすい」という。せっかくなのでオーダーしてみました(^^)

きくすいといっても新潟ではなく、高知県の酒蔵です。注ぐと白いミルキーな泡がシュワワ

Alc8~9度と低い。原材料を見ると、なに金箔入り!? それで「きらら」なんですか〜っ☆ 注いだときはわかりませんでした。

光に透かして見たら、ホント☆チラチラと金箔が入ってます。
味はすず音のような、度数が低い、甘めのスパークリング日本酒でした。
これからもどんどん、いい日本酒を空の上で提供よろしくお願いします!
それにしても…。ついてきたおつまみ、添加物だらけっ

毎回、頼むたびに「今回はアタリでありますように」と心で祈るのですが、ハズレが多いのが難。大好きなANAさんですが、この強制的についてくるつまみだけ、残念ですわ。地方の乾き物でいいものないですかね。

Love志の輔師匠❤「新版しじみ売り」が、しみじみ泣かせどころあり。ホント素晴らしい!志の輔師匠\(^o^)/ きららを飲んで落語を1回半聴いたら、あっという間に羽田空港に到着

B737-800をパチリ。人が入ると大きさが実感できます。
夜霧よ、翼よ、今夜もありがとう〜。って、ふるっ!

B737-400 富士山!

July 3, 2012

ビューン! 土曜日11時50分発のソラシドエアB737-400で宮崎へ行った時のこと。バッチリ遠くに富士山が!

ぽっかり雲の上に顔出し夏直前、ブルーマウント・フジ
前回、ソラシドさんに乗った時も富士山に会えました。富士山率高しのソラシドです(って宮崎行きは海をビューンと通るからですね)

雲が何層にも重なって。
上空も外界も青い青い
●飛行機の窓からシリーズ

blog 2009丸窓からの富士山
blogA320から鳥海山
blog201112 12月の富士山
blog201201 空の上から

blog201206 6月の空

« Previous Entries
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc