Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





厳選日本酒手帖の中国語版が登場!

20953927_1508271175885805_8277343497879616148_n

厳選日本酒手帖台湾版(左)に引き続き、(右)中国版が出版されました。いち早く、Leeさんが両方の表紙画像をパチリして送ってくれました。ありがとう :-o

その後、出版社から届きました。

20842093_1508271539219102_5248311198677653373_n

世界文化社の人もビックリして教えてくれましたが、表4はあえての日本語!

20881995_1508271532552436_1991507324415603625_n

こんな感じです。日本版とそっくり(サイズは大きめ!)に作ってくれた台湾版(こちらもオリジナルより大きいです)とは異なりますが、これはこれですご〜い! 8-O
(それにしても、右は「けさ」に見える)

20841196_1508271172552472_1603235917605895968_n

表紙カバーをとると、ひらがなで「さけ」の文字が!

20914531_1508271319219124_4890569499443154325_n

通常のページも判型がオリジナルより大きいので、ゆったりデザインされています。天の戸さんのページ

20841914_1508271312552458_3300251609412146241_n

新政さんのページ

20842033_1508271492552440_5339937356660526349_n

秋鹿さんのページ

20952929_1508271485885774_6246421220934221119_n

神亀さんのページ

20953243_1508271482552441_1678885177779478528_n

酒器のページ。日本独自の器を紹介

20914234_1508271392552450_6445118944660943412_n

冷酒に向く酒器のページ


そして

20914419_1508271179219138_4811341653672079280_n

プロフィールを見たら「美食記者」ですとっ。

日本での販売はありませんので、台湾や中国に行かれたらチェックしてみてください :-o


Topics: 日本酒, 日本酒手帖2014 | 2017/8/19 12:46:11

サツマイモが成長(しすぎて)

IMG_4921

スーパーのオオゼキで千葉県産の立派なサツマイモを購入(オーゼキのサツマイモはハズレなし)。しばらくしたら芽が出てきました。紫色の茎に緑の葉、葉脈も紫を帯びてとてもきれい!そのまま育てて!?いたら、どんどん成長。

水が足らないだろうと、一升入るメガチロリに入れて水をたっぷり注ぎ、時々外に出し世話やり。毎日水を換えて、結果、水耕栽培したところ、葉っぱがそれは勢いよく伸び、ボリューミィに!

「行き先の土を探しています」とサツマイモが訴えてくるので、これごと実家に持ち帰ることに。いやはや。


Topics: 未分類 | 2017/8/15 9:40:48

つくしのこさん!

20638030_1499039886808934_8224653609538908514_n

火曜日の夜。大好きな編集者&ライターの金丸裕子さんのプラチナシートで、大人女子会 at 「つくしのこ」。

丸の内ハウスのマネージャー・玉田泉さん、「おとなのoff」編集長の行武さんと4名で楽しい時間を過ごしました~。

20663592_1499040086808914_520237674067961158_n

泉さんと裕子さん、まずはビールがわりの獺祭スパークリングからスタートするのが、つくしのこスタイル

20638218_1499039890142267_7850344863142057807_n

枝豆、ナスの味噌炒め、白身魚のマリネ

20638337_1499039923475597_4089418326312398088_n

ナンバーシックス!

20728275_1499039956808927_9208147989697514322_n

開運「涼々」に、春霞も

20727825_1499039983475591_451757720078901993_n

お刺身はマグロ、鯛、平目、カンパチ。切り方が分厚いのも特徴です(笑)



20664877_1499040146808908_3150831678324284097_n

その昔、このお店に、しょっちゅう通っていた時代がありました。

20年ほど前のことです。今ほど店は混んでいませんでした(現在は予約できる人は限定。しかも半年待ち!)

20727871_1499040053475584_7832841944073957326_n

かんぱ〜い!

毎晩、遅くなると日経や、ダイヤモンドなど、出版社勤務の人たちと、各地の蔵元蔵人が、わらわら集まり、毎晩のように同じ顔ぶれで飲んでいたように思います。ホント、当時はあだ名で呼び合うような、知ってる人ばかりで飲んでいました。

20708256_1499040110142245_9122248808514787402_n

手前に並ぶのがよく出るお酒かも・・

20637918_1499040676808855_400606107941588567_n

お酒とホール担当のとおるさんです! このお店は、お母さんと息子のとおるさんの2人で営んでいます。

20621043_1499040046808918_2280911078763636141_n

澤姫さんのかすみ酒

そして

20708210_1499040000142256_4277015383904100002_n

巨大にしん

20728011_1499040103475579_1391581503797553459_n

七本槍の玉栄80%のお燗酒!

20638499_1499040016808921_5399534465004906838_n

シンプルなじゃがいもコロッケ

20638623_1499040190142237_9111291357555466254_n

最後にお刺身の白身魚のアラでだしをとった汁。海藻のあおさからもいい出汁がでるとお母さん。

20664877_1499040146808908_3150831678324284097_n

20664439_1499040450142211_3179430611796851818_n

そしてこのたび、昔のメニューが一部復活。なんだか懐かしくて、うるうるしていただきました(笑)

じつはこの店の「焼うどん」には、まったく肉が入らないのです。

にんにくで味を出し、すりごまたっぷり!そして青じそをトッピング。味付けは醤油。ゆえに私向きの焼うどんなのです!

20638052_1499040246808898_1198071163598968371_n

醤油は鍋肌に回しかけるのではなく、うどんに直接かける。「鍋肌にかけたら焦げて終わるわよ」と、そりゃそうだがいっぱいのお母さんの料理。無駄なしレシピ!

20663814_1499040300142226_3184573104934409577_n

↑つくしのこで使用している醤油

そしてこのうどんには、あの!やのうどんを使うのがお母さん流(いろいろ試してこれに落ち着いたという)。

私のサラリーマン時代、当時の会社に外部から出向していたオジさまが、うどんやの会長と仲良しで、伝えたら大喜び! その後、うどんや会長がなんども店にきたという。レシピを取材させていただきました。いろんな思い出がつまった「焼うどん」です。

20637953_1499040406808882_2857055596211967475_n

そして絶品の「ぬか漬け」も健在!

お母さんは80歳現役。

そして本日8月9日、とおるさんに女の子のお孫ちゃんが誕生!
その名も、お母さんの「民子」からもらって、「あたみ」ちゃん♡ですって。

これで、「つくしのこ」も安泰です :-o

20728125_1499040870142169_5471348021701812075_n

80歳で現役バリバリのお母さんにあやかって4人で記念撮影!

工夫がいっぱい、自分のやり方を追求するつくしのこお母さん。少しでも近づけるようになりたいものです。


Topics: 日本酒 | 2017/8/9 22:04:10

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」

ゆきび

週刊ダイヤモンドの連載「新日本酒紀行 地域を醸すもの」

今週号 2017年08月12日号 Number 041

ゆきの美人(YUKINOBIJIN)/秋田県秋田市
地域で醸すを決断! 一年中、酒造りするマンション蔵

本文より

夏の夜空が、光の稲穂で埋まる秋田の竿燈まつり。長く重い竿を肩や腰で支え妙技を競い、邪気を払って五穀豊穣を願う、東北の三大祭りの一つだ。祭り会場近くの酒蔵が秋田醸造。3代目蔵元の小林忠彦さんは杜氏も兼任する。

連載ひとつ前は

QDIW20170805
2017年8月5日号

Number 040

川鶴(KAWATSURU)/香川県観音寺市
いりこ酒に骨付き鳥に合う酒、郷土を醸す女性杜氏の新地酒

うどん県で有名な香川県は日照時間日本一の温暖な気候。雨は少ないが弘法大師ゆかりの満濃池のようなため池を活用し、冬の麦と夏の米の二毛作も可能だ。米はオオセト、さぬきよいまいなど、県独自の酒米もある。

1ページで購入可↓

http://mikke.g-search.jp/QDIW/2017/20170805/QDIWDW00407449.html

連載ふたつ前は

QDIW20170729

2017年7月29日号

Number 039

喜久醉(KIKUYOI)/静岡県藤枝市上青島
杜氏にホリデーなし! 米作りから始まる極上の美酒

「微生物にホリデーなし」。静岡の酒造技術指導者、故河村傳兵衛先生の名言だ。静岡酵母を開発し、無名の静岡を吟醸王国へ育てた。先生から酒造り免許皆伝と認定されて「傳」の字をもらったのが「喜久醉」青島酒造の青島傳三郎杜氏。酒造りに至るまでは紆余曲折を経る。

1ページで購入可↓

http://mikke.g-search.jp/QDIW/2017/20170729/QDIWDW00406987.html


QDIWDW00406987

FullSizeRender

来週はお休みでございます。

また、その次の号は編集ページの都合で休載です。時々、お休みがありますので、この連載目当ての方は、目次をご確認くださいませ。

目次


Topics: 新日本酒紀行 地域を醸すもの, 日本酒 | 2017/8/8 17:55:05

白隠正宗さんの「あまざけ」

20525345_1491347774244812_293194946465440656_n

講座でも、ラベル含めて好評だったのが、白隠正宗さんの「あまざけ」です。

静岡県産米を使い、米麹だけの甘さ。品のいい甘みに、青い柑橘のような爽やかもあり絶品!

麹は「つきはぜ麹」が自慢。麹100%。


20479557_1491347744244815_9044656309836894959_n


仕込み水を無料開放している高嶋酒造ですが、この甘酒、蔵でグラス売りもしています。


蔵は東海道線・原駅から徒歩2分(走れば40秒)の近さ。

あまざけは1杯200円(もちろんボトル売り1080円もあり)


20476629_1491347814244808_380911015069629981_n


これは嬉しい!米ドリンクで栄養補給 :-o


朝から飲める、ドライバーでも飲める、妊婦さんでも子供でも飲める=誰でもいつでも飲める!

本格的なノンアルコールの白隠正宗です。

20430058_1491347824244807_7031368840374874412_n

蔵元杜氏の高嶋一孝さん。グラスが小〜さ〜く見えます。

20526057_1491347754244814_6145139324757161333_n

高嶋さんは蒸し燗も提唱しています。試作機も


20431475_1491347804244809_3545343647266857271_n

「白隠正宗」は静岡県が開発した酒米「誉富士」を県内で最も多く使い酒造りしている全量純米酒のみの酒蔵です。

白隠について、こちらも↓ぜひ
どうして今〝禅〟が注目されてるの? その答えは、白隠にあり!


Topics: 日本酒 | 2017/8/4 13:19:07

「違いを知って楽しむ 純米酒粕と米麹の甘酒」講座レポート

7月22日に開催した朝日カルチャー新宿教室の「違いを知って楽しむ純米酒粕と米麹の甘酒」講座のレポートです。日本酒の酒蔵さんが手がける丁寧な麹づくりがわかる甘酒や、全量純米酒蔵の酒粕などを取り揃え、ティスティングして楽しみました!

https://www.asahiculture.jp/…/7386f056-f43d-9d9a-b418-58d8c…

IMG_3372

新宿・住友三角ビル10階です

IMG_3373

朝日カルチャー新宿教室、いろんな講座を開催しています。

IMG_3375

この日は5番教室!ドアの前には水道の蛇口がずらりと並び、何かと便利なのです。

IMG_3376

始まる前のお教室

IMG_3408

麹の甘酒と酒粕の一部

IMG_3414

講座担当の馬場さんが最初の挨拶を :-o

◉甘酒には2種類ある!麹からつくる甘酒と酒粕からつくる甘酒

・麹甘酒=麹を糖化(デンプン質を糖分に変化)させて作る。ノンアルコール

・酒粕甘酒=酒を搾ったあとの粕に砂糖と水を加える。アルコールを少し含む

市販品には、の2種類があることを飲みながら紹介

IMG_3396

麹の甘酒もいろいろです!


◉麹の甘酒ティスティングは以下の順番で提供

まずは有名な新潟の蔵から

IMG_3378


八海山 麹だけでつくったあまさけ

IMG_3380

精米歩合60%

http://www.hakkaisan.co.jp/sake/amasake


IMG_3379

裏面にレシピ

「白隠正宗のあまざけ」

IMG_3389

精米歩合65%

IMG_3391


永井酒造の甘酒」


IMG_3388

山田錦の吟醸麹を使用!


IMG_3387

庭のうぐいす おいしい雑穀甘ざけ」

IMG_3393

原料に、黒米、赤米、丸麦、アワ、キビ、ヒエも!国内産

IMG_3394

IMG_3395



そして変わり種↓

IMG_3401

◉「寺田本家のまいぐると

IMG_3402

植物性乳酸菌!まるでヨーグルトドリンクな、酸っぱいおいしさ

ベジタリアンのヨーグルトといわれています。

IMG_3403

こちらはあの、青森の田酒さん


麹と酒粕で!田酒 あま酒」

IMG_3404

麹と酒粕のW使いです!

そして、自家製の麹の甘酒もお出ししました!

麹は、いずみ橋さんの麹を使用。麹は買うんだったら酒蔵さんの麹をおすすめします :-o

甘酒は出来立てがおいしい!

◉麹甘酒の作り方

ご飯を加える作り方もありますが、麹100%が断然美味!

材料

1. 米麹 500g

2. 600ml

作り方

1. 米麹は冷凍保存していたら、解凍してからほぐす。

2. 分量の水を鍋に入れ、60まで温める(温度計ではかる)

3. 米麹を、温めた湯に加える。

4. 再度、60まで温め直す(温度計ではかる)

5. 炊飯器の保温ジャーに入れて、保温する。

※炊飯器の機種により温度が違います。我が家のパナソニックは「保温」の標準設定が60℃。メーカーにより、6070℃と差が。

6. 8時間たつと、甘酒に!

相当甘いので、好みで割って飲んでください。水、湯、強炭酸、豆乳、果汁、お酒(笑)

フレッシュなフルーツと氷を入れてミキサーにかけるとスムージー風。料理やデザートに使っても。凍らせてもgood★

砂糖にはないコクのある、やわらかですっきりとした甘みです :-o

◉麹の甘酒づくりのコツ

*麹菌の酵素が米のデンプン質を糖化させる。酵素に最適な温度が60度。温度をきちんと計ること。

*甘酒の温度が70度超えて保温し続けると、酸味が強い甘酒に。


*甘酒の温度が50度くらいで保温すると、麹の粒が固めの甘酒に。

↓こちらは

「こうじチョコ」仁井田本家さん

こうじチョコ


麹にかけては酒蔵さんがプロ中のプロ!(おいしい日本酒をつくっている蔵に限る)ノンアルコールもお得意です。この「こうじチョコ」仁井田本家謹製。なめらかな口当たりで、まるでチョコのような口どけです(もちろんカカオは入っていません)

麹のお勉強として試食!


酒粕ティスティング

以前、NHKの「ためしてガッテン」で酒粕を甘酒状にして3週間飲んだ人たちが、LDLコレステロール値が平均で8.2低下したと話題になり、翌日の売り場から酒粕が消えたことがありました。酒粕の栄養は計り知れないのです!

「酒粕」はどれも同じと思っている人がまだまだ多いのが残念。大吟醸の酒粕もあれば、純米酒の酒粕もあり、普通酒の酒粕もあります。おいしい酒を搾ったあとのものならおいしいのです。というわけで酒粕の味もひとつではないことを知ってもらいました。


醸し人 九平次」の酒粕。写真撮り忘れ。お酒通りのエレガントな風味!ややかため。いまでやさんで購入可(上記で紹介の麹の甘酒も購入OK

そして

IMG_3406

新政酒造さんの酒粕は2種類

IMG_3407

左が「高級純米酒粕」、右が「貴醸酒粕」です。

天洋酒店さんで購入可。各980円。ぜひお酒と飲み比べてほしい。

おいしい酒を醸す蔵の酒粕はおいしいの法則!


天の戸さん


IMG_3411

天の戸さんの「酒香寿(さけかす)」使い込んでから撮影したのでややリアルな状態(失礼しました)。このままで、なめらかでとても甘いです。やわらかいのですぐに水で溶けます。

講座では、砂糖を一切使わず、冷たい水で溶いて甘酒にしてお出ししました。冷たく濃いめに溶いて、フレッシュな桃と氷少々を加え、ミキサーにガーッとかけて冷たくまろやかなスムージータイプも飲んでもらいました。その後、バナナバージョンも!この酒粕は蔵で販売しています。http://www.amanoto.co.jp

酒粕の健康パワーを支えていたのは、原料の酒米に含まれる「レジスタントプロテイン」

日本語にすると、消化されにくいたんぱく質で食物繊維の仲間。特長は「油をガッチリ捕まえること」=ダイエット効果が!

酒の「かす」じゃなくて、お宝!?

おいしい麹と酒粕、誰がどんな材料で、どうつくるかにかかっています!

蔵選びが第一歩


Topics: book, セミナー, 日本酒, 未分類 | 2017/8/3 18:36:13

伊豆の中村さんが育てる「愛国」田んぼへ

20620839_1491380960908160_4374678701183437342_n

南伊豆米店の中村大軌さんが育てる「愛国」の田んぼです。愛国で醸した酒は、不思議な魅力があります。

◉詳細「酒匠蔵・しばさき」 http://www.ee26.com/shinjyo_okoshi.html

20476530_1492143974165192_7019446796877926027_n

愛国は、のぎが紫色なのが特徴

20604332_1492142490832007_765295440480768197_n

この米で、志太泉さんと白隠正宗さんが酒を醸します。左は白隠正宗の蔵元杜氏・高嶋一孝さん。

IMG_4724

左は無農薬栽培

IMG_4722

右は減農薬栽培の田んぼ(色は実物よりも緑が強くなっています)

20525585_1492142487498674_7188952432693089306_n

古い米にはハッキリある「のぎ」。自分を守るためのもの。愛国の紫色は、なかなかエレガント!

稲刈りは97日を予定しているそうです。

IMG_4765

中村さんが育てた「愛国」は、南伊豆・直売所「湯の花」で販売しています!

IMG_46992

IMG_47002


________________

「愛国」情報

愛国 https://www.jataff.jp/senjin3/2.html

志太泉酒造 http://blog.goo.ne.jp/shidaizumi2006/e/7c69906c7534b1ee8a09560038474b6c

南伊豆発祥のお米 「愛國米」の酒 「古里凱旋 身上起」純米吟醸酒

http://www.minamiizu.or.jp/aikoku.html

伝統米の「愛国」田植え 実りの秋楽しみ 南伊豆・南上小

http://www.at-s.com/news/article/local/east/368233.html

____________________

●のぎ「こぼれ米」と貞享騒動

http://www.maff.go.jp/kanto/nouson/sekkei/kokuei/chushin/rekishi/03_1.html


Topics: ご当地もの, 日本酒, 道の駅&農産物直売所 | 2017/8/2 14:22:50

日本の伝統色を季節で味わう会【8月5日】 夏の日本海の白!

20427950_1123791804387100_1552368371_n

8月5日はOnJapan CAFÉ 「日本の伝統色を季節で味わう会」

お待ちかねの8月は、「紅赤」、「萌葱色」に続く第三弾!「夏の日本海の白」をテーマに開催します。ひとくちに「白」といっても、日本には胡粉色、白磁、生成色、乳白色など、さまざま白色があります。深い味わいの白、ミネラリーな白、海を写したような白!

そんな日本の伝統的な海の白を、日本海の海の幸で味わってみませんか?

20428026_1123791807720433_1589641918_n

川口 利之 (Toshiyuki Kawaguchi)さんから写真が届きました。
白イカを釣っているのは、ガイナーレ鳥取の元サッカー選手で釣師の内間さんです。場所は美保湾。今回、イカのティスティング!?も企画中。食べて当てる「イカ」

20464538_1123733224392958_1000037680_n

20472077_1123791217720492_1992500410_n

20428261_1123791221053825_1669820023_n

そして!今回は、ただの岩牡蠣ではなく、プレミアムブランドの岩牡蠣「夏輝」が登場

20464234_1123791224387158_1149829083_n

「夏輝」を持つ美女は、皆生温泉・菊乃家の若女将・柴野寛子さんです。デカイ!(値段も高い)

「夏輝」とは http://www.pref.tottori.lg.jp/178135.htm

ぜひ、びっくり体験してくださいね(^^)
ご参加の皆さん、境港の魚介をお楽しみに~~!


◉境港観光情報
http://www.sakaiminato.net/
http://www.sanmaki-direct.jp/
http://sakaiminato.tax-furusato.jp/

境港(さかいみなと)の「カニ先生」こと、川口商店・川口 利之さんが、境港(さかいこう)で、あがったばかりの「天然岩牡蠣」や「白イカ」「白バイ貝」など、夏が旬の魚介類(今回はカニではなく!)を持って、8月5日の土曜の夜OnJapanCafeに参上します。

日本海の魚介とお酒をた~っぷり!楽しみます


今が旬の「岩牡蠣」は、日本海の外洋育ちです。
冬の内海でとれる真牡蠣とは、形も大きさも味も何もかもスケールが違います。ぷるるんつるるん、コクうまたっぷりをぜひどうぞ!


その貴重な岩牡蠣をどう食べるかといいますと、
まずは「生」で(レモンやスダチ、国産の柑橘たっぷりご用意)
次は、純米酒蒸しで、そして、揚げ立てのフライでも~!


それから、なんといっても!
境港の夏の刺身の主役は!「白イカ」です。
極上の甘いコク味は、白イカのためだけに夏の境港に訪れる人もいるほどの人気者


品質、最高級の極上のプレミアム白イカを、川口さんが吟味してセレクト。

このイカを食べたら、「イカなんてさ~、だってイカだろ?」とは絶対に言わせません。
あなたの知っているイカはスメイカさんとか・・カイカさんとかじゃありませんか? いえ、そのイカさんがイカサマというわけではありませんが、ま・る・で・違うんですよ!白イカは!(実際に、お値段も高し。イッパイ1000円以上する)


その白イカを存分に、お刺身で甘みを、炙り焼きで(レアで)
白イカならではの、独特の甘みをジューシィに味わってみてください!


また、夏でも思わず「燗酒」を、よぶ~!

「白バイ貝」は壷焼きで。これには、あのお燗酒をご用意します!

2017夏の境港・川口さんNightGOGO :-o

「お燗酒」以外にも、夏の白い魚介類に合う海辺の純米酒もバラエティ豊かにセレクトし、もちろん飲み放題! 

牡蠣に合う酒とは、イカに合う酒とは、貝に合う酒とは・・・?
sakeマッチングも考える大チャンス

箸休めに夏野菜料理もお出しします :-D

というわけで2017の夏体験してみませんか?
「夏の魚って、おいしいの?」
「イカってイカでしょ?」
「貝は貝でしょ?」

な~んてこと、知らないで思っている人がいたら、境港の川口さんが選ぶ!日本海の最高の夏の白い海の幸で、試してみてくださいね!


川口さんの夏魚トークを聞いて、これであなたもお魚博士!?
夏休みの宿題にもぜひどうぞ。


涼しいお酒と、温かな燗酒で、日本海へ、どっぼーん、ダイブした気分を満喫してください。

おひとりさま、赤字覚悟のお値打ち価格6000円です!
いつも通り、たっくさんご用意しますから、たっぷりと召し上がっていってくださいね。

さて8月5日、土曜日の原宿は、境港の日本海の白い夏まつり!

それでは原宿・OnJapan CAFÉで、お待ちしています
毎回、すぐに満席になる川口さんNight★
カフェHPから申し込み受付しています。

定員: 16名(先着順)
参加費: お一人様 6,000
参加お申し込みは下記のOnJapan CAFEのイベントページからお願いします。
http://cafe.onjapan.tokyo/event/20170805august/

エラーが生じることもあるようです。その場合はcafe(担当・伊藤みきさん)までご相談くださいね!

fbページ

日本の伝統色を季節で味わう会【8月5日】 夏の日本海の白!


Topics: 未分類 | 2017/7/28 15:05:33

Sake2020主催7月のsake salonは「太平山」小玉社長

20258390_1681324901887379_8226491389579994785_n

お手伝いしているSake2020主催のsake salon

海外の日本酒好きの方へ、全国の蔵元が直接、お酒と酒肴をご紹介しています。

http://peatix.com/event/276963
7月26日(水曜)は秋田の「太平山」を醸す小玉醸造株式会社の小玉社長が登場!

20258427_1681323721887497_6739054253582234742_n

日本酒のほか、味噌、醤油も手がける老舗の醸造蔵です。
http://www.kodamajozo.co.jp

20376053_1681323671887502_2658449936550881025_n

司会はクリス・ヒューズさん!日本酒の醸造の説明をはさみます。

20293990_1681323755220827_2380366910439474119_n

会では太平山5種類ティスティング。金賞受賞酒も!

20258378_1681323558554180_8664372643617653883_n

おつまみには、蔵の味噌を使って小玉社長がオリジナルで仕上げた味噌DIPも!

FullSizeRender

こちら、皆さんからとても好評!(グラスの用意、盛り付けも小玉社長です)

レシピは、自社の味噌にオリーブ、ピクルスをミキサーにかけ、器に入れ、オリーブオイルを注ぐ。エディブルフラワーをちぎってトッピング。そこに野菜をさし込んで食べる!

20431583_1681324001887469_8083815457529510298_n-1

ご自宅でも料理をよく作るそうです。手慣れてた様子

↓秋田のブランド・比内地鶏の燻製。フレッシュバジルとトマトたっぷりで

比内地鶏

また、世界でも秋田だけの燻製漬物である「いぶりがっこ」+モッツァレラチーズ+トマト+フレッシュバジル+オリーブオイルでカプレーゼ風も。

20431434_1681323905220812_5006186036567119288_n

秋田生まれのお米「あきたこまち」のおむすびなど、秋田の素材でおもてなししました。

20374595_1681323498554186_1841461048769394356_n

「あきたこまち」のおむすびは、塩むすびと、こちらは↑「いぶりがっこ入りおむすび」。大葉を巻いて爽やかに。

20265016_1681323475220855_2084388073275311580_n


20376201_1681323875220815_8336814802476079436_n


20374757_1681323831887486_6980449518018427746_n

こちらが、平成29年 全国新酒鑑評会 金賞受賞酒の大吟醸

20375922_1681323835220819_4005944139127868486_n

35%精米の山田錦です。

20431713_1681323111887558_5617786067219089879_n-1

毎月開催のsake salonは日本酒好きの海外の方に向けて発信するサロン形式の会です。

https://www.facebook.com/sake2020/

次回は、8月22日、兵庫の「龍力」さんを予定。申し込みページができたらまたお知らせします!

今後のスケジュールは↓
http://sake2020.jp/schedule


Topics: セミナー, 日本酒 | 2017/7/27 9:17:12

今は希少な純喫茶。2017年7月もそろそろ終わり


IMG_3660

7月25日は藤沢へ。かながわ農業版MBA研修で講師を務めました。

その帰り、超レトロな純喫茶を発見!恐る恐る入ってみると、メニューは筒に入ってくるくるまわり、コーヒーカップもミルク入れも、砂糖入れも、テーブルも椅子も人も!すべてが昭和。時が止まったような純喫茶。オープン時から、何もかも変わらないのでしょう。それも潔い。

さて、わたくし。毎日いろんな楽しいことがいろいろ起こり、報告したいことだらけですが、なかなかUPできません。
2017年の7月も終わりが近いというのに、記録が挽回できず・・・。
うぅっ、では今日も出かけてきます!


Topics: 未分類 | 2017/7/26 14:28:43

« 前のページ
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc