Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





0726sake2020・sake salon太平山

19390887_1640536742632862_7191967880980660484_o

海外の日本酒好きの方へ、地域の蔵元が直接、お酒と酒肴を紹介するSake2020主催のsake salon

7月26日水曜日は秋田の太平山小玉醸造株式会社の小玉社長(英語堪能)が登場!
蔵では、酒のほか、味噌、醤油も手がける、老舗の醸造蔵です。

20247541_1677722818914254_2839865996668132128_o

会では太平山5種類ティスティング。蔵の味噌とオリジナルの味噌DIPに、比内鶏の燻製、世界でも秋田だけの燻製漬物「いぶりがっこ」を、モッツァレラチーズとプチトマト、フレッシュバジルでカプレーゼに!
秋田の素材でおもてなしです。

会は英語のみ。

毎月開催のsake salonは日本酒好きの海外の方に向けて発信するサロン形式の会です。日本酒に興味をおもちの海外の方がいらしたら、シェアよろしくお願いします!http://ptix.co/2sSKTyC

kigyou_pict1_2014010

Wednesday, July 26th, 2017 19:0021:00

We have several more seats for the Sake Salon on Wednesday.
The guest this time is Mr. Kodama
, the president of Taiheizan from Akita prefecture.
Taiheizan is an very old brewery which brews not only sake but other traditional foods like soy sauce and miso.
Along with various Taiheizan sake
, you will enjoy his very special premium miso dips with various vegetables, smoked Hinai-Chicken (very famous delicacy from Akita) , Iburigakko Caprese (may be the only smoked pickles in the world with fresh italian cheese) and other delicious Akita foods.
Let’s enjoy time with sake and talking together with nice sake lovers!

For application, please see Peatix bellow.
http://ptix.co/2sSKTyC

You won’t be disappointed.

https://www.facebook.com/sake2020/posts/1677722888914247
__________________________________________________________

◉詳細
Brewery from Akita “Taiheizan
(太平山)
“Taiheizan
,, internationally know by its “Tenko” super premium label, is named for the massive mountain that pierces the horizon just east of Akita prefecture’s capital city.
Taiheizan sake first captured Japan’s attention when introduced as the first chilled sake in 1933. Since then
, it has been winning awards at home and abroad. Japan’s 1934 National Sake Award named it first among 5,169 competitors. London’s International wine Challange awarded Taiheizan its 1st Place Gold Trophy in 2009 and Ginjo/Daiginjo Trophy in 2014.
Shinichiro Kodama
, the president, will be the guest. He will tell the storys of this exceptional brewery and explains about his sake making.
The seats are limited fror about 20 people. So please apply in a hurry.

Date Wednesday, July 26th, 2017 19:0021:00
Place JSS Information Center (3min walk from Metro Toranomon Station)
http://www.japansake.or.jp/sake/english/jssic.html
1-6-15 Nishi-Shinbashi
, Minato-ku, Tokyo 105-0003
Tel 03-3519-2091
Fee 5,000yen (Light meal will be served with sake)

http://ptix.co/2sSKTyC


Topics: 日本酒 | 2017/7/25 8:16:59

9月1日はいすみのつるかめ農園米のafsお披露目会

19989243_10155376111780903_3366702863794456611_n

千葉県いすみで、無肥料、無農薬でお米を育てる鶴渕真一さん&修子さんのつるかめ農園 for farm share lifeさん。いすみのお宝のような2人!プロフィール


その2人が育てたつるかめ農園のお米「フサオトメ」を使って、地元いすみの酒蔵「木戸泉酒造」さんが、お酒に醸しました。

そのお披露目会が9月1日にあります。
つるかめ農園の2人に話を、お酒を味わいながら、楽しむ会。木戸泉の荘司社長とジャスティンさんもトークに参加!私もお手伝いにうかがいます :-o


お酒は「アフス」と同じ、高温山廃仕込み。酵母無添加。無加水・原酒の1回火入れ。いつもの「アフス」とつるかめ農園の米でどう味が変わるのか興味津々!


いすみの米100%のお酒ですから、おつまみも、いすみの食材で!と、当日のお料理担当は、ポッツ ジャスティン (Justin Potts)さんの奥さんみゆきさんと、大好きなきよみさん!お料理上手な2人の手がける酒肴も、今から楽しみ楽しみ♡

14222170_721825417956231_4148492865407634462_n

木戸泉さんを紹介した記事です↓


◉週刊ダイヤモンド新日本酒紀行 地域を醸すもの【Number 018】「木戸泉」杉山と田んぼをつなぐ、自然派醸造蔵

QDIWDW00394107

1ページで購入もできます ;-)

http://mikke.g-search.jp/QDIW/2016/20161217/QDIWDW00394107.html

◉GQで葉石かおりさんが木戸泉を紹介↓

理想の自然派日本酒を求めて──木戸泉(きどいずみ)酒造と“ビオ”日本酒バー「twelv.」の試み【前編】
理想の自然派日本酒を求めて──木戸泉(きどいずみ)酒造と“ビオ”日本酒バー「twelv.」の試み【後編


Topics: event, 新日本酒紀行 地域を醸すもの, 日本酒 | 2017/7/21 7:53:56

8月23日は醤油workshop

20121137_894976987306668_82022009104587532_o

堀河屋野村 の野村圭佑さんをお招きして「本当の醤油ってなんだろう!」を学ぶ workshopをOnJapanCafeで開催します!  fbイベントページと、申し込みページができました :-o

fbページ
https://www.facebook.com/events/2026886727541733/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22106%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D

◉正式なお申し込みは以下からお願いします
http://cafe.onjapan.tokyo/event/20170823shoyu/?lang=ja
ご不便あるかたは、fbのコメント欄でおっしゃってくださいね)
_____________________


◉イベント詳細


「白扇酒造・本みりんworkshop」に続く、第二弾!堀河屋野村の野村圭佑さん(18代目)による「堀河屋野村・醤油workshop」を開催。


醤油の原材料を意識したこと、表示を見たことはありますか?
大豆、小麦、塩


それが醤油の原材料です!
もう一度いいます。

醤油の原材料は、大豆、小麦、塩 たった、それだけなのです!

今、皆さんの家にある醤油はどうでしょうか。

不思議なカタカナ言葉は記載されていませんか?

それらは本来、不要のもの。

そもそも、醤油はいったいどう作られるのでしょう。

創業元禄年間、300年の伝統を誇る堀河屋野村の18代目、野村圭佑さんをお招きして、本当の醤油の作り方を教わります。

醤油、味噌、徑山寺味噌をつくり続けるこちらの蔵は、昔ながらの製法を守り、現在も手造り一筋。


一貫して「日本の味は日本の材料で造るのが一番」が信念。

化学調味料や防腐剤などの添加物は一切使用せず、丸大豆も小麦も国内産を使用。

材料は、国内産の丸大豆、小麦を使用。麹ぶた仕込みで、今も、薪を使ってたきあげています。そんな、昔ながらの製法で、天然もろみを搾った濃口醤油が「三ツ星醤油」なのです。

今の醤油事情、そして本当の醤油のつくりかたとは何か?をいちから学んでみませんか

日本の醤油のルーツとは?
本当の材料とは?
なぜ、毒入り添加物醤油が多いのか?

そして、三ツ星醤油をとことん、味わってみます。

豆腐や青菜、魚介類、醤油だけで作るめんつゆ、タレ、お吸い物など。
さらに、ハンドレッドのメンバーの逸品と合わせた料理もお出しします。

もちろん、日本酒も!
和歌山県の酒蔵、他、堀河屋野村さんの醤油を美味しくするあの蔵のお酒!?もたっぷり!ご用意。

c806bc68214d530b39b3600e065d864d


堀河屋野村
◉「OMUSUBIぜん」

野村圭佑さんの弟さんが恵比寿におむすびやさん「OMUSUBIぜん」を開店しました。そのこだわりの美味しいおむすびもお出しします。なお、お店では素晴らしい日本酒各種が飲めるんですよ。

http://macaro-ni.jp/41644


◉お土産もつきます!家でも楽しさが続くよう、「三ツ星醤油」をお持ち帰りいただきます。

定員: 16名(先着順)
参加費: お一人様 6,000
講師: 山本洋子 酒食ジャーナリスト、地域食ブランドアドバイザー


Topics: 未分類 | 2017/7/19 13:18:56

GO TO AKITA

20106769_1475339282512328_8802829191764753216_n-1

13日の夜から16日の夜までGO TO AKITA

熊や杜氏や蔵元、陶芸家からお話を聞き、茅葺き屋根やAハウス、田んぼ訪問に 打ち合わせ。
今回も感動の出会いたっぷりの秋田でした!

土地の 宝を生かし切る思いのある人が最高です。
レポはまた、後日に :-o


Topics: ご当地もの | 2017/7/17 13:14:56

日本の伝統色を季節で味わう会【8月】夏の日本海の白

19942843_1470854266294163_479780131893907883_o

OnJapan CAFÉ「日本の伝統色を季節で味わう会」。8月は「紅赤」「萌葱色」に続く第三弾!

夏の日本海の白! をテーマに開催します。

ひとくちに「白」といっても、日本には胡粉色、白磁、生成色、乳白色など、さまざま白色があります。

深い味わいの白、ミネラリーな白、海を写したような白!

そんな日本の伝統的な海の白を、日本海の海の幸で味わってみませんか?

境港(さかいみなと)の「カニ先生」こと、川口商店・川口 利之さんが、境港(さかいこう)で、あがったばかりの「天然岩牡蠣」や「白イカ」「白バイ貝」など、夏が旬の魚介類(今回はカニではなく!)を持って、8月5日の土曜の夜OnJapanCafeに参上します。

日本海の魚介とお酒をた~っぷり!楽しみます

natuki

19832690_1105089722923975_1104632658_n

↑写真提供 川口さん(写真のトリピーが、ぬるいです・・・)

今が旬の「岩牡蠣」は、日本海の外洋育ちです。その名もブランド「夏輝(なつき)」

冬の内海でとれる真牡蠣とは、形も大きさも味も何もかもスケールが違います。ぷるるんつるるん、コクうまたっぷりをぜひどうぞ!

その貴重な岩牡蠣をどう食べるかといいますと、

まずは「生」で(レモンやスダチ、国産の柑橘たっぷりご用意)

次は、純米酒蒸しで、そして、揚げ立てのフライでも~!

19749667_1105087196257561_1853047272_o

↑写真提供 川口さん(もうちょっといい写真、なかったのかしらん)


そして、なんといっても!

境港の夏の刺身の主役は!あの「白イカ」です。

19807233_1105090209590593_1447000662_o

極上の甘いコク味は、白イカのためだけに夏の境港に訪れる人もいるほどの人気者

品質、最高級の極上のプレミアム白イカを、川口さんが吟味してセレクト。

このイカを食べたら、「イカなんてさ~、だってイカだろ?」とは絶対に言わせません。

あなたの知っているイカはス●メイカさんとか・・●カイカさんとかじゃありませんか? いえ、そのイカさんがイカサマというわけではありませんが、ま・る・で・違うんですよ!白イカは!(実際に、お値段も高し。イッパイ1000円以上する)

19807924_1105090206257260_107438952_o2

その白イカを存分に、お刺身で甘みを、炙り焼きで(レアで)。

白イカならではの、独特の甘みをジューシィに味わってみてください!

また、夏でも思わず「燗酒」を、よぶ~!「白バイ貝」は壷焼きで。これには、あの★お燗酒をご用意します!

19758248_1105093069590307_2102608698_n

2017夏の境港・川口さんNightもGOGOいっちゃいます★

「お燗酒」以外にも、夏の白い魚介類に合う海辺の純米酒もバラエティ豊かにセレクトし、もちろん飲み放題!

牡蠣に合う酒とは、イカに合う酒とは、貝に合う酒とは・・・?

sakeマッチングも考える大チャンス!

箸休めに夏野菜料理もお出しします(^。^)

というわけで2017の夏体験してみませんか?

「夏の魚って、おいしいの?」

「イカってイカでしょ?」

「貝は貝でしょ?」

な~んてこと、知らないで思っている人がいたら、境港の川口さんが選ぶ!日本海の最高の夏の白い海の幸で、試してみてくださいね!

川口さんの夏魚トークを聞いて、これであなたもお魚博士!?

夏休みの宿題にもぜひどうぞ。

涼しいお酒と、温かな燗酒で、日本海へ、どっぼーん、ダイブした気分を満喫してくださ~~~い。

おひとりさま、赤字覚悟のお値打ち価格6000円です!

いつも通り、たっくさんご用意しますから、たっぷりと召し上がっていってくださいね。

さて8月5日、土曜日の原宿は、境港の日本海の白い夏まつり!

冷えたスイカもお待ちしています。

それでは原宿・OnJapan CAFÉで、お待ちしています

毎回、すぐに満席になる川口さんNight★

カフェHPから申し込み受付しています。

facebookページで最新情報を

■定員: 16名(先着順)■ 参加費: お一人様 6,000円

※参加お申し込みは下記のOnJapan CAFEのイベントページからお願いします。

http://cafe.onjapan.tokyo/event/20170805august/

19942843_1470854266294163_479780131893907883_o


Topics: event, 日本酒, | 2017/7/13 14:42:53

20170708松田美智子料理教室「地域の食材と地品種の米で醸した純米酒で、季節を楽しむ日本酒講座」

19959368_1467933206586269_5283522421207240174_n

松田美智子先生の料理教室・「日本酒workshop」を2016年から引き続き、お手伝いしています!

2017年のテーマは「地域の食材と地品種の米で醸した純米酒で、季節を楽しむ日本酒講座」

7月8日(土曜)15時~

~~秋田県編~~

米の酒の醸造酒「日本酒」。原材料の基本は、米と米麹、水です。

ですが、市販酒の約8割には、醸造用アルコール(蒸留酒)が添加されています。米と水、余計なものを一切添加せず、醸造した酒「純米酒」は米の力、醸造の技が丸ごとわかるのが魅力。

純米酒を地域別にセレクトし、米の品種やグレード別、温度違いなど、酒の味がどのように醸成されるのか、酒米、酵母など、様々な視点から紐解きます。酒の背景となった地域から、食材も取り寄せ、酒肴を提案。

地の米で醸した純米酒と、マッチングさせながら地域の魅力を楽しみます。各回5種類の酒をティスティング。お土産酒もご用意。

19875336_1467930589919864_3890956201498758135_n

<Schedule & Menu>~連続4回講座~ 地域と酒米

第1回4月15日(土)静岡県の純米酒。酒米「誉富士」「愛国」他

第2回7月8日(土)秋田県の純米酒。酒米「秋田酒こまち」「美郷錦」他

第3回10月14日(土)鳥取県の純米酒。酒米「強力」他

第4回12月2日(土)年末年始の酒。酒米「山田錦」他。屠蘇、新酒、古酒


19748754_1467932963252960_5425278391793195174_n

秋田の食材を取り寄せて

19875093_1467929183253338_7137705774138538750_n19748754_1467930586586531_9190107997447860908_n

五城目町産の木苺

19748666_1467929276586662_8393247500527739088_n19884289_1467929279919995_2933470602162970482_n

↑枝豆のコロッケ、準備中のキッチンより

お酒とお料理をダイジェストに紹介

1「ゆきの美人」活性にごり酒 スパークリングタイプ

2「飛良泉35等外米の話、日本で古い現役の酒蔵の話も。創業1487年、室町時代。斎藤雅人社長は26代目!

http://www.osake.or.jp/kuramoto/16hiraizumi.html

19875447_1467929186586671_9162709179717968834_n19905149_1467932749919648_7603908618833805903_n

●お酒の特徴

瓶内二次発酵させた発泡している活性にごり酒。お米由来の泡は、なめらかな口当たり。青い柑橘のような酸味、やさしい甘みも感じます。このスパークリングタイプの日本酒は、シャンパンと同じ瓶内二次発酵製法によるもの。

シャンパンとの違いは「オリ引きをするかしないか」。米由来の泡酒の味わいを楽しんでみてください。日本酒のスパークリングタイプには、ガスを後で注入したものも市販されています。

古い蔵をマンションに建て替え、そこに併設した冷蔵貯蔵施設を整えた近代的な新蔵。仕込み水は秋田県内でも屈指の軟水である秋田市太平山麓の湧き水を使用。 水源は山深い場所にあり、水汲みの際、「熊」に遭遇することもしばしば…。往復2時間かけて汲みに行くという。

●SAKE DATA

産地:秋田県秋田市 蔵元:秋田醸造
原料米:麹米・愛山、掛け米・秋田酒こまち  精米歩合:60%

アルコール度:14.5度  日本酒度:+9  酸度:1.8
容量:720ml 1620円   杜氏 小林忠彦

19875518_1467932743252982_2674600788638935311_n19904925_1467932976586292_7627021673929844331_n

●お酒の特徴

京都に銀閣寺が建立された1487年(室町時代)創業。五百有余年、二十六代にわたり酒造りを続ける老舗蔵。「はでな桜の花よりも、地味ながらもふくらみのある梅の花のような酒をつくりたい」を信条に、昔ながらの山廃仕込みにこだわり、きめ細かな手造りを守り続けています。山廃仕込みを得意とする蔵ながら、この酒は「秋田酒こまち」「美山錦」などの規格外の米を、大吟醸の高級クラスの酒のように玄米を35%まで時間をかけて精米。吟醸系酵母を使用し、醸造用の蒸留アルコールを添加せず、純米大吟醸と同様の造りを実現。

清涼感ある香り、軽快な舌触り、滑らかな喉越し。通常の純米大吟醸に引けを取らない「普通じゃない普通酒」。日本酒に使う米は「等級検査」を受けた米を使わねば、大吟醸、純米酒、本醸造等の「特定名称」が名のれません。

この酒は「等級外」の米を「35%」まで削った酒。クラスでいえば「普通酒」。故に 4合瓶で1000円と破格。毎年、発売と同時に売りきれ、酒屋が「もっとも売りたくない」という利幅が少ない、酒屋泣かせの酒。味の特徴は、35%の大吟醸クラスらしく、味幅が少なめのライトできれい系さっぱりタイプ。酒名の由来は「飛びきり良い白い水」から。

●SAKE DATA

産地:秋田県にかほ市平沢 蔵元: 飛良泉本舗 http://www.hiraizumi.co.jp/

原料米:秋田県産米  精米歩合:35% アルコール度:15度   酵母1801
容量:720ml 1080円 杜氏:遠田嘉人(えんだよしと) 斎藤雅人社長は26代目

じゅんさいは、今も小舟にのって、ひとつひとつ収穫。それを丁寧に形をわけて掃除して。大変な作業の連続です

料理 秋田県山本郡三種町産じゅんさいときゅうりのぽん酢、岩井のごま油(下左)

19990054_1467930633253193_3792727045300849704_n19989269_1467930723253184_3011731452861938214_n

料理 秋田県山本郡三種町産じゅんさいの冷たい茶碗蒸し(右)

3「一白水成」純米吟醸 美郷錦

19756857_1467930793253177_3912995904001484055_n19756601_1467932739919649_3926068822565710507_n

●酒の特徴

フレッシュでジューシィ、甘みも酸味も香りもバランス良く、エキス分もしっかり。「白ワインの温度で冷たく提供」と蔵元。フレッシュで爽やかながら、リッチな飲みごたえもあり。果実味を感じるジューシーさとボリューム感にファンが多い。「一白水成」は様々な酒米を使用する銘柄で、中でも今回の「美郷錦」は、ふくらみある味で、一番人気。通称「いっぱくピンク」

「美郷錦」は酒米の王様と言われる「山田錦」に、寒冷地向きの品種「美山錦」を交配して育成した品種(登録2002年)。東北・秋田は雪深く、冷涼な気候。その地で生まれた秋田県の酒造好適米が「美郷錦」。山田錦と美山錦、その両輪の味をもつ酒造好適米の味を楽しみます。数量限定酒。

●SAKE DATA

産地:秋田県五城目町 蔵元: 福禄寿酒造 http://www.fukurokuju.jp/ichi-show.htm
原料米:秋田県産米 美郷錦   精米歩合:50%

アルコール度:15度  日本酒度±0   酸度:+1.6
容量:720ml 1782円
杜氏  一関 仁

●料理 五城目町産の木苺ソース 泉州の水なす、皮をむいたきゅうり、クリームチーズと

19756453_1467930789919844_4441169362344625154_n19756858_1467931053253151_7301136982163113462_n

蔵のある五城目町、近年の特産物が木苺(フランボワーズ(仏)、ラズベリー(英))。7月から2017年の出荷がスタート!

◉五城目町キイチゴ研究会

http://www.akita-raspberry.jp/

◉購入方法はこちらへ。五城目キイチゴ販売会↓

https://www.facebook.com/五城目キイチゴ販売会-1684932628449932/

19884042_1467932819919641_1596479000560205485_n

完熟果実が産地から、冷凍で届きます。収穫時期により品種が変わります。

今後の課題として、冷凍しない生果実そのままを購入できると、もっといろいろな料理やデザートに使えると松田先生。限定品で良いので、ぜひ試してもらいたいものです!

木苺の香りやギュッとした酸味を、「一白水成」の「美郷錦」の甘さ、コク、酸味と合わせて楽しみました。

4 やまとしずく「陸羽(りくう)132号」

19875181_1467932696586320_8173638013455762296_n19748894_1467932703252986_2944040904920612580_n

http://www.igeta.jp/item/brand/yamatoshizuku/1773/

●酒の特徴

こちらは復活品種!秋田県大曲で、大正時代(約100年前)に育種開発された「陸羽132号」で醸したお酒。

「亀の尾4号」と「陸羽20号」を交配した品種。蔵で杜氏さんが復活栽培して醸しています。豊かでなめらかな酸味をもつ純米酒で、しぼりたてを即、瓶詰め。火入れは瓶火入れの1回のみ。

素朴ながら、みずみずしい香味が広がる味。蔵のおすすめ飲用温度は10-15℃。数量限定品です。改良品種ではない、昔の米の不思議な魅力をもつこの酒の味わいは、以前から大注目。こちらが今回の講座のお土産酒!

◉資料

「我が国の人工交配品種のさきがけとなった陸羽132号は、大正10年に農事試験場陸羽支場で育成された。(国内で人工交配が始まったのは明治37年)

陸羽132号はその後、普及に移されるが、とりわけ真価を発揮したのは、昭和6~10年の大冷害のときだった。このときの冷害をうたった宮沢賢治の「稲作挿話」に、つぎの一節がある。 「君が自分でかんがえた/あの田もすっかり見て来たよ/陸羽一三二のはうね/あれはずゐぶん上手に行った」当時の東北農民にとって、この品種は希望の星だったにちがいない。 昭和14年には最高普及面積24万ヘクタールにまで達している」出典 https://www.jataff.jp/senjin2/40.html

○農林水産省HPに系譜図あり↓ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1111/spe1_01.html

spe1_il_02

●SAKE DATA

産地:秋田県大仙市 蔵元: 秋田清酒http://www.igeta.jp/item/brand/yamatoshizuku/1773/

原料米:秋田県産米 陸羽132号    精米歩合:60%

アルコール度:15度  日本酒度+4    酸度: 1.4
容量:720ml  1458円   杜氏 佐藤賢孔

●料理 枝豆とチーズのコロッケ

19756567_1467930796586510_2053310681141081437_n19875355_1467932816586308_2188349656714417322_n

「鮎醤油を少したらして」と松田先生。爽やかな香味と塩気が味をグッと引き立てます。鮎醤油は大分県産。

5 新政 白麹仕込純米酒 亜麻猫(あまねこ)第8世代

19732291_1467931106586479_6749810381234044232_n19756804_1467931113253145_2623874375419597169_n

新政酒造で発見された6号酵母 蔵元HPより↓

「昭和5年、摂氏10度以下という極低温でも楽々と発酵を完遂する新酵母。東北の最果てから現れ、驚きをもって迎えられました。これがはじめての寒冷地酵母「きょうかい6号」です。「きょうかい酵母」は現在、19号まで存在しておりますが、初期の1号から5号、また12号(浦霞酵母)は、亡失扱い。「きょうかい6号」は現役としては最古の市販清酒酵母です」

19732177_1467932699919653_655817829511179534_n

http://www.aramasa.jp/collection/lab.html

●酒の特徴

日本酒で使われる麹は基本的に「黄」麹だけですが、最近、焼酎用の麹を使う蔵が登場しています。この「亜麻猫」は、黄色と白色と2つの麹を使用。白麹はクエン酸を多く生成する麹で、キリッとした強い酸味が生まれます。加えて濃密なジューシー感ある甘味も楽しめます。今までの日本酒の味との違いなど、麹が変わるとどう変わるか味わってみましょう。日本酒を超えた甘酸っぱい味わいは、デザートやチーズとも相性良し。この蔵の酒の副産物である酒粕もお試しを。いい米の酒は最後の粕までおいしい!

〜蔵より〜

「新政ラインナップ中もっとも個性的な作品とも言える「亜麻猫」。通常の清酒用麹に加えて、強い酸味を持つ焼酎用麹(白麹)をも用いて醸されているため、日本酒離れした酸味が楽しめる作品となっている。なお白麹は、泡盛の製法に不可欠の黒麹を親としている。このため、「亜麻猫」は日本酒と琉球文化とのハイブリッドともいえる。まさに「新政」の実験的精神を端的に表した作品として、定番化された現在でもひときわ異彩を放つ存在だ。スピンオフとしては瓶内二次発酵を行った活性濁り生酒「亜麻猫 スパーク」が存在している」。

●SAKE DATA

産地:秋田県秋田市 蔵元: 新政酒造 http://www.aramasa.jp/collection/lab.html

原料米:秋田県産米 秋田酒こまち  精米歩合:麹米40%、掛け米60%

アルコール度:15度  日本酒度-15    酸度:2.2
容量:720ml 1500円  杜氏 古関 弘

*新政 「高級純米酒粕」900g 980円

19875278_1467929239919999_2276322298927537464_n19989331_1467931003253156_7463067961248524894_n

酒粕(右)は天の戸の熟成した「酒香寿」蔵で販売中。まろやかなコク。生湯葉にのせて。

●料理 生湯葉の酒粕のせ、大葉を添えて

6 天の戸 「天黒」樽熟成 焼酎用黒麹使用

18767764_1467931099919813_5083419868334609205_n19959060_1467931089919814_3546168059340963799_n

このお酒は目を閉じて飲んでもらいました。年代ものの白ワイン? シェリー? それとも??

http://www.amanoto.co.jp/

「半径5kmの米と水だけで、純米酒だけを造る蔵」

●酒の特徴

こちらは、焼酎用「黒麹」で仕込んだ純米酒。定番品の「天黒」を、シャルドネのオーク製ワイン樽で9ヶ月間熟成させています。目を閉じて飲めば、ワイン? シェリー? それとも? ちょっと不思議な感覚かもしれません。干しぶどうを思わせるような甘い香りと、樽由来のやわらかな味わい、黒麹由来の酸味が特徴。日本酒の多様性、日本酒の熟成、日本酒の賞味期限など様々なことを考えさせられる可能性に満ちた1本です。

黒麹、白麹の使用は、大海酒造の大牟礼杜氏との技術交流がきっかけ。

*「星あかり」は2001年品種登録。登録者加工米育種研究所、東北電力。(もとは麒麟麦酒(株)植物開発研究所が、加工米育種研究所へ譲渡)

「黒麹と白麹の違いとは何ですか?」独立行政法人 酒類総合研究所の回答より

「しょうちゅうは、米やサツマイモ等のでんぷんを糖に分解するために麹を使います。元々、しょうちゅうの麹は清酒と同じ黄麹菌を使っていましたが、明治の終わりに、泡盛製造に使われていた黒麹菌が使われるようになりました。黒麹菌は黄麹菌と比べて、大量のクエン酸を造ります。クエン酸は、醪を腐らせる雑菌の増殖を防ぎますので、暖地においても安全に発酵ができるようになり、しょうちゅうの酒質が向上しました。 その後、黒麹の中から、胞子の色が白い変異株(白麹)を分離されて、しょうちゅう麹として速やかに普及しました。しょうちゅうでは、黒麹は白麹と比べて、香りも複雑で重厚な幅のあるお酒になります。特に、サツマイモしょうちゅうでは、黒麹は白麹より原料の特性が高いお酒になるとの研究報告があります」

________________

◉お酒の購入先は 天洋酒店さんです。今回は「じゅんさい」も見立ててもらいました!

19894730_1467931006586489_8635945898415343371_n

〒016-0803 秋田県能代市大町8-16 天洋酒店 浅野貞博さん

TEL/FAX 0185-52-3722

https://www.facebook.com/tenyousaketen/

__________________

松田美智子料理教室

19756450_1467929243253332_3820428451288997451_n

松田美智子先生の最新のお仕事。いろいろな雑誌にレシピや調理道具、調味料を紹介しています。

19875385_1467932896586300_8583202678153762089_n

先生のご著書!お鍋から、保存食、彼氏向けまで充実のラインナップ。

http://www.m-cooking.com/book/

https://www.facebook.com/michikomatuda1/?fref=ts

今、アシスタントさんを募集しています↓詳細こちら

http://www.m-cooking.com/information/~松田美智子料理教室アシスタント募集~/

____________________

季節の日本、地域ならではのお酒と素材。旬が豊かな日本でよかった〜!と心から思う組み合わせの数々に出会いました。

甘みや、酸味、うまみに、コク、色合いや食感のバランスなど、おおいに勉強になりました。

次回の10月は原生品種の「強力」、その力強さとお燗酒の極意編です。

19894987_1467932983252958_8332129811153041277_n

ぷるんつるん!初夏の醍醐味。じゅんさいは旬の生に限ります!
そして、ご飯よりも純米吟醸や純米大吟醸にあうと思います。


Topics: セミナー, 日本酒 | 2017/7/12 9:15:53

8月5日はOJCで日本海の白い夏!イベント

19895091_1470345249678398_4116826239958736949_n

「日本の伝統色を季節で味わう会」お待ちかねの8月は、「紅赤」、「萌葱色」に続く第三弾!「夏の日本海の白」をテーマに開催します。

ひとくちに「白」といっても、日本には胡粉色、白磁、生成色、乳白色など、さまざま白色があります。
深い味わいの白、ミネラリーな白、海を写したような白!
そんな日本の伝統的な海の白を、日本海の海の幸で味わってみませんか?

境港(さかいみなと)の「カニ先生」こと、川口商店・川口 利之 (Toshiyuki Kawaguchi)さんが、境港(さかいこう)で、あがったばかりの「天然岩牡蠣」や「白イカ」「白バイ貝」など、夏が旬の魚介類(今回はカニではなく!)を持って、8月5日の土曜の夜OnJapanCafeに参上!

日本海の魚介とお酒をた~っぷり!楽しみます :-o

今が旬の「岩牡蠣」は、日本海の外洋育ちです。

冬の内海でとれる真牡蠣とは、形も大きさも味も何もかも、スケールが違います。ぷるるんつるるん、コクうまたっぷりをぜひどうぞ! その貴重な岩牡蠣をどう食べるかといいますと、 まずは「生」で(レモンやスダチ、国産の柑橘たっぷりご用意) 次は、純米酒蒸しで、そして、揚げ立てのフライでも~!

19987490_1468799699832953_1087148277_n

なんといっても! 境港の夏の刺身の主役は!あの「白イカ」です。 極上の甘いコク味は、白イカのためだけに。夏の境港に訪れる人もいるほどの人気者

品質、最高級の極上のプレミアム白イカを、川口さんが吟味してセレクト

19885598_1468799716499618_1934758904_o

このイカを食べたら、「イカなんてさ~、だってイカだろ?」とは絶対に言わせません。

あなたの知っているイカはス●メイカさんとか・・●カイカさんとかじゃありませんか?

いえ、そのイカさんがイカサマというわけではありませんが、ま・る・で・違うんですよ! 白イカは!(実際に、お値段も高し。イッパイ1000円以上する)

その白イカを存分に、お刺身で甘みを、炙り焼きで(レアで)。 白イカならではの、独特の甘みをジューシィに味わってみてください! また、夏でも思わず「お燗酒」を、よぶ~!「白バイ貝」は壷焼きで。 (あの★お燗酒をご用意します)

19989102_1468799696499620_18746808_n

2017夏の境港・川口さんNightもGOGOいっちゃいます★

「お燗酒」以外にも、夏の白い魚介類に合う海辺の純米酒もバラエティ豊かにセレクトし、もちろん飲み放題! 牡蠣に合う酒とは、イカに合う酒とは、貝に合う酒とは・・・? sakeマッチングも試せる大チャンスです!

箸休めに夏野菜料理もお出しします(^。^)

というわけで2017の日本の夏、日本海の白い夏を、体験してみませんか?

「夏の魚って、おいしいの?」 「イカってイカでしょ?」 「貝は貝でしょ?」

な~んてこと、知らないで思っている人がいたら、境港の川口さんが選ぶ!日本海の最高の夏の白い海の幸で、試してみてくださいね!

川口さんの夏魚トークを聞いて、これであなたもお魚博士!?

涼しいお酒と、温かな燗酒で、日本海へ、どっぼーんとダイブした気分を満喫してください。

おひとりさま、赤字覚悟のお値打ち価格6000円です! いつも通り、たっくさんご用意しますから、たっぷりと召し上がっていってくださいね。

8月5日、土曜日は、境港の日本海の夏まつり!

原宿・OnJapan CAFÉで!冷えたスイカもお待ちしています。

毎回、すぐに満席になる川口さんNight★ カフェHPから申し込み受付しています。
■定員: 16名(先着順)
■ 参加費: お一人様 6,000円
※参加お申し込みは下記のOnJapan CAFEのイベントページからお願いします。
http://cafe.onjapan.tokyo/event/20170805august/

◉fbページ https://www.facebook.com/events/1149330641840308/?acontext=%7B%22ref%22%3A%22106%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D


Topics: event | 2017/7/12 0:39:34

酒縁川島「日本酒フェスティバル2017」

19961625_1468673026512287_2034734701441677636_n

◉酒縁川島「日本酒フェスティバル2017」へ。お会いしたお蔵さん左上から、段ごとに回った順番です。時間が足らず全蔵制覇ならず…ですが、いい出会いもたくさん!きれいな夏酒の出品が多く、素敵な2017夏酒に出会えました。以下自分メモ

川鶴さんの『Light』★ かろやかながら飲みごたも。コンセプトは「軽やかで爽快」まさにドンピシャ。酸味加減good、麹山田の掛け八反錦。https://www.facebook.com/kawatsuru/

IMG_2120

車坂さんの『純吟』9号、『純米大吟40』18+14号はきれいでしっかり。また、お燗酒も用意され、地元向けの『五百万石 山廃』7号酵母。菊姫好きが泣いて喜ぶじんわり飲み続けたい1本。四合瓶で1350円は安い。この蔵は純米大吟醸40%の出品用仕込みタンクの四合瓶でも2100円!とありえない安価。杜氏に一番高いお酒はなんですか?と聞いたら純米大吟の袋吊りだそうですが、それも含めて、1万円を越える高額のお酒は無いそうです。

玄葉本店・あぶくまさんの『特別純米』福島ワールドの美酒!何を飲んでも酒質安定蔵、安心できます。

IMG_2135

あざくらさんの『りんごちゃん』今年も爽やか青リンゴ風味。

IMG_2141

りんごは入っておりません!味の雰囲気がりんごなのです(ホントに)

雪国酵母を使った香り系の杜氏の顔ラベルもありました!

愛知の白老さんの無農薬栽培の雄町米、味が複雑でおもしろい!!!(一反で2俵って・・・)

IMG_2144

IMG_2143

そして、山形の六歌仙さんの雪女神を使ったお酒は山形らしい品のよさ!雪女神のお酒はこうなるの~な見本のような1本。『五段仕込み』は初めて(全国他にもあるのかしら)もち米を4段と5段に分けたやや甘いお酒。

雪女神のニュース http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201704/20170420_52002.html
雪女神の動画? ひたすら音出ます https://www.youtube.com/watch?v=fdYZRFX1T88

IMG_2149

IMG_2151

IMG_2150

長瀧さん 今年はまたきれいな酒質に変化!中身はいいのに、ラベルが素敵風だけど、ちょっと弱い~とまた余計なことをいってしまった(すみません)

IMG_2154

fbページ https://www.facebook.com/choryofanpage/

御慶事(ごけいじ)さんの、純米吟醸・茨城県産ひたち錦とSYS酵母のお酒がまろやかでgoodバランス!ひたち錦と酵母を心にメモしました。

IMG_2158

fbページ https://www.facebook.com/gokeijikoga/

IMG_2159

天の戸さん 今年のLand of Waterはすこぶるきれい!なめらかで余韻もある夏のお酒。爽やかな風が吹くようです。吟の精も美酒、純米大吟は昨年と違う~。

IMG_2170
fbページ https://www.facebook.com/asamaishuzo/
IMG_2172

そして!

19756345_1468673036512286_7105528561888527093_n

開春さんは初!長男さん登場。安定の美味しさは夏のお燗酒でもバッチリ。ここの杜氏は本当に腕が良いと実感します。生酛造りに、木桶仕込みにお燗酒しみわたります。長男さんには、一番好きなお酒をもってもらいました。

千代むすびさん 夏酒はブルーに赤い金魚!涼やかな味わいでした~。がんばって鳥取の酒。実家から一番のご近所蔵!

宮城の真鶴(まなつる)さんは初めていただきましたが、宮城県で唯一、生酛づくりをしているそうです。まろやか加減がよかった〜。宮城らしい!?美しいやさしい生酛の味でした。平成3年の古酒(おけい茶屋限定酒)も美味。知らない蔵はまだまだありますわ~。

IMG_2185

IMG_2189

IMG_2191

栃木・松の寿さん 『純米八割八分』が抜群にヒット!!!酵母が今までと違う「K601」ほっとするやわらかさ、おいし~(しかも安いという)この方向の1本が出たのがとっても嬉しい!松の寿さん。

IMG_2199

東光さんの 純米大吟醸、かっちりとして山形らしい骨格もあり。スタンダードなおいしさ。
fbページ https://www.facebook.com/Toko1597


最後に

臥龍梅さん 純米大吟醸45% 生原酒 富山県産の五百万石。南部杜氏の菅原富男さん。みなさんに受けていました。飲みごたえある純大と

IMG_2212

生酒の出品が多かったです!
来年も楽しみにしています~。

2016年は↓

◉酒縁川島「日本酒フェスティバル2016」

https://www.facebook.com/yohkoyama/media_set…


Topics: 日本酒 | 2017/7/10 11:01:12

Grisの料理とノンアルコールワイン

19875339_1465548056824784_353039038438172686_n

Grisの料理とノンアルコールワインのペアリング~

6月21日(水曜)、「世界唯一の“貴腐ワインビネガー”を造る 『トカイ ボル・エセット』Knotworkノットワーク – Tokaji Borecet トカイ ボル・エセット発表試食会に参加。人気若手の個性派シェフ4人がコラボする形でした。

◉そのコラボメニューは7月1日(土)から期間限定で提供
https://www.atpress.ne.jp/news/130200

19731912_1465548053491451_7421095888465102431_n

そこで出会ったのが、代々木上原『Gris(グリ)』鳥羽周作シェフの料理と、ソムリエの外山 博之 (Hiroyuki Toyama)さんが考える、ペアリング対応の「ノンアルコールワイン」。自然派ワイン風だったり、シャンパン風だったり、ノンアルの日本酒風もあり。それぞれ、飲みごたえがあり!面白い。

お酒が飲める私でも、このノンアルコールワインで、鳥羽シェフの料理をペアリングさせたい!と思ったほど。

その話を白土 暁子 (白土暁子)さんに話したら、「グリに行きましょう!」とすぐ予約を。
発表会の席で、隣同士で共にノンアルコールドリンクに感激した江澤 香織 (Caori Ezawa)さんも一緒にGO!

19875436_1465548046824785_7727691343908782891_n

今宵の日本酒は「長珍」

一緒のテーブルでお酒が飲めない人も、飲める人と同じ気持ち(気分?)で楽しく過ごせるよう、料理に合わせたノンアルコールドリンクが考えられているのです。

19756681_1465548060158117_8219533364222545317_n

ワインの味を細かく分解して、苦味や甘み、ミネラル感など、近いものを集めて構築され、これが、とっても面白い!

19732064_1465548140158109_355220608680895827_n

(おまけに、昨晩は、渋谷のGengenanさんまでいらして、珍しいお茶をひとくち頂戴しました)

19702145_1465548136824776_1116933091699019963_n

鳥羽シェフは発想も面白いけど、トークが面白い。ご自身の料理を、現代ハレンチ料理とも呼んでました。そして、これからの展開はフーゾクだそうです。なんじゃそれですよね。

19875339_1465548056824784_353039038438172686_n

地域食材を上手に取り入れてます。

日本の食を元気にするには鳥羽シェフみたいな発想を持つシェフが必要。最後のデザートはビーツに「梅干し」、緑の野菜がのったエクレアとか、いやもう、面白すぎました。

オリーブオイルは、勅使河原 加奈子 (Teshigawara Kanako)さんが紹介する、セドリック・カサノヴァの単一品種のオイル。セロリのポタージュにテーブルで垂らし、フレッシュで深いグリーンの味わいが、個性をそえていました。

19702337_1465548130158110_5082066723543779650_n

力ある食材、それをうまく引立てるシンプル・クッキング。組み合わせはセンス。

昨晩は、中でも、「ハマグリと水と餃子の皮だけ」スープが、驚きの超シンプルうまい一品でした!

19756338_1465548133491443_7604815274284883634_n

19748472_1465548206824769_3809353633785218123_n

Gris

http://foodport.jp/people/27479.html

http://foodport.jp/people/27849.html


Topics: shop, wine | 2017/7/7 12:28:09

冷えは万病のもと。夏こそ温かいお茶を

「冷えは大敵」「冷えは万病のもと」と、昔からよく言われます。

寒い冬だけでなく、冷房や冷たい飲み物が登場する、暑い夏こそ「冷え」を気をつけねばなりません。

私は冷房が大の苦手で、外出する時はカーディガンや靴下が欠かせないのです。

透ける素材の洋服や、ストッキングにサンダルは、見てる分には好きですが、おしゃれだな〜と思います。

足元から冷えてしまうので、めったに試しません(しかも、暑い日は足の裏がいっぱい汗をかくのにストッキングだと気持ち悪いです)。

先日、打ち合わせで冷房のきいたお店に長時間いたら、(しかもその後、透明な泡の出るものを飲んだら…コラッ)てきめんに不調に。気をつけねば〜〜と自戒。冷房は思うよりも、体の芯の芯まで冷やしてしまいます。

温かい生姜紅茶に、濃い味噌汁!飲んでほっとしています。

尊敬するイシハラクリニック院長・石原結實先生が、繰り返して言われる健康になる4つが「生姜紅茶」「人参リンゴジュース」「体温め」「少食」。

これこそ、夏こそ実践(一年中ですね)すべきこと!

石原先生の本のタイトルはズバリ「冷え」「温める」です。
例えば

●「冷え」をとれば女性の不調・病気は治る!

●「体を温める」と病気は必ず治る―クスリをいっさい使わない最善の内臓強化法

●実践編「体を温める」と病気は必ず治る

などなど。

まさに、冷えは大敵! 体は温めて治す。医者である石原先生がいうので、真実味があります。

さて、ネットでこんな記事を見つけました↓

低体温でガンにつけこまれないために、誰にでもできる簡単な方法で体温をあげよう。高温期37℃を実現した「冷中毒」からの脱出

「ガンにつけこまれないように」というのは、おぉ〜っという感じですが、体温が下がるのは万病のもとだということ。

冷えは万病のもと」夏こそ、肝に命じたいと思います。みなさんも!

紅茶

手軽に楽しめる、おすすめの生姜紅茶を紹介します。

「厳選紅茶手帖」でも紹介した、オーサワジャパン宮崎県の宮崎茶房の生姜紅茶と、奈良県の伊川健一さん率いる健一自然農園製。宮崎さんも伊川さんも、紅茶も生姜も、無農薬栽培です。

伊川さんは素晴らしい「薪火で炒った晩茶」も手がけています。こちらは飲んだ瞬間にボッと温まる感じです!

blog◉伊川健一さんの薪火晩茶

記事→ http://www.ci-kyokai.jp/pdf/LMvol18.pdf

秋摘み薪火晩茶

冬摘み薪火晩茶

sidebarwindows2 kouchatecho

web版は読み放題にもなってます!


Topics: | 2017/7/6 12:25:43

« 前のページ
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc