Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





明日の朝カルは「スパークリング純米酒特集

明日7月23日の夜開催の朝日カルチャーセンター新宿教室は
「クリアー、ミルキー、強発泡~微発泡まで、スパークリング純米酒特集」です。

特に!代替品がこの世にない新政「天蛙」が爆発せず、注ぐことができるかどうか(*_*)

どうぞカエルさん、暴れませんように(祈)

13178961_1077264585653135_5161950339373943287_n

https://www.asahiculture.jp/…/6bcb5deb-4aab-a216-f449-5715b…

一番の不安は、無事に全部のお酒が壊れず、届くかどうか。

伏木 淳子さん到着したら、とっておきの冷蔵保管でよろしくお願いしますね

カルチャーのお問い合わせは伏木さんまで TEL 03-3344-1946

13133136_1077264592319801_3111442558589724527_n

大手酒メーカーも参入!各地の酒蔵で人気沸騰のスパークリング日本酒。シュワシュワとした泡が、乾杯酒として、食前・食中酒としてもふさわしく、日本酒初めてさんにも飲みやすいとあって大人気。


「どうして日本酒がシュワシュワするの?」


「どんなタイプを選べばいいの?」

という素朴な疑問にお応えします。

シャンパーニュ方式と同じ本格的な瓶内二次発酵タイプから、搾った後に炭酸を加えるガス混入製法のもの。

クリアーorミルキー、強い発泡に微発泡など、さまざまなスパークリング純米酒を飲み比べます。それに合わせたおつまみも
https://www.asahiculture.jp/…/6bcb5deb-4aab-a216-f449-5715b…

7月23日(土曜) 18:30-20:15

IMG_4461

その他! :-o


◯7月29日
金曜 19:15〜 朝日カルチャーセンター新宿教室

新設】はじめてさんの純米酒女子倶楽部

田んぼや米を大切に思い、丁寧に米の酒を醸す誠実な酒蔵の酒を追いかける「純米酒を識る」講座。その番外編で初の「日本酒・はじめて・女子・限定」講座です。

日本酒って美味しいの? どう選べばいいの? 大吟醸って何? おつまみはどう合わせるの? 簡単で美味しいつまみは? 飲む器はどうやって選ぶの? 美味しい温度って? 等々、日本酒にまつわる素朴な質問にお答えします。

1011704_552450171467915_1729513638_n

講座では、フレッシュでクリアー感がある、エレガントな味の純米酒を中心に、おつまみとのマッチングを楽しみます。アイテムは、純米系のスパークリング、純米大吟醸、純米吟醸、純米酒の温度違い、ビンテージ古酒など。キラキラ輝くような味のお酒と、それに合うベジつまみや、日本各地に伝わる魚介系発酵珍味をペアリングしていきます。飲んで食べて納得の、楽しいsake時間を過ごしてみませんか?

7/29 金曜 19:15-20:45 1回のみ

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/69338dda-f29b-3023-ed28-572038a51534

おつまめひたし豆

ガーキンちくわ

8月27日=「暑い夏に楽しみたい!とびっきりのキラキラ夏純米、夏ならではの飲み方、カクテルまで」
全国各地の酒蔵から夏季限定出荷で、夏専用に酒質設計された純米酒を飲み比べます。その味とは?そして、夏だからこそ楽しみたい純米酒を使ったカクテルも楽しみます。
純米原酒に氷を入れた「純米ロック酒」
泡がプチプチ音をたてて爽やかな「純米ソーダ割」
純米酒ならではの米の甘さで美味しく仕上がるレモンとミントたっぷりの「純米モヒート」など…。
アルコール度数も下がって、ゴクゴク飲める新感覚の純米酒の夏アレンジを楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/473ce4c9-e23b-8ab0-486e-5715be7aa132

R0170429


9月24日=「一度火入れの熟成感を楽しむ!純米酒ひやおろし大特集」
「ひやおろし」とは、冬に醸造したお酒を一度だけ火入れ(加熱処理)して、タンクのまま、春~夏~秋口まで半年以上貯蔵させ、ボトルに詰めて出荷する酒のこと。熟成期間を経て、どのように米の酒が変化していくのか、搾りたての荒い苦味を感じる新酒にはない、おだやかでまるみのあるやさしい味が特徴です。

IMG_4236
とはいえ、最近はオールシーズン製造する四季醸造の蔵が増えました。また、搾ったらすぐ瓶詰めし、冷蔵貯蔵する蔵も増えています。昔のようにタンクで寝かして熟成させる蔵は減少。
そんな今だからこそ、「ひやおろし」の面白さとは何か? 飲んで考えます。「ひやおろし」だからできる味比べを全国8蔵のお酒で楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/a255072a-a276-0f92-a9f9-5715be0432a3

R0178218


Topics: event, セミナー, 日本酒 | 2016/7/22 14:56:02

かどや丸さんのイカ続き

13680662_1121992627846997_6649373705907327374_n

角野正典さん「かどや丸」さんのイカつづき。
届いたその日にさばいて、冷凍したものを、ゆっくり楽しんでます。昨晩は「イカの足」
佐々木 京美さんが「イカは塩して保存がいい」というので、塩してから冷凍したイカ足を冷凍庫から出してきました。

角野正典さん「かどや丸」さんのイカつづき。

http://www.yohkoyama.com/archives/80654

届いたその日にさばいて、冷凍したものを、ゆっくり楽しんでます。

昨晩は「イカの足」

佐々木 京美さんが「イカは塩して冷凍保存がいい」というので、今回はすべて塩してから冷凍。


13716198_1121992167847043_5039964896658757428_n

自然解凍すべきでしょうが、急いでいた昨晩は、冷凍のまま酒だけ注いで煮てもどしました。

ある程度のところで、一部をグリルで焼いてみたら、酒のふっくら感も手伝ってか、香ばしくぷりっとやわらかで、あま〜い!

塩味がすでに薄くついているので、そのままでウマウマつまみ(また、つまみ!?)

イカ足グリルをのせた皿は赤水窯・熊本 象さん作です。


13726612_1121992567847003_7923358493508417143_n

佐藤俊博さんに譲ってもらったトリュフ塩をふりかけたら、いきなりフランス人になったようなオシャレな味に大変身!思わずワインを開栓してしまいました(笑)

残りのもどしたイカ足は、しめじと大豆(三重・近藤啓子さんの無農薬栽培品。味がうまくて濃い!)とトマト煮にしました。

13680662_1121992627846997_6649373705907327374_n

純米酒とバルサミコ酢も加えて、仕上げに黒胡椒をゴリゴリ。オリーブオイルをたら〜り回しかけて、パスタでいただきました。

いやもうイカっておいしいですね☆

冷凍してもおいしく、すぐもどる、本当にイカさまさまです!

関係各位の皆さま。ごちそうさまでした!ヽ(^。^)ノ

13726842_1122144714498455_4497039835598946084_n

その前に作ったイカ足cooking報告。

ジャガイモといんげんと大豆(秋田県産)、厚揚げの煮物にもイカ足をいれてみました(見えていませんが)

13754218_1122144824498444_2207696571318793665_n

定番の酢の物にも(^^)

13775455_1122144224498504_5603162436322027363_n

おばあちゃん風のイカ足といんげんの煮物

13754305_1122144884498438_8470420273293866708_n

じゃがいも(千葉県いすみ市産キタアカリ)とイカ足を合わせてホクホクの中にイカのぷりぷり。青じそも加えて。

13781931_1122144831165110_1022349110612206821_n

こちらは身の部分。肉厚であまい。

イカ様も、お酒のつまみばっかりでした!

塩して冷凍、便利ですね


Topics: cooking | 2016/7/21 16:56:21

新潟の「醤油 赤飯」!?

いや〜驚きました。これが全部「赤飯」とは!
「醤油赤飯」に「五目赤飯」!
新潟県十日町のスーパーにて
しかも小豆、ささげが使われておりません〜
この日はちょうど、南魚沼市兼続公まつりの日で、お祭りメニューがいろいろ販売されていました。
この「赤飯」がドドーンと並んでいたのですが、最初おこわ?と思って近づいたら、
「赤飯」とあるので、おおいに驚いたのです。
宮田さんがおっしゃるように「もち米で蒸したご飯を”赤飯”」カテゴリーにしているのではないかと推測。
ただ、飯田さんや真子さんがおっしゃるように、色が茶色い!??「醤油赤飯」には、たまげました〜〜。地域の常識は、いろいろですね〜。
今、「醤油赤飯」で、検索したら!
https://www.google.co.jp/search?q=%E9%86%A4%E6%B2%B9%20%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%8F%E3%83%B3&espv=2&biw=1280&bih=609&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwiWg_P8sP7NAhXLn5QKHeKrCLoQsAQIJg
山本 洋子 http://item.rakuten.co.jp/ja-nagaoka/sekihan-001/
赤飯の読みが「おこわ」になっていました!
新潟名物でした・・・所変われば品変わるを実感
田邉 太郎 我が家の赤飯もコレでした。小豆ではなく、いんげん豆ですね。小豆の入った赤飯は「アズキマンマ」と呼んで、お金持ちの家でしか出なかったそうです!
いいね!を取り消す · 返信 · 1 · 17時間前
山本 洋子
山本 洋子 田邉 太郎さん もしやご両親は新潟出身ですか?
>小豆の入った赤飯は「アズキマンマ」
なるほど、そういう区分けなのですね〜。

13769559_1122144891165104_5975213554713601694_n

いや〜驚きました。これが全部「赤飯」とは!
「醤油 赤飯」に「五目赤飯」!
新潟県六日町の駅前スーパーにて発見。
しかも小豆、ささげが使われておりません〜。豆は、
小豆ではなく、いんげん豆です。

発見した7月17日は、「南魚沼市兼続公まつり」の日で、お祭りメニューがいろいろありました。

そして、この「赤飯」がドドーンと売場に並んでいたのです。

最初おこわ?と思って近づいたら、「赤飯」と書いてあるので、ビックリ

「もち米で蒸したご飯を”赤飯”」カテゴリーにしているのではないかと推測。

とはいえ、色が茶色い!??「醤油赤飯」には、驚きました 8-O

地域の常識は、いろいろですね!


気になって「醤油赤飯」で検索したら商品がたくさん見つかりました

img02-sekihan685-04
http://item.rakuten.co.jp/ja-nagaoka/sekihan-001/

赤飯の読みが「おこわ」になっていました!
新潟名物だそうです・・・所変われば品変わるを実感。

田邉太郎さんが「 我が家の赤飯もコレでした。小豆ではなく、いんげん豆ですね。小豆の入った赤飯は「アズキマンマ」と呼んで、お金持ちの家でしか出なかったそうです!」と教えてくれました。

小豆の入った赤飯は「アズキマンマ」
なるほど、そういう区分けなのですね〜。

JA越後ながおかさんの説明書きによると「長岡の赤飯はあめ色(つやのある茶色)をしているのが特徴です」「ささげの代わりに大粒ないんげん豆と醤油です」

新潟(長岡?)へ〜へ〜へ〜でした。

所変われば品変わる


Topics: ご当地もの | 2016/7/21 0:00:17

8月20日メゾン・ド・アニヴェルセルで誉富士のお酒の会

宮田祐二先生が98000固体から見つけて育成した静岡県初のオリジナル酒米「誉富士」。
http://www.shizuoka-sake.jp/torikumi/homarefuji_1.html
今や、県内の酒蔵のほとんどが使って、純米酒を醸しています。
今年の夏はその誉富士で素敵なイベントがあります。
静岡県酒造組合さん+静岡県庁さんにお声がけいただき、セミナーのお手伝いを致します。
会場となる「メゾン・ド・アニヴェルセル」は
http://www.m-anniversaire.com/index.html
自然の樹々に囲まれた結婚式場もできる会場。ここで日本酒「誉富士の会」とは〜〜でありますよ。
お酒をいただく前に蔵見学あり。誉富士の田んぼが真ん前!にある「富士錦酒造」さんで、酒米のなんたるかをお勉強します。
そして、静岡県の新酵母・河津桜酵母を使った誉富士の酒、また、従来の静岡酵母を使った誉富士の酒、そして!あの蔵元杜氏による「蒸し燗酒」も登場予定です(^^) それで3000円はないでしょう〜なイベント。
応募者多数の場合、抽選のようですが、みなさん当たりますように!
http://www.shizuoka-sake.jp/homareparty-fuji/index.html
_________________
~ 酒蔵&水田見学&グルメ ~
静岡オリジナル酒造好適米「誉富士」で醸した日本酒を、これまで接する機会の少なかった方に親しんで貰えるイベントを開催します。
当日、JR静岡駅→新富士駅→富士駅の順で貸し切りバスに乗車、富士宮市上柚野の「富士錦酒造」へ。酒蔵と誉富士栽培水田見学の後は「メゾン・ド・アニヴェルセル」に移動し、セミナー&美味しい料理とお酒を楽しもう。お酒+フレンチコース料理で3000円は、見逃せないチャンス!料理の合間には普段お目にかかれない酒蔵の方などとお話する機会も。
日本酒はちょっと…という方にこそ目からウロコのイベントです。当日は講師として、マクロビオティックの第一人者である山本洋子先生をお迎えし、面白くてタメになるお話も聞けます。
●美味しい日本酒と料理のマリアージュ体験イベント
日時 2016年8月20日(土)
定員 50名(応募多数の場合は抽選)
参加費 3000円(税込・食事代として)・当日、参加時に集金。
申込み ファックス及び専用申込フォームからお申込み。
締切 8月7日(日)到着分まで。
当選 8月8日(月)当選者に直接ご連絡。
その他 当選1名につき、同伴1名まで可能(記名必須)
※貸し切りバスなど着席形式の為、申し込み時に氏名の記載のない方は入場できません。ご注意ください。
当日スケジュール
集合13:00静岡駅→14:00新富士駅→14:15富士駅。
15:00富士錦酒造→17:00メゾン・ド・アニヴェルセルにてセミナー、パーティ。
20:00閉会予定。
その後、貸し切りバス乗車、各駅順次解散。
※詳細は当選者に改めて連絡
主催 静岡県誉富士普及推進協議会・静岡県 【協力】静岡県経済連協同組合
お問合せ先 静岡県誉富士普及推進協議会(静岡県酒造組合内)
静岡市葵区清閑町4-18 TEL.054-255-3082
営業時間/9:00~17:00 休日/土・日・祝

13709832_1121340447912215_6640025816122960316_n

↑撮影20160705富士錦さん誉富士圃場

宮田祐二先生が98000固体から見つけて育成した静岡県初のオリジナル酒米「誉富士」
http://www.shizuoka-sake.jp/torikumi/homarefuji_1.html
今や、県内の酒蔵のほとんどが使って、純米酒を醸しています。

今年の夏はその誉富士で素敵なイベントがあります。

メゾン・ド・アニヴェルセルで誉富士のお酒の会
静岡県酒造組合さん+
静岡県経済産業部 農芸振興課 水田農業班さんにお声がけいただき、セミナーのお手伝いを致します :-o

13728991_1121338987912361_7580126076705577995_n

会場となるメゾン・ド・アニヴェルセル

jardin_1


自然の樹々に囲まれた結婚式場もできる会場。

ここで日本酒「誉富士の会」とは〜〜でありますよ。

banquet_5

↑photo上2枚はメゾン・ド・アニヴェルセルHPより拝借

13690763_1121339484578978_1712502783523987560_n

料理はフレンチとか

13769517_1121339667912293_1831367215913536723_n

結婚式場だけあって、どこも絵になります。

13718608_1121339571245636_2751759035662254491_n

緑の葉がなんとも清々しくて素敵!木の名前を尋ねたら

「カツラです。葉がハート形なので、選んでいます」

なんと! カツラの木に出会ったら、葉を見上げてくださいね

___________________


お酒をいただく前に蔵見学があります

13769574_1121339644578962_4994345347951931337_n

誉富士の田んぼが真ん前!にある「富士錦酒造」さん。ここで酒米のなんたるかをリアルにお勉強

13709825_1121339831245610_5506953557047595580_n

13769579_1121339674578959_7068817797392573035_n

13776010_1121339717912288_4377436402580531201_n

13781727_1121339891245604_4241468864905626557_n

13709973_1121339924578934_8306620145233602618_n

富士錦さんの蔵の真ん前に広がる

13710018_1121340571245536_7328424086223713881_n

誉富士!8月20日はどう成長しているでしょうか楽しみです :-o

メゾン・ド・アニヴェルセル会場では、静岡県工業技術研究所沼津工業技術支援センターが開発した新酵母・河津桜酵母を使った誉富士の酒、また、従来の静岡酵母を使った誉富士の酒。そして!白隠正宗・高嶋一孝蔵元杜氏による「蒸し燗酒」も登場します。

それで3000円はないでしょう〜なイベント。

応募者多数の場合、抽選のようですが、みなさん当たりますように!(ただし、応募条件は、これまで接する機会がなかった方です。すでにご存じすぎる方はご遠慮くださいませ 8-)
詳細→ http://www.shizuoka-sake.jp/homareparty-fuji/index.html

13776033_1121340444578882_8446334220063892274_n

以下HPより抜粋

~ 酒蔵&水田見学&グルメ ~

静岡オリジナル酒造好適米「誉富士」で醸した日本酒を、これまで接する機会の少なかった方に親しんで貰えるイベントを開催します。
当日、JR静岡駅→新富士駅→富士駅の順で貸し切りバスに乗車、富士宮市上柚野の「富士錦酒造」へ。酒蔵と誉富士栽培水田見学の後は「メゾン・ド・アニヴェルセル」に移動し、セミナー&美味しい料理とお酒を楽しもう。お酒+フレンチコース料理で3000円は、見逃せないチャンス!料理の合間には普段お目にかかれない酒蔵の方などとお話する機会も。
日本酒はちょっと…という方にこそ目からウロコのイベントです。当日は講師として、マクロビオティックの第一人者である山本洋子先生をお迎えし、面白くてタメになるお話も聞けます。

●美味しい日本酒と料理のマリアージュ体験イベント

日時 2016年8月20日(土)

定員 50名(応募多数の場合は抽選)
参加費 3000円(税込・食事代として)・当日、参加時に集金。
申込み ファックス及び専用申込フォームからお申込み。
締切 8月7日(日)到着分まで。
当選 8月8日(月)当選者に直接ご連絡。
その他 当選1名につき、同伴1名まで可能(記名必須)
※貸し切りバスなど着席形式の為、申し込み時に氏名の記載のない方は入場できません。ご注意ください。

●当日スケジュール
集合13:00静岡駅→14:00新富士駅→14:15富士駅。
15:00富士錦酒造→17:00メゾン・ド・アニヴェルセルにてセミナー、パーティ。
20:00閉会予定。その後、貸し切りバス乗車、各駅順次解散。
※詳
細は当選者に改めて連絡

主催 静岡県誉富士普及推進協議会・静岡県【協力】静岡県経済連協同組合
お問合せ先 静岡県誉富士普及推進協議会(静岡県酒造組合内)
静岡市葵区清閑町4-18  TEL.054-255-3082
営業時間/9:00~17:00 休日/土・日・祝

13692724_1121340584578868_3692848737664749249_n

新富士駅周辺図。富士山がど真ん中!


Topics: event, ご当地もの, 日本酒 | 2016/7/20 10:53:05

季節料理「大」さんの7月

13776011_1120233354689591_4287399805592625595_n

野菜大好きの私です。お肉は大の苦手で、生クリームを使った料理も苦手。甘いものも苦手…。というわけで、フランス料理店には、シェフに悪くてなかなか行けません。

さて、そんな私にとって理想そのもの!なお店が季節料理「大」さんです :-o

13697082_1120233391356254_7865795311064831773_n

野菜好きの私です。お肉は大の苦手で、生クリームを使った料理も苦手です。甘いものも苦手…。というわけで、フランス料理店はなかなか行けません。シェフに悪すぎて…。
さて、そんな私にとってパラダイスのように素晴らしいお店が季節料理「大」さんです。
大さん自ら育てた路地野菜が次々と出てくるのですが、野菜の味が濃くて、味付けがツボにはまるほど好み!
今回は、南蛮と青じその組合せに悶絶でした☆ きゅうりは品種違いで2種、いんげん豆も香ばしく、こんにゃくはこんにゃく芋から手づくりですよ! 煎り豆もコクが抜群。お漬物も素晴らしかったです。畑の料理人、我田大さんにぞっこんです!
お酒は、鶴齢と、貴重な住乃井古酒をいただきました。しかも日本酒の値段が良心的。
お魚は、地元の天然鮎、我が故郷、境港の本マグロが出ました!
旬の露地野菜だけなので、いつ行っても野菜がガラリと変わります。また来月も行きたい〜であります。はい。
阿部 勉さん しっかり味わわせていただきました(^^)

店主の我田 大さんが自ら育てた路地野菜が次々と登場。

その野菜の味がそれは自然なおいしさ、味付けもドツボにストライク!好みなのです。

前回訪問→http://www.yohkoyama.com/archives/78748

初めの一皿は、きゅうり2種類(相模半白、さつきみどり)を自家製味噌で。ポテトサラダに枝豆(札幌緑)、サクラマスの自家製スモーク、コクがある煎り豆(一人娘)など

13645219_1120233321356261_3080947085972615194_n

南魚沼の地酒、青木酒造の鶴齢をいただきました

13715997_1120233398022920_4154485300081448353_n

夏野菜5種!緑のお皿

キャベツ(弥彦)の塩もみ、きゅうり(さつきみどり)もみ、つる菜の胡麻和え、いんげん豆(ケンタッキーワンダー=どじょういんげんに近い)など。かぐら南蛮と青じそ炒めの組合せに悶絶でした☆

13690641_1120233431356250_8787192643513835932_n

こんにゃくはこんにゃく芋から手づくりです!加茂茄子、油揚げ、いんげんの煮物。

13686633_1120233468022913_8433019356960254384_n

夏野菜いろいろで爽やかラタトゥイユ

13692738_1120233538022906_8751486305166614265_n

お魚は、地元の天然鮎、我が故郷、境港の本マグロが出ました! インド洋のマグロも一切れ。タコ、鯛

13731522_1120233508022909_475495196451543789_n

わさびも本格派。静岡産

13716246_1120233548022905_6236119105433239201_n

焼魚は地元のぼり川の鮎、岩牡蠣は聖籠町、マカジキのトロの焼き漬け

13729174_1120233588022901_7559790061822818550_n

夏野菜の天ぷら。どじょういんげん、万願寺、茄子(紫水=しすい「泉州水茄子となにかのかけあわせ」)衣は、卵と薄力粉だけ。とってもジューシー

他写真ナシ 香の物は古漬けと浅漬けのきゅうり、夕顔のおすましは焼アゴ出汁。

13716079_1120233801356213_4903054027320827412_n

らっきょうのピクルス! いわゆる甘酢ではなく、ローリエとワインビネガー漬け。ハーブが爽やか香ります。甘くなくて素敵

13680504_1120233748022885_2852656701765142017_n

野菜も料理も、ひとりで作る大さん

13690704_1120233814689545_7881826775547411489_n

お酒は、貴重な住乃井酒造の古酒1992年も!

最初は冷やで、次はお燗酒で

13731658_1120233818022878_3841510887454697483_n

日本酒の値段が良心的です。これ以外に2合で1000円など各種あり

13776011_1120233354689591_4287399805592625595_n

大さんの手書き、字も達筆!

13728913_1120233868022873_2291131262979399146_n

住乃井酒造の古酒1992年には、サクラマスの自家製スモークがあう!ということでもう一度、お替わり

13707630_1120233874689539_4784147222082029877_n

我田 大さんの著書「うまいが野菜 料理人が教える本当においしい野菜の作り方と食べ方」です。

料理のヒントが満載!店で販売しています。

13690581_1120233731356220_8565963621837327875_n

畑の料理人、我田 大さん自作きゅうりの説明中

13645198_1120233744689552_5981616014868978591_n

使う野菜は、育てた旬の露地野菜だけなので、いつ行っても野菜がガラリと変わります。来月も行きたい〜であります!

13700111_1120233351356258_8809393739952021934_n

大さん、ホワイトボードの字は……。

おまかせコースがおすすめ。要予約(突然休むことがあるので要注意)

●季節料理 大(だい)
新潟県南魚沼市六日町2116

電話 025-772-4565

撮影/iphone6

____________________

泊まりは龍気温泉。ここの薬石風呂が目当てです。

●おすすめコースは

鶴齢さん+オーギヤカフェ
龍気温泉薬石風呂
夜ご飯は季節料理 大
翌日の昼は兼続庵でお蕎麦
その後、六日町駅前スーパーララ内の農家さん持ち込み地場野菜コーナーおすすめ

帰りに群馬県川場村のファーマーズマーケット永井酒造の酒蔵見学古新館・蔵カフェなど

その帰り
上里SA・上りは今年4月にリニューアル。郷土珍味がいろいろ見つかります
http://www.driveplaza.com/sapa/1800/1800066/1/


Topics: ご当地もの, , 旅館・ホテル, 日本酒 | 2016/7/19 11:06:05

南魚沼の鶴齢醸造元・青木酒造さん

13700121_1120047561374837_6261821929904500753_n

塩沢駅から近い、鈴木牧之ゆかりの「牧之通り」 にある鶴齢醸造元・青木酒造さん。

牧之は雪国の暮らしを書いた「北越雪譜」の著者で、青木酒造のご先祖さま。

青木酒造さんの元の屋号は「平野屋」だそうです。

13669734_1120047568041503_1347062509186656535_n

売店には「雪男」グッズが増えていました(^^)
新潟のミケランジェロと称される、石川雲蝶の作品が、間近で観ることができます。

新潟のミケランジェロと言われる「石川雲蝶」の作品が、蔵売店内に飾ってあり、間近で観ることができます。

http://www.niigata-kankou.or.jp/shiru/rekishi/jinbutsu/uncho/

http://www.niigata-kankou.or.jp/minamiuonuma/kyoukai/model/yb0001_2.html

13690607_1120047588041501_2649768970816736644_n

昔のお帳場を再現し、センスよくまとめられた売店

13769524_1120047614708165_460399777248770804_n

雪男」グッズの新作が増えていました 8-)

13728914_1120047618041498_792648234875285382_n

前掛けにも雪男!

13692647_1120047591374834_4112030564956340298_n

ワインボトルを入れるようなおしゃれデニム製の雪男Bag。四合瓶がぴったり収まります。鶴齢の阿部勉さんに持ってもらいました。

もちろんお酒もあります→http://www.kakurei.co.jp/sake/yukiotoko/yukiotoko02.php

青木酒造さんのはす向かいに

13709872_1120047704708156_6439702618769053593_n

直営店のオーギヤ・カフェ!

http://www.ohgiya-cafe.com/

13697037_1120047651374828_6162045249744184819_n

センスの良い本も常備してあり、落ち着けます。

13707560_1120047654708161_4156386661825270690_n

こちらは、鶴齢の大吟醸とクッキーを練り込んだ「酒チョコサラミ仕立て」450円。鶴齢の大吟醸も添えられています。つけて食べるとよいという。

13775444_1120047688041491_428354150398589339_n

こちらは「飲み比べ3種セット500円」乾燥ホタテ付きで、良心的価格

13716062_1120759314636995_3726270578632732954_n

今回は多田さんも一緒!

2人で旅…ではなく 8-)

13782175_1120758991303694_2848480909916754802_n

博樹さんも一緒。ドライバーなので珈琲です(いつもゴメンナサイ)

DRINK MENU には、酒の文字がなかなか出てきません。

最後の最後の下の方にちょこっと書いてあるだけ。奥ゆかしすぎます鶴齢さん。

13715990_1120047708041489_5186923472515695450_n

カフェで販売している地元製の薄荷油。もともと塩沢は薄荷が有名だったとか。平野屋時代には製造していたといいます。こちらの薄荷油、香りが超爽やかスースーでお気に入り☆

詳しくは↓

塩沢の大塚薬局の『薄荷油』

【牧之通り】で出会う明見菩薩とハッカ油(新潟県・塩沢)

13728932_1120047754708151_3658822480720075851_n

駐車場には薪がたくさん常備されていました。冬は薪ストーブが大活躍!

夏は想像できませんが、豪雪地帯です。

オーギヤカフェ

〒949-6408 新潟県南魚沼市塩沢181-1

Tel : 025-775-7701

10:30~17:30 水曜休み

●塩沢 牧之通り


Topics: ご当地もの, 日本酒 | 2016/7/18 20:35:23

兼続庵さん再び

13700006_1120232944689632_6822803258440300286_n

兼続庵さんにまた行っちゃいました!
●店主のブログ→ http://kanetugu84.exblog.jp/
緑の葉は蕎麦にも入れる「苧麻(からむし)」でございます。
●前回訪問ブログ→http://www.yohkoyama.com/archives/79289
前回は「えのき茸」がおみやげでしたが、今回は畑で朝とれたての「きゅうり」と「ししとう」野菜、ひとりに一袋ずつ。
しかも、天ぷら盛り合わせのエビを抜いてもらったら、「半額にしときました」と…。どこまで商売ッけのない、70オーバーのご夫妻なのでしょう。うるうる、ジーン。

兼続庵さんにまた行っちゃいました!

13731498_1120232968022963_3441800115463953745_n

天ぷらの緑の葉は蕎麦にも入れる「苧麻(からむし)」でございます。

お茶も苧麻茶です!

●詳しくはコチラ↓前回訪問blog

http://www.yohkoyama.com/archives/79289

13781960_1120232974689629_3301957946135435819_n

食物繊維がたっぷり!独特の面白い蕎麦!それよりもご店主夫妻に会いにいく感じです。

前回は「えのき茸」をおみやげにいただきましたが、今回は、畑で朝とったという「きゅうり」、「ししとう」の自家栽培野菜。ひとりに一袋ずつ。

しかも、天ぷら盛り合わせのエビを抜いてもらったら、「半額にしときましたから」と…。

どこまで商売ッけのない、70オーバーのご夫妻なのでしょう。うるうる、ジーン。

また、お顔見に伺います!

兼続庵ご店主のブログ→ http://kanetugu84.exblog.jp/

新潟県南魚沼市坂戸117-子
電話 025-772-7371
11時~14時30分
木曜休み

http://www.yohkoyama.com/archives/79289


Topics: ご当地もの | 2016/7/18 19:08:05

らっきょうは塩が好き

13654282_1117556624957264_7288771922817503585_n

らっきょう漬けというと甘酢が多いですが、大の苦手 :-x 塩だけで漬けたのが好きです。

先日、出張の前日というのに、鳥取県産らっきょうを見つけ!思わず購入。時間がないため、ざざっと洗って塩を多めにまぶし、ビニール袋に入れました。空気をしっかり抜いて出張へ。冷蔵庫がいっぱいのため常温で放置。

13680509_1117556664957260_5258583124800685655_n

ビニール袋で漬けると塩が少なくてすみ、場所もとらず便利!

13731528_1117556628290597_732034104225015103_n

写真は黄色みがかってますが、もっと白いです。根っこもそのままで!

「食べる時に切れば良い。味が抜けなくて良い」と達人に教わってから、そのままにしています。

13669189_1117556584957268_6162598760834424588_n

ですが、保存用に塩をしっかりきかせたので、そのままだと塩辛い…。水で塩抜きするには、せっかくのいい塩(海の精)が勿体ない(ケチ。お客さまには塩抜きします)

というわけで、薄切りにして、シャキシャキ感と塩味をいかして楽しみました!

13726593_1117556671623926_4813664879195750693_n

広島の中川家が育てた無農薬の紫玉ねぎをスライスし、塩らっきょうスライスと合わせました。

血液サラッサラ〜になりそうな最強コンビです!

13709856_1117556588290601_7811586928283661377_n

この塩漬けの薄切りらっきょう、なかなか便利です。

13658960_1117556764957250_533199615143009955_n

静岡県のカツオのなまり節

13680918_1117556798290580_5511264255989614450_n

日持ちがするので、冷蔵庫に常備するとツマミが欲しい時に重宝!

13716109_1117556814957245_6121724838979053314_n

ハーブソルトに「松田のマヨネーズ」かけて(やんちゃ居酒屋風)

13645305_1117556891623904_5517107272818945489_n

お皿に盛ったの図

薄切りのらっきょう&玉ねぎ+粒マスタード、太白胡麻油をかけて

13718551_1117556901623903_8653013293773246718_n

でも……、なまり節は細かくほぐして、混ぜた方がうまいですね。

↑よく混ぜたの図。挽きたて黒胡椒がよくあいます!

13731575_1117556954957231_2259007505815000916_n

らっきょうは梅酢に漬けてもgood

じつは、タッパーに梅酢や梅干、紫蘇を入れ、少しだけ残った生姜や大根を入れてます。そこにも、らっきょうを入れました。色と香りがほんのりうつっていい感じ。

13710007_1117556894957237_7812034374076147708_n

関係ないですが、豆好きです。

大豆をもどして、茹でたので

13654138_1117556948290565_2099720052098351537_n

らっきょうと紫タマネギスライスに、コーンと大豆でさっぱりサラダ!


13686625_1117556951623898_2225760650259819606_n

焼いた油揚げの上に茹で大豆、らっきょうの粗みじん切り、青のり、醤油でおつまみに(また、おつまみか)

塩漬けらっきょう、薬味に抜群☆

13681047_1117556734957253_5200440737614055491_n

塩漬けらっきょう+紫タマネギスライス、カレーに添えたり(ご飯は玄米)

この豆は↑ひよこ豆。ジャガイモは中川家のもの(まろやかなめらかで美味。また食べたい〜)

塩漬けらっきょうの薄切りシャキシャキは、何かと良いのです!酢漬けにしてもgood

問題点があるとすると、食べたあと「らっきょうを食べたことがすぐバレる」くらい匂いが強いこと 8-O

●自分メモ

13606876_1117556741623919_2595508685659306032_n

カレーに使った風と光さんのオーガニックベジタブルカレールウ

13697036_1117556731623920_5951254898018216454_n

世界で初めて開発したというので、購入。お店はオーサワジャパンリマ池尻大橋です。

夏はカレーが食べたくなる季節!

そこに、らっきょう=塩味は欠かせません :-o


Topics: cooking | 2016/7/16 0:00:14

福井かどや丸からイカ&秋田から蓴菜

13664498_1116544435058483_449633200_n

福井県小浜のかどや丸、角野正典さんから釣れたてのケンサキイカが届きました!

http://minnaga.com/kadoyamaru/

鮮度抜群で、足が手にくっついてきます 8-O

お刺身は勿論のこと、そのまま軽くグリルすると甘い香りが引き立ちます!そこに上等のオリーブオイルかけただけでもう悶絶☆ かどや丸でイカ漁に出たいです!角野さんは漁師民宿をしています。

こんな商品も→めかぶそのままドライ

13332945_1095129090533351_8772551622599460669_n-1

イカがあまりに美味しかったので、ご近所ワインバーミルヴァン フィオーリ(ワインバーですが日本酒もあり!この夜は、喜久酔、仙禽)の藤木シェフ兼店長におすそ分けしました。

やまよ「釣りたての福井のイカいる?」

藤木さん「もちろんです〜!」

13689338_1116882941691299_1978742854_n

藤木さんとイカ

13714461_1116883001691293_1481615683_n

超チャチャチャッと

13681036_1117238514989075_7762438052248485862_n

イカをフレッシュトマトとバジルで合わせてくれました。

イカの甘みと酸味、バジルの香りがピッタリ!!!
思わず、ドリンクおかわり :-D

かどや丸のイカ

次の朝は、醤油と味醂で煮物にし、お弁当へ

13615209_1027986927236898_5036685087629677545_n

そして、夜は、豆苗とナムルに!

13709947_1118017268244533_3821306911795137301_n

イカは洗って開いて塩をして冷蔵庫で保存すると、長持ち!と佐々木京美さんがいうのでマネ。長野の塩イカは茹でてから塩するようですが、今回は生に塩です。冷凍庫にお宝イカがいる喜び!

適度な塩気は、また、イカをおいしくしますね。

タイミングよく、秋田県能代の天洋酒店の浅野さんから旬のじゅんさいが届きました!

13731600_1118017218244538_4927504187629295470_n

美しい〜〜〜!三種町のじゅんさいです

http://junsaijapan.com/

http://www.aishite-akita.com/?p=378

http://andofoods.com/?mode=f1

https://www.facebook.com/andofoods/photos/?tab=album&album_id=207883865915682

13669829_1118017298244530_7117834345379026689_n

じゅんさいと軽く塩したイカを茹で合わせて、つるんぷるん〜でいただきました!

爽やか☆美味

器は佐賀県唐津の赤水窯・熊本 象さんです(実物はもうちょっとペパーミントグリーン色)

13645215_1118017348244525_6282777471136702229_n

どうしても酒の肴ばかりになってしまいます(笑)

イカ&じゅんさい=季節のごちそう絶品でした☆

皆さんの温かいお気持ちでおいしい毎日!

感謝感謝の毎日です。


Topics: cooking, ご当地もの | 2016/7/15 15:06:53

朝カル新宿教室「純米酒を識る 日本を味わう」講座7〜9月

R0158711 のコピー

朝日カルチャー新宿教室。前3回は秋田県特集を組みました。

7〜9月は季節の純米酒を楽しみます!

3回連続講座は次の7〜9月をもっていったん終了と致します。

単発受講OK 最後の回をお見逃しなく!また、新企画でお目にかかりましょう。

オーガニック・ダージリン紅茶の勉強会を11月12日(土曜)朝10時〜12時で企画中

「自然派紅茶を楽しむ 2016春夏秋摘みの最高級ダージリン」

※ご興味ある方は朝カル・伏木淳子さんまで電話 03-3344-1946(以下の日本酒の問い合わせもこちらへ)

秋田・春霞の泡yy

7月=「クリアー、ミルキー、ロゼに、強発泡~微発泡まで、スパークリング純米酒特集」
大手酒メーカーのみならず、各地の酒蔵で人気沸騰のスパークリング日本酒。シュワシュワとした泡が、乾杯酒として、食前・食中酒としてもふさわしく、日本酒初めてさんにも飲みやすいとあって大人気。
「どうして日本酒がシュワシュワするの?」、「どんなタイプを選べばいいの?」という素朴な疑問にお応えします。
シャンパーニュ方式と同じ本格的な瓶内二次発酵タイプから、搾った後に炭酸を加えるタイプのもの。クリアー、ミルキー、ロゼ、また、強い発泡に微発泡など、さまざまなスパークリング純米酒を飲み比べます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6bcb5deb-4aab-a216-f449-5715be6db984
8月=「暑い夏に楽しみたい!とびっきりのキラキラ夏純米、夏ならではの飲み方、カクテルまで」
全国各地の酒蔵から夏季限定出荷で、夏専用に酒質設計された純米酒を飲み比べます。その味とは?そして、夏だからこそ楽しみたい純米酒を使ったカクテルも楽しみます。
純米原酒に氷を入れた「純米ロック酒」
泡がプチプチ音をたてて爽やかな「純米ソーダ割」
純米酒ならではの米の甘さで美味しく仕上がるレモンとミントたっぷりの「純米モヒート」など…。
アルコール度数も下がって、ゴクゴク飲める新感覚の純米酒の夏アレンジを楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/473ce4c9-e23b-8ab0-486e-5715be7aa132
9月=「一度火入れの熟成感を楽しむ!純米酒ひやおろし大特集」
「ひやおろし」とは、冬に醸造したお酒を一度だけ火入れ(加熱処理)して、タンクのまま、春~夏~秋口まで半年以上貯蔵させ、ボトルに詰めて出荷する酒のこと。熟成期間を経て、どのように米の酒が変化していくのか、搾りたての荒い苦味を感じる新酒にはない、おだやかでまるみのあるやさしい味が特徴です。
とはいえ、最近はオールシーズン製造する四季醸造の蔵が増えました。また、搾ったらすぐ瓶詰めし、冷蔵貯蔵する蔵も増えています。昔のようにタンクで寝かして熟成させる蔵は減少。
そんな今だからこそ、「ひやおろし」の面白さとは何か? 飲んで考えます。「ひやおろし」だからできる味比べを全国8蔵のお酒で楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/a255072a-a276-0f92-a9f9-5715be0432a3
※テーマ変更の可能性あり。
日時・期間 土曜 18:30-20:15 7/23 1回
●7月23日(土曜)=「クリアー、ミルキー、ロゼに、強発泡~微発泡まで、スパークリング純米酒特集
大手酒メーカーのみならず、各地の酒蔵で人気沸騰のスパークリング日本酒。シュワシュワとした泡が、乾杯酒として、食前・食中酒としてもふさわしく、日本酒初めてさんにも飲みやすいとあって大人気。
「どうして日本酒がシュワシュワするの?」、「どんなタイプを選べばいいの?」という素朴な疑問にお応えします。
シャンパーニュ方式と同じ本格的な瓶内二次発酵タイプから、搾った後に炭酸を加えるタイプのもの。クリアー、ミルキー、ロゼ、また、強い発泡に微発泡など、さまざまなスパークリング純米酒を飲み比べます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/6bcb5deb-4aab-a216-f449-5715be6db984
春霞泡3

●8月27日(土曜)「暑い夏に楽しみたい!とびっきりのキラキラ夏純米、夏ならではの飲み方、カクテルまで」
全国各地の酒蔵から夏季限定出荷で、夏専用に酒質設計された純米酒を飲み比べます。
その味とは?そして、夏だからこそ楽しみたい純米酒を使ったカクテルも楽しみます。
純米原酒に氷を入れた「純米ロック酒」
泡がプチプチ音をたてて爽やかな「純米ソーダ割」
純米酒ならではの米の甘さで美味しく仕上がるレモンとミントたっぷりの「純米モヒート」など…。
アルコール度数も下がって、ゴクゴク飲める新感覚の純米酒の夏アレンジを楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/473ce4c9-e23b-8ab0-486e-5715be7aa132
美山錦天の戸

●9月24日(土曜)=「一度火入れの熟成感を楽しむ!純米酒ひやおろし大特集」
「ひやおろし」とは、冬に醸造したお酒を一度だけ火入れ(加熱処理)して、タンクのまま、春~夏~秋口まで半年以上貯蔵させ、ボトルに詰めて出荷する酒のこと。熟成期間を経て、どのように米の酒が変化していくのか、搾りたての荒い苦味を感じる新酒にはない、おだやかでまるみのあるやさしい味が特徴です。
とはいえ、最近はオールシーズン製造する四季醸造の蔵が増えました。また、搾ったらすぐ瓶詰めし、冷蔵貯蔵する蔵も増えています。昔のようにタンクで寝かして熟成させる蔵は減少。
そんな今だからこそ、「ひやおろし」の面白さとは何か? 飲んで考えます。
「ひやおろし」だからできる味比べを全国8蔵のお酒で楽しみます。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/a255072a-a276-0f92-a9f9-5715be0432a3

秋田・酒蔵 yy

※テーマ変更の可能性あり
●時間  18:30-20:15
___________________________
◎番外編! 7月29日金曜日 フライデー・ナイト
「今の日本酒のトレンドが、飲むだけでまるわかり!?」

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/69338dda-f29b-3023-ed28-572038a51534

初の「日本酒・はじめて・女子・限定」講座です :-o
日本酒って美味しいの?どう選べばいいの? 大吟醸って何? おつまみはどう合わせるの? 簡単で美味しいつまみは? 飲む器はどうやって選ぶの? 美味しい温度って? 等々、日本酒にまつわる素朴な質問にお答えします。
講座では、フレッシュでクリアー感がある、エレガントな味の純米酒を中心に、おつまみとのマッチングを楽しみます。
アイテムは、純米系のスパークリング、純米大吟醸、純米吟醸、純米酒の温度違い、ビンテージ古酒など。キラキラ輝くような味のお酒と、それに合うベジつまみや、日本各地に伝わる魚介系発酵珍味をペアリングしていきます。飲んで食べて納得の、楽しいsake時間を過ごしてみませんか?

7/29金曜 19:15-20:45 1回のみ


Topics: event, 日本酒, 日本酒手帖2014 | 2016/7/14 20:45:14

« 前のページ
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc