Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





OJC熊本応援企画はまだまだ続きます!

13266098_1084986241547636_5919688348389441814_n

前回 http://www.yohkoyama.com/archives/79008 の義援金が、

熊本義援金60608円+大分義援金10000円=計70608円
今回の熊本義援金は、22165円
OnJapan CAFÉで、合計92773円となりました。

〜〜OJC・九州応援企画はまだまだ続きます!〜〜

クリストファーさんと宇津木 聡子さんの英語コンビで開催。

九州物産観光斡旋連絡協議会さんもジョイントし、”九州一丸”となって開催する居酒屋イベントです。英語の勉強にもなるかも!?(ショウチュウイングリッシュね)

●5月28日(土)「ザ・九州 居酒屋ナイト」18:00〜

詳細はこちらを↓

http://cafe.onjapan.tokyo/event/20160528ojnite/
https://www.facebook.com/events/122897884784433/permalink/130375754036646/

OJ-NITE_0528-520x390

左)クリストファーさんは日本語も達者です。右)聡子さんは勿論のこと

The Kyushu Izakaya Night

Come help us kick summer off a little early in Harajuku!

OnJapan is hosting another one of its Izakaya Nights, this one focused squarely on the sake and shochu (¥200~) of Kyushu Island. This is shaping up to be a lively night of good food and drink, music, and friends!

Guests will be introduced to products from Kizuki City (Oita), given brief explanations about sake and shochu by local experts Satoko Utsugi and Christopher Pellegrini, and treated to live island music from Amami Oshima!

**Also, 30% of all proceeds from food and drink purchases will be donated to the earthquake recovery effort.**

No reservations are necessary, and there’s no cover for this event. Arrive whenever you want, and stay for as long as you’d like! Small side dishes of food will also be available for purchase (¥200~).

So tell your friends and we’ll see you in Harajuku on the 28th!


Topics: event, 地震 | 2016/5/26 18:25:01

ゆきのしたの活かし方

13256123_1084337774945816_1098243158366726816_n

というわけで、昨日の会では暮らしに役立つ野草の話をさせてもらいました。

食べられる、傷口に塗るなど役に立つ草を知ってると、何かがあった時に安心、便利、頼もしい!

東京都内でも簡単に見つかり、日陰でもどんどん増える「ゆきのした」は、ぜひ覚えてほしい植物です。

その昔、編集者時代に「心地いい暮らしがしたい」という本を編集しました。

「ひと鉢あれば食用に、薬用に役に立つ」がコンセプトで、身近な摘み草を追いかけたのです。

13255917_1084338661612394_5814353623453709101_n

↑「心地いい暮らしがしたい」表紙

編集内容は、玄米・雑穀、干物、器と民芸の旅、味噌、パン、おばあちゃんの風邪薬、ごまのおやつ、今と趣味が変わってない!? 発行は1999年11月ですから18年前です。

この時に「ゆきのした」を紹介

13239235_1084337738279153_3251573331701898813_n

担当チームは、福岡在住の田尻清子先生、フリー編集者・網中俊子さん、カメラマンの三正勝さんという頼もしいチーム!

全体像がわかる、花から根までの美しい写真がほしくて、スタジオで撮影してもらったことを思い出します。

1999年は、まだデジタルカメラの影も形もない時代。ましてや携帯なんて〜

13230137_1084337798279147_4466653695148217279_n

ゆきのしたは、ランナーが出て、どんどん増えます!我が家がそうです。あちこち占領されてます

http://www.yohkoyama.com/archives/64636

13232996_1084338658279061_3698667337253685341_n

「ゆきのした」はアクがないので、生でもOK

13240781_1084338671612393_8068504780113102204_n

塩もみすればサラダやおひたしでも食べられます。

13267791_1084338654945728_4599478595691123794_n

やっぱり天ぷらと思うところですが、「ゆきのした」はアクがなくあっさりしているので天ぷらにしても…そうおいしい…というわけでもなく、天ぷらでも食べられるね!という感じです(なんじゃそりゃ)

本では、桜えびを挟んで揚げたりと工夫。

http://www.yohkoyama.com/archives/64708

岡山の「天婦羅たかはし」高橋さんによると


高橋 克慈
高橋 克慈 私の出番でしょうか?(笑)
紋甲イカとラクレットチーズを
サイの目に切り、ユキノシタで
はさんで天ぷらにします。
湯葉包みより食感が軽くなります。

なのだそうです! 湯葉より軽く :-o

また、お弁当の仕切りにハランを使いますが、我が家ではこの「ゆきのした」を使います。

13256526_1084337771612483_7975771457270417147_n

さて、効用

「・・・と言われている」くらいで考えてください

13255962_1084337848279142_4784286098310395725_n

便利な絆創膏などが、手元になかった時、覚えておくと役立つかも

13265947_1084337854945808_2722618793572202709_n

切り傷、やけど、しもやけにペタリ

13256342_1084337864945807_2227841549416625205_n

耳の痛み、風邪の耳痛、熱のあるときにペタリ

熱さましには、おでこに並べて貼っても(見た目かわいい)

耳の後ろに貼ると、新しいイヤーアクセサリーと思われるかも!?

13256446_1084337868279140_9152861280483739427_n

青汁を綿棒に含ませて、耳掃除にしても良いと…。

とにかく、「ゆきのした」は食べられること、「傷口にはっても良い」このことを覚えておくと、いつか役立つ時がくるかも。

育てるなら、食べられる!役立つ植物を。

ヨモギもおすすめ!



Topics: | 2016/5/25 19:30:14

「いざたも食と野草の話」会を開催しました

13237752_1084129994966594_3716640445747271346_n

5月24日火曜日OnJapan CAFÉで「いざたも食と野草の話」会を開催

13233131_1084129974966596_298098537292282727_n-1

4月20日の「飲んで応援!食べて応援!熊本・大分〜九州はひとつ」の第2弾!
前回レポ→ http://www.yohkoyama.com/archives/78946

今回は、無農薬無化学肥料栽培の宮崎県・宮崎さんの生姜紅茶、熊本県・桜野園さんの紅茶、タンポポコーヒー玄米甘酒などもラインナップに加えました。お酒はミニグラスで一杯200円(全て寄付)おつまみには、熊本県産の味噌2種と宮崎県産の味噌1種も。

日本酒は新政酒造のFor Kumamoto(すでに完売)ほか、熊本県以外も。「あの、蒸し燗飲みたかった〜〜」という声にもお応えし、白隠正宗の蒸し燗酒も提供。飲み物代は全額寄付です。

13233131_1084130541633206_7063946496092478293_n

金関亜紀さんこと、フリーラータで焼酎の語り部・ゴン麹さんは、寿福酒造の米&麦焼酎をもって登場

https://www.facebook.com/kaneseki.akigonkouji/posts/888806597896198?pnref=story.unseen-section

13241413_1084130031633257_7268409025121340690_n

森川麻紀さんは、みいの寿の「穀良都」を。お燗したら抜群のふくらみ!長崎県出身だけど福岡の酒をチョイス。九州はひとつ♪

13260252_1084130058299921_7092129354661523094_n

坂井雅彦さんは熊本「美少年」と、出身地長崎県・重家酒造「横山五十」をチョイス

13263912_1084130208299906_796189527380281882_n

刀禰俊哉さんは「純米焼酎 川辺」を。原材料の米が村名までしっかり明記された1本

http://www.sengetsu.co.jp/gougai/n130707.html

13256477_1369927256357439_2811694837052605948_n

私は「新政 No.6 For Kumamoto」を持参。↑撮影は会田裕美さん

P5230117

13245235_1084130241633236_2529355791236962447_n

好きなボトルを持ってパチリの図。

今回、はりきって後藤幸代さんと割烹着シスターズ(まんじゅう&こまんじゅう)で、綿貫恭子さんにも割烹着でサポートしてもらいました(胸元に入れる予定のくまモンの絵は間に合わず…)

ご参加の皆様、ありがとうございました!寄贈酒にも大感謝。熊本を思う気持ちを微力ながら、これからも応援していきたいです。昨日の募金額は22165円でした。

13239197_1084130154966578_2601736778682411999_n

熊本と宮崎の味噌を、どれでもつけ放題のきゅうり200円

13240158_1084130554966538_7937805744013555054_n

ゴン麹さんが、”やさしいお湯割りに仕上げるための「ゆるぬる湯(勝手に命名)」の作り方” を伝えているところ。焼酎のお湯割りは量が多いだけに、味を左右します。ゆえに、無頓着では☓☓☓

「どんなお湯で、どんな温度で、どう割るか」そこが大事と教わりました。

13230311_1084130664966527_4244840675744179922_n

◯ゴン麹さんの「寿福絹子」蔵訪問ブログ

http://gon1442.exblog.jp/25530447/

なんと、訪問日は地震当日だったという 8-O

13254422_1084130561633204_1127744886615583597_n

「白熱・お湯割り教室」をしてもらいたい〜!

そして

ミニ・セミナーも開催

13239018_974758025971661_886353982773829694_n

撮影↑森川麻紀さん

13254582_1084130291633231_2701983463777481798_n

いざ!という時に常備したい、先人たちの知恵満載の便利な乾物

13266037_1084130434966550_6973056907444268289_n

そのままでも食べられる国内産有機栽培天日干し 切り干し大根。長崎県産!

13239917_1084130428299884_455022856576281029_n

そのままと、もどしたものと2種類を試食してもらいました。

オーサワジャパン・綿貫恭子さんの説明

「この切干大根は、長崎県南島原市にある「夢有民農場」(むゆうみんのうじょう)で、作っていただいています。設立は昭和57年。当時、障害のある方が一般社会で働くことが困難な中「働きたい・自立したい」と願う方々の生活を支え、社会参加を願って設立されました」

オーサワジャパンとの取引歴は30年以上!
「有機JAS制度ができる、かなり前から無農薬・無化学肥料栽培に取り組んでいたのですから、ご苦労も多かったかと思われます」と恭子さん

甘みがあって、噛むほどにじゅわっとにじみでるうまみがたまらないおいしさです

13263674_1084129941633266_4876329586712690786_n

椎茸の薄切りは、味が今ひとつなものが多いですが、この九州産の原木椎茸は味しっかり。
切り干し大根、この椎茸ともに包丁不要!

13233159_1369927186357446_2615523285898407115_n

北海道小麦を使った「こがね麩」もラスクのようにそのまま食べられます。
国内産の有機米を使った「玄米ポンセン」は、炊かずに香ばしく、かろやか簡単に玄米が食べられる優良品!

これらの食品、冷蔵庫不要で日持ちも抜群!お子様のおやつに最適です。火を使わないことも、おすすめです。どれも食物繊維が豊富。
そのまま食べられるこれら体によい食品は、保育園や幼稚園、学童保育で出してほしい!

13245449_1084130651633195_5246559057253599284_n

ヴィーガンのさきいか!

13245397_1084130818299845_4792643386443325092_n

蒸し燗を試し中

13240558_1084130124966581_984591824383495304_n

「いざたもプレート」を盛りつけてくれた恭子さん

ドライフルーツの「デーツ」はあんこのようなコクあるおいしさで、砂糖代わりにデザートに使う人も増えています。

13244739_1084130534966540_4102258514554998460_n

そのまま食べられるおすすめの乾物たち!

13267866_1369927226357442_2875265766522098953_n

味噌は豆、麦、玄米、米と原料違いで、それぞれに味の特徴があります。

味噌は、この4種を常備するとコワイものナシ

13237646_1369927193024112_6950250350920945395_n

水が少ない時でも調理しやすい、玄米ビーフンやはるさめも便利ですね。クスクスも水が少なく調理できておすすめです。

13265904_1084130441633216_7331081389046731363_n

左)綿貫恭子さん、右)会田裕美さん

裕美さんがさっそくfacebookでコメントUPしてくれました。

↓ ↓ ↓

「今宵は山本 洋子さんの熊本応援企画(洋子さんセレクトの美味しい日本酒&酒肴)にお邪魔してきました。
ヴィーガンの非常食って悩ましいなと思っていたところ、実はマクロビオティックな日本古来の乾物類や少しの水やお湯で食べられるものが、実は栄養的にも究極な非常食にもなる!という、とても目から鱗のセミナー付きで、すごく勉強になりました!!

さらに東京でも身近にある食べられる野草についてのミニレクチャーも盛りだくさんで、いざという時のサバイバル術も伝授していただきました☆

我が家に常備している切り干し大根、味噌、ナッツ類、麩、乾燥ワカメや昆布などが見方を変えれば最強の非常食だったとは。切り干し大根も良質なものはそのまま食せば「ヴィーガンさきイカ」、噛めば噛むほどに甘味と旨味がジワジワ☆ 出張にも持ち歩こう〜(^^)
市販の非常食、長期保存のために添加物が半端なかったり、もちろんオーガニックではないものが大半なので、やっぱり買う必要ないなと。それよりも、代々受け継がれてきた先人の智慧に改めてリスペクトと感謝☆

切り干し大根、改めて調べてみると大根を天日干しにすることで、普通の大根に比べてカルシウムは15倍、鉄分は32倍、ビタミンB1とB2は10倍になるそう(ひょえ〜!!)。
しかも食物繊維も豊富なので美容食にも子供のオヤツにも最強ですねー(^^)

13282035_909225419200898_309178986_n

長崎県南島原市にある「夢有民農場」の天日干し風景

思いますに :-o

生には無かった栄養が増える!これが乾物の凄いところでございます。

私達の祖先らが工夫を重ねて出来た伝統的な乾物。ただ便利なだけの食品なら廃れたかもしれません。

体に必要な栄養があったから、意味があったからこそ、作り続けられたに違いありません。天日干しという自然エネルギーが作るおいしさというのも素晴らしい!


●森川麻紀さんのコメント

↓ ↓ ↓

『熊本・大分〜九州はひとつ』と題された、酒食ジャーナリスト山本 洋子さんの熊本応援イベントに参加してきました。九州各県の日本酒や焼酎が一杯200円で提供され、全額寄付という取り組み。蒸し燗も体験できましたよ。

災害時非常時の食についてもセミナーも。買い置きしておくものというと乾パンや缶詰と連想しがちですが、そこを回路変更。普段の生活に取り入れて、循環させ、いざという時も日常でも食べられる、そしてビタミンやミネラルに富んだものを、という提案。非常食を日常食で。買い置き、特に「置いたままにする」という考え方をやめようと開眼。
ここは常温保存可能な乾物と、長期保存可能な発酵調味料の出番。切り干し大根がそのままで食べられるなんて。‘切り干し大根はベジタリアンのさきいか’と言われてなるほどと思いました。乾物は、干し椎茸も若芽も、少ない水で戻せて、不足しがちな栄養素の宝庫。とろろ昆布で味噌玉、もいいですね。

会場ではいつもの顔馴染みの方々にもお会いできて(写真を全く撮れてなくてすいません)、新しい素敵な友人にもめぐりあえて、ご一緒したみなさんに洋子さんに感謝します。

熊本・大分〜九州はひとつ!

____________________

↑とのこと :-o

というわけで、ミニセミナーでは、有機栽培天日干しのおいしい切り干し大根と薄切り椎茸を皆さんに食べてもらいました。

乾パンやインスタントラーメンなど、防災用食品をわざわざ買うのではなく、普段の常備食こそ大事。
冷蔵庫不要の食品の重要性です。伝統的な食品は意味があります。

乾物にはそのまま食べられる食品が結構あります。おすすめのひとつがオーサワジャパンの有機切り干し大根・天日干し。私は「ベジタリアンのさきイカ」と呼んでいます(笑)

切り干し大根は皮をむきませんから、無農薬無化学肥料栽培が特に大事!

ゴン麹さんのコメントUP

昨晩、表参道で開催された『熊本・大分〜九州はひとつ vol.2 いざたも食&野草の話』会。

焼酎担当としてお手伝い!?という飲み(o^^o)b。

第1回目の余波ともいうべき日本酒や焼酎が並ぶ酒コーナーに
思わずニンマリしていた。

ドリンクの売り上げの全額を「熊本地震義援金」へ寄付というシステムは呑み助として分かりやすくありがたい。
しかも1杯200円☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まずは乾杯♩ということで
皆さんがチョイスしたのは日本酒。
(自分もだけど)

さあ、いかに焼酎はおもしろい、楽しい、自己流に自分スタイルで飲めるお酒ということを知ってもらおうかなあと考えながら

真夏日だった暑さを利用して
炭酸割りを勧めることに。

芋、麦、米、純米?焼酎、ワイン酵母焼酎etcと自分も初めてみるコもいて自らの興味も湧く。

といいつつも、人吉の寿福酒造さんの『寿福絹子』で炭酸割♩

いつも薄めに作っているから
濃さがわからないまま
寿福の若き杜氏、良太さんから教えてもらったアンチョコを思い出しながら、一杯目を提供。
「麦なのにこんなに甘いんだ」という言葉にドキドキドキドキ。
こういうときプチパニクる小心者である。

とはいえ、炭酸割の面白さ、よさに気づいてもらおうと
「こういう真夏日の外から帰ってきたときや風呂上がりの一杯のビールの代わりによかですよ」
「糖質オフなので健康によか」としゃべりまくって〜♩
興味関心をもってもらえたら「炭酸割」のお代わりコールをいただけてありがたい。

とはいえ、やはり日本酒好きの方は日本酒に手が伸びるので( ̄▽ ̄)b
こういうときは『武者返し』の登場。

夜もふけて
アルコールもすすんでいるので
お湯割りだ(≧∇≦)b。
焼酎苦手という方には薄めのお湯割り。飲める人には好みの濃さで。
よくわからないけれどとにかくいっぱいいれてという要望の場合は
程よく軽めに。

「やわらかい口当たり」
「飲みやすく香りいい」
してやったりお湯割り♩万歳である。

集った人もスタッフもみんなワイワイガヤガヤと話しが盛り上がり、

主催者の山本洋子さんのセミナーで保存食の概念や東京でも見つけられる野草の話を勉強して。

地震災害で必ず必要となる保存食だからこそ、どういうものがいいのか、お手頃かつ栄養満点の健康食とはと、まさに目から鱗。

東京でも見つかる野草は故郷で近所のおじさんやおばさんに教えてもらった記憶が蘇るもので、ついついウンウンと。
小さいときのほうが、野草の知識あったなあと改めて(o^^o)b勉強に。

あっという間にラストタイムとなるほど充実した『熊本・大分〜九州はひとつ vol.2 いざたも食&野草の話』会。

まだまだ続くこの会はずうっと応援参加したい素敵なイベントである。

食事プレートや小皿も酒のアテはもちろん、健康によいものばかり。
食べて飲んで支援して、健康に元気なれる一石五鳥とは、まさにこのこと!?*・゜゚・*:.。..。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

_________________________

以下、お知らせ文より(自分、備忘録)


◎「いざたも食と野草会」ミニセミナー

●「いざという時(普段にも)頼もしい食とは?」
災害時には、停電、断水は当たり前。その時、「食」はどうしますか? 乾パン?缶詰? もちろん、そういった「防災用」商品もありますが、おすすめしたいのは、常温保存可能な乾物と保存期間が長い発酵調味料です。おいしさと健康で選んだオーサワジャパンのオーガニック製品から特別にチョイスしたものを紹介。

*それらを盛り合わせた「いざたもプレート」を500円で販売。滋味力満載です!

●「東京都内で食べられる野草の話」
都内で見つかる野草の中で、見つけやすく、栄養的にも意味がある野草の種類と効能、食べ方を紹介します。ヨモギ、ユキノシタ、タンポポ、ハコベなど。

◯山本洋子より
20110311の後、飲み水が貴重でした。
その時、考えたのが、なるべく少ない水で調理できるもの、寂しい気持ちにならない手軽な料理でした。
先人の知恵がぎゅっとつまった栄養と食物繊維が豊富な乾物、簡単に食べられる食のことなど、マクロビオティックの視点を加えてお伝えします。

また、料理雑誌の編集者時代に「山野草クッキング」という連載をしていたほどの野草好き。

食料は待つ…ではなく、体力があれば、自分で探し、考えることも重要。
いざという時のために、もちろん普段にも、知って損はない食と野草の情報をお伝えします。
\(^o^)/

https://www.facebook.com/events/1017838798251691/
http://cafe.onjapan.tokyo/event/20160524ojnite/


Topics: event, macrobiotic, 日本酒 | 2016/5/25 15:46:49

ナディア・サミュさん✕Restaurant 8ablish

FullSizeRender

フランス料理界から注目を集める南仏・エクサン・プロヴァンス在住の女性料理家ナディア・サミュさん✕Restaurant 8ablish=グルテンフリー&ヴィーガンのスペシャルディナーが開催されました。

私自身は、車麩大好き(お肉は苦手)の小麦グルテンOK人間ですが、フランス料理で小麦を使わない(しかも、ヴィーガンで!)ということで興味津々!

IMG_6147

ナディアさんが考えるのは「キュイジーヌ・リーブル=自由な料理」といいます。

13254137_1083248238388103_1556273759899849948_n

8ablishオーナーでデザイナーであり、ヴィーガン料理の著書も多い玲子さん

13239371_1083248288388098_4718114132307903076_n

この夜は、坂戸屋の武笠陽一さんがセレクトした国産ワインが3種用意されていました。

最初は松岡数人さんが造るドメーヌ・ポンコツ!?(スゴイ名前)の巨峰を使った泡。しかもワイン名が「おやすみなさい」ですからね :-x

13254339_1083246738388253_5892420037951238519_n

IMG_6149

右が料理メニュー、赤字部分が和田シェフ、紫字がナディアさんのレシピです。左はワインリスト

13239974_1083248331721427_6582066807655696442_n

ナディア・サミュさんと8ablishの和田シェフとのコラボ料理は、面白さ満載!

13244898_1083248471721413_4212617980278331463_n

・そら豆のグリエ ゆずのヴィネグレット
・ビーツのサラダ ココナツヨーグルト風味
・酒粕のサブレ、ヴィーガンナッツチーズ

13230326_1083248658388061_7075687035360947520_n

13221512_1083248731721387_2390863982117515969_n

通訳する勅使河原加奈子さん。加奈子さんのblogより以下引用

http://cremosso.typepad.com/blog/2016/05/nadia_sammut.html

アレルギーだからと、まわりの人と食の喜びを分かちあうことをあきらめていませんか?


プロヴァンスで22年ミシュランの星を守り続ける女性シェフを母に、レストランで育ったナディア・サミュ。生まれつき小麦粉のタンパク質であるグルテンを受けつけない体質(セルリアック病)の彼女のために、料理人である母は小麦粉を使わない特別なバースデーケーキを作ってくれました。料理は愛情です。
成人したナディアは考えます。どんな人でも等しく「食べる喜び」を享受する権利があるはず。XX抜き、XXはダメ、ではなくアレルギー体質でもっと自由に安心して好きなものを選び、その美味しさをテーブルを囲む親しい人と分かち合えたら…。2012年彼女は立ち上がり、WITH LOVE, ALLERGEN FREEの旗印のもと、CUISINE LIBRE(自由な料理)という食の運動を始めました。

グルテンフリーメニューの開発、レストランのプロデュース、NYでキッチンカーを走らせ、グルテンフリーパンの製造ライン設計に携わり、そして2016年「自由な料理研究所」(Institut cuisine libre)を実家のレストランがある南フランスのプロヴァンスに設立しました。


2014年世界で最も権威のあるパティスリー協会「ルレ・デセール」の国際学会にピエール・エルメより招待され、グルテンフリー・アレルゲンフリーの菓子の必要性と可能性について講義。マドリッドフュージョン、オムニヴォル他国際的な料理学会でも活動の発表を行っています。

そしてこの度、ナディア・サミュを初めて日本へ招聘する運びとなりました。彼女のレシピによるグルテンフリーメニューを実際に体験いただきながら、グルテンフリー先進国のひとつであるフランスの食事情、安心しておいしいものを楽しむ「食のバリアフリー」環境について、彼女の話を聞いていただければ幸いです。

※ナディアの母、レンヌ・サミュがシェフを務める「オーベルジュ・ラ・フニエール」では宿泊中グルテンフリーメニューが楽しめます。

13241147_1083248758388051_4875998749256778968_n

・ズッキーニとディルのヴルテ、ソッカ

・ヴィーガンナッツチーズ<カシュー&アーモンド>のクネル 三重と高知の花

13267785_1083248691721391_1868115413453715854_n

●自らセルリアック病と闘ってきた経験から「おいしい」を諦めないとても興味深いナディア・サミュのメニュー開発と研究 この試みを日本に伝えたいと思います

《ナディア・サミュのプロフィール》
Nadia Sammut 1981年 フランス生まれ 35歳。母はプロヴァンスを代表する一ツ星レストラン「オーベルジュ・ラ・フニエール」(ルールマラン村)のオーナーシェフ レンヌ・サミュ。大学では生化学を専攻。

家業であるレストランのサービス、マネージメントに関わりながら、フードジャーナリストである姉ジュリアと共に食をテーマにしたオーダーメード旅行代理店「トラベル・フード」を設立。

生まれつき小麦粉(グルテン)を受けつけない体質、自らのアレルギー体験を元に、グルテンフリーメニューの開発とアレルゲンフリー食の啓蒙のため、2012年WITH LOVE ALLERGEN FREEを立ち上げる。

パリにて、グルテンフリーレストラン「NOGLU」(ノーグル)オープン時コンセプターとしてメニュー開発を担当。さらにブーランジェリー「エリック・カイザー」にてグルテンフリーパンのレシピ開発、製造ライン監修に当たる。2015年「オーベルジュ・ラ・フニエール」の一部を改装してINSTITUT CUISINE LIBRE(自由な料理研究所)を設立。メニュー・商品開発、研修を行う。

シーズン中は母レンヌと共に「オーベルジュ・ラ・フニエール」の厨房に立ち、すべてのメニューにおいてグルテンフリー食を実現。グルテンフリー、アレルゲンフリー食のリーダーとしてフランス内外で活動する。

13241201_1083248925054701_8921716896460055086_n

・ソルガムきびと葉野菜のサラダ フランボアーズのドレッシング
・ソルガムきび、米粉、ひよこ豆のフォカッチャ エスカルゴバター添え(もちろん植物性のみ)

13232939_1083248948388032_6127854695235211580_n

・キヌアとソルガムきびのタリアテッレ

・ペストーソースと初夏の野菜

キヌア、ソルガムきびを使ったタリアテッレには驚愕!初めての温度、初めての食感が登場し、それは美味しかったです☆

13227036_1083249395054654_2473097256262021097_n

料理説明する和田シェフ!

13239423_1083249061721354_8387687096745663587_n

・テンペのクルスティアン、ドライトマトのベニエ

・ソルガムきびのタブレ、チミチュリソース

13226999_1083249155054678_8877133536179989095_n

・真っ白なチーズケーキ<ガトー・トゥー・ブラン>

・秋田県産のフランボアーズ

13256074_1083249511721309_7578341202007392930_n

デザートはローフードで加熱ナシ。

カシューナッツやマカダミアナッツでコクをだしたなめらかな仕上がり。

13241218_1083249821721278_1768428868678502723_n

秋田県五城目町特産のラズベリーをたっぷり使っていました。これが超美味☆

(個人的には「一白水成」の「美郷錦」を合わせてみたかったです)

IMG_6147

13241335_1083250295054564_8825284030589447722_n

13263753_1083249848387942_659912473536848655_n

オーガニック・ダージリンティーで〆!

13237687_1083250058387921_4047815790032308792_n

13240783_1083250381721222_7792920810565140980_n

この日のためのワイン

以下は普段のワイン

13237625_1083250631721197_3207455043853447507_n

13254279_1083250588387868_2958607368867350684_n

普段はこんな日本酒やビールがスタンバイ!

13260013_1083250891721171_6262364994451142609_n

お燗もOK!

13254287_1083247695054824_8776807104125888695_n

玲子さんと明子さん Restaurant 8ablish

ナディア・サミュさん http://www.institut-cuisine-libre.fr/


Topics: event, macrobiotic, wine | 2016/5/24 10:41:25

20160524OJCで「いざたも食と野草の話」

P5230109

明日の5月24日火曜日・OnJapan CAFÉで開催する「熊本・大分〜九州はひとつ vol.2  いざたも食と野草の話」会は18時からスタートです。詳細は↓

https://www.facebook.com/events/1017838798251691/

助っ人登場!焼酎の蔵を巡ること100蔵以上、焼酎の本や記事を数多く手がけるフリーライター&「焼酎の語り部」金関亜紀さんこと”ゴン麹”さんから「寿福酒造の子などを持ってはせさんじます!」と嬉しいお申し出あり。
おいしい焼酎の飲み方や&蔵・芋畑の話など教わってみませんか?
ゴン麹さんは、今もライフワークで年に3〜4回、九州中を”酎ナフキン”しています(なぜ「ゴン麹」なのかはご本人に(^^)聞いてくださいね!)

日本酒は前回同様、後藤幸代さんが担当です。

私は今回はバタバタせずに、いざという時に頼れる食と野草の話などを皆様にお伝えしたいと思います!
温かい野草茶や紅茶もご用意してお待ちしています。ご都合つくかたぜひ☆お待ちしていますね

天洋酒店さんから取り寄せた、秋田県・新政酒造さんの「No.6  for kumamoto 熊本地震支援酒 別誂えにごり生」をお出しします! まず私が最初の一杯を購入(^o^)するんだモン

P5230117

http://www.aramasa.jp/collection/no.6.html

新政酒造株式会社 代表取締役社長 佐藤祐輔さんblog


P5230120
P5230109

P5230117P5230119

●「蒸し燗」も出します〜〜!

どなた様もお気軽に参加いただけると嬉しいです :-o
__________________________


OnJapan CAFÉで5月24日火曜日に「いざたも食と野草の話」会を開催します。
4月20日の「飲んで応援!食べて応援!熊本・大分〜九州はひとつ」の第2弾!
前回レポ→ http://www.yohkoyama.com/archives/78946

お酒とお茶の売上金の全額を「熊本地震義援金」(他、状況で判断)へ寄付します。一杯200円。ノンアルコールもあり。一杯だけでも1分でも、ふらりとお気軽にお越しくださいませ〜〜(^○^)

*お酒やお茶の寄贈も喜んで受付けます。

そして今回は、「いざという時(そして普段にも)頼もしい食=いざたも食」&「東京都内で食べられる野草」のミニセミナー2本立て!です

◎「いざたも食と野草会」タイムスケジュール
●18時〜OPEN

●19時半〜「いざという時(普段にも)頼もしい食とは?」
災害時には、停電、断水は当たり前。その時、「食」はどうしますか? 乾パン?缶詰? もちろん、そういった「防災用」商品もありますが、おすすめしたいのは、常温保存可能な乾物と保存期間が長い発酵調味料です。当日は、おいしさで選んだオーサワジャパンのオーガニック製品から特別にチョイスしたものを紹介します。

*それらを盛り合わせた「いざたもプレート」を500円で販売。滋味力満載!

●20時半〜「東京都内で食べられる野草の話」
都内で見つかる野草の中で、見つけやすく、栄養的にも意味がある野草の種類と食べ方を紹介します。
ヨモギ、ユキノシタ、タンポポ、ハコベなど。

◯山本洋子より
20110311の後、飲み水が貴重でした。
その時、考えたのが、なるべく少ない水で調理できるもの、寂しい気持ちにならない手軽な料理でした。
先人の知恵がぎゅっとつまった栄養と食物繊維が豊富な乾物、簡単に食べられる食のことなど、マクロビオティックの視点を加えてお伝えします。

また、料理雑誌の編集者時代に「山野草クッキング」という連載をしていたほどの野草好き。

食料は待つ…ではなく、体力があれば、自分で探し、考えることも重要。
いざという時のために、もちろん普段にも、知って損はない食と野草の情報をお伝えします。
\(^o^)/

●OPEN 18時〜21時半
5月24日火曜日「いざたも食と野草会」
場所= OnJapan CAFÉ

●OnJapanCafeの行き方
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-8-1 TEL/FAX:03-6434-1228
「明治神宮前」駅 4番出口(ラフォーレ原宿の神宮交差点から)が一番近く、徒歩4分。
http://cafe.onjapan.tokyo/about/#accessMap

*スマホ地図で、迷う方続出です。以下を参考にいらして下さい
↓↓↓

■明治神宮前駅4番出口から地上に出て、神宮前交差点の大通り「明治通り」を渡り、右手・渋谷方面へ進みます。「ラーメン一蘭」の先のすぐひとつめの道を左折。右手に保育園やラーメン店、その先にファミリーマートあり。ファミリーマートの向かい「NEW YORKER BLUE」と、居酒屋「穏田 一甫(いっぽ)」の間を入り、奥・右手の建物一階(オレンジ色の旗が目印)。ちょっと奥まった住宅街の路地に面しています。

■表参道から「アイランドヴィンテージコーヒー」と「CHANEL」の間の道「キャットストリート」を進みます。3分程歩き、右手のセレクトショップ「amaza」、八百屋の間を右折。その先すぐひとつめを右折した左手奥です。


Topics: event, 地震, 日本酒 | 2016/5/23 17:26:15

IWC 2016「SAKE部門」発表

13260242_1080938218619105_4546994506914174102_n

20160520(金)神戸へ。快晴の海と都市の風景、モノレールからパチリ。港育ちなので、海を見るとワクワクします :-o
IWC 2016「SAKE部門」審査会の発表会へ。会場は生田神社会館

13227230_1080999098613017_7640678552159976113_n

IWC詳細は↓
https://www.iwc2016hyogo.com/
http://www.sakesamurai.jp/
http://www.internationalwinechallenge.com/


毎年ロンドンで審査、表彰をされるIWCのSAKE部門ですが、今
年は日本で開催。

しかも酒米「山田錦」の本拠地、兵庫県で開催されたのです。これは意味が大きい!


13256503_1080999125279681_82132347060168141_n

発表会の会場には、IWC歴代チャンピオン酒蔵も集合し、そうそうたる顔ぶれが集う、国際色豊かな雰囲気でした。

2016年は、過去最多の1282点ものエントリーがあったそうです。


13265837_1080999495279644_234770701891465824_n


厳しい基準で選ばれたメダル受賞酒は、どれもさすがの美味しさ!

それにしても出羽桜さんの技術力の高さには毎回驚きです。今回も2部門でメダル+トロフィー受賞。出羽桜さんは何を飲んでもハズレがないので、私のセミナーでも自信をもってお出ししています。

IWCは、評価のティスティングコメントが素晴らしく(詳細はIWC・HPを)、お酒の試飲会などでそのコメントを持参するお蔵さんもあります。

審査員は、世界14カ国から集まり+日本人審査員による評価。国内の新酒鑑評会などとは評価軸が異なります。

13221714_1080999558612971_1244705810340684269_n

メダル酒各部門を、ティスティングさせていただきました。

”選ばれるお酒”といっても、味の方向が偏ることはなく、香り系あれば、山廃系もあります。

そのどれもが、味の骨格がはっきりしてメリハリ感があり、余韻が長く、飲みごたえのあるお酒ばかり!

13227021_1080999355279658_5076708500868167650_n

発表するのはIWC SAKE部門の審査委員長・大橋健一さん(日本人で唯一のマスター・オブ・ワイン!)

審査方法は、1テーブルに日本人審査員と海外の審査員が半々で組み、個々での評価後、テーブルごとに全員でディスカッションが行われるそうです。

また、審査の順番による評価差が出ないよう、チェアマンたちが一度落ちた酒を再度ティスティングするという念の入れ方。1つのお酒を何度も繰り返し、複数の人が審査するのが特徴だそうです。

13221664_1081087658604161_6373373752124189266_n

メダル受賞したお酒たち↑↓

上から、普通酒、本醸造、純米、純米吟醸、純米大吟醸部門

13241303_1081087665270827_1034710422824579529_n

上から純米大吟醸(続き)、吟醸、大吟醸、古酒、スパークリング部門

13260191_1080999401946320_2211517912651769528_n

選ばれし酒は、本当にどれも素晴らしかったです!

1282点の中から選ばれているのですから、当然といえば当然ですが「お酒選びに迷ったら、IWCで選ばれた酒を」といいたくなりました。

13226766_1081088635270730_6200777141387041079_n

そして、メダル受賞酒の中から、部門1位のトロフィー酒の発表が!

13256270_1081088515270742_362417211019753608_n

静まり返る会場・・・。

◎トロフィー酒は、以下の通り(HPから引用)


IWC 2016「SAKE部門」審査会のメダル&トロフィー受賞酒の結果が発表されました。

9部門のトップである、トロフィー受賞酒は下記の通り。この中から最も評価の高い1銘柄に、「チャンピオンSAKE」が授与され、7月7日にロンドンで発表されます。

●普通酒  岐阜県 蓬莱 天才杜氏の入魂酒/(有)渡辺酒造店
本醸造  岩手県 本醸造 南部美人/(株)南部美人
純米酒  山形県 出羽桜 出羽の里/出羽桜酒造(株)
純米吟醸酒  茨城県 御慶事 純米吟醸/青木酒造(株)
純米大吟醸酒  秋田県 天の戸 純米大吟醸35/浅舞酒造(株)
吟醸  山形県 出羽桜 桜花吟醸/出羽桜酒造(株)
大吟醸  青森県 陸奥八仙 大吟醸/八戸酒造(株)
古酒  岡山県 古酒 永久の輝/宮下酒造(株)
スパークリング酒  高知県 スパークリング酒 匠/土佐酒造(株)

13240541_1080999428612984_5245107119831106633_n

特に初めて出品した天の戸さんが、純米大吟醸部門で選ばれたのがビックリ嬉しい!

http://www.internationalwinechallenge.com/canopy/beverage_details.php?sid=4998

https://www.facebook.com/asamaishuzo/posts/903887833071644

13227015_1081088315270762_1648609742293373173_n

https://www.iwc2016hyogo.com/
http://www.internationalwinechallenge.com/

「チャンピオンSAKE」は、7月7日にロンドンで発表!

IWC2016こちらに詳しいレポあり
↓ ↓ 

http://sakefan.net/report/12800/


Topics: event, 日本酒 | 2016/5/23 15:26:07

平成27酒造年度全国新酒鑑評会入賞酒

本日、平成27酒造年度「全国新酒鑑評会 入賞酒」が発表になりました。

この入賞がその蔵のすべてではない…とわかっていても、ハラハラドキドキ 8-O

↓ ↓ ↓

http://www.nrib.go.jp/kan/h27by/pdf/h27by_moku.pdf

独立行政法人 酒類総合研究所


Topics: 日本酒, 未分類 | 2016/5/18 12:47:14

目覚めたばかりの日本酒女子たちと

13220085_1026575130757065_1756252145_n

日本酒に目覚め始めたばかりのカワイイ女子たちと聖地へ。

皆さんに目覚めるきっかけとなった「出会いの銘柄」を教えてもらいました。

うんうん、そうそうそう♡

自分の頃の出会い酒と比べると、アイテムが格段に増えてます〜!(まだまだ新潟は強いを実感)

13236212_1079628495416744_1719729387_n

乾杯は獺祭スパークリングで☆

話を聞いていると、出会い酒は、飲みやすいクリア感あるお酒が多いですね。

ヘビィと思ったら、キレィだった。甘いのダメと思ったら、意外な甘さ感はOKだったなどなど。

いや、新鮮で楽しい!初々しい日本酒トーク

素敵な日本酒の世界へようこそ〜〜\(^o^)/

13233400_1079628798750047_521695908_n

聖地のつまみは、まず、長野県産の天然ワラビから。鰹節で

13250365_1079628818750045_747118602_n

取り分けた小皿をパチリ。皿の上はウドのきんぴら。大きな斜め切りカット!これがおいしい

13231023_1079628828750044_115246401_n

そして、ウルイ!味がしっかりあって美味でした☆

お店のお母さんに聞いたら、弟さん(73歳)が、山の木の下でとったという。なるほど、確かに栽培品種とはまるで違いました。

もともと長野県ではウルイを食べる習慣はなかったけれど、最近、他県産のウルイが市販されているのをみて、採って食べるようになったそうです。

13249477_1079628975416696_712949038_n

石川県のタケノコ煮

13231276_1079628848750042_1020581496_n

お刺身はヒラメ、サワラ、カンパチ、マグロ

ほかほか

13246147_1079629048750022_146575481_n

〆の名物。白身の刺身のアラでとった熱い出汁のシンプル煮麺!

やわらかな出汁の味にホッ、体が温まってホッホッとします。

日本酒は、お出汁とよくあいます。



Topics: 日本酒 | 2016/5/18 10:20:29

カンパイ!世界が恋する日本酒

main2

“日本酒”に魅せられた人々の挑戦を描いたドキュメンタリー映画「カンパイ!世界が恋する日本酒」いよいよ日本公開です
http://kampaimovie.com/

映画のレビューを書かせてもらいました。
「上質なSAKEが人生を変えた 男3人のライフストーリィ」

13226798_1079114535468140_9147060302021284974_n

ジョンさん、ハーパーさん、久慈さんたちの突き刺さった言葉を引用。
鑑賞後、ご一読いただけたら嬉しいです!

13254320_1079114222134838_2351404754665482046_n

松崎晴雄先生が「グローバルな発展を遂げるSAKE」について、書いておられます!
なぜか…私のプロフィールが最後の行にくっついてしまっており…。先生に「夫」はいませんから :-x

●劇場情報
http://www.eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=510

●プロジェクト応援
https://motion-gallery.net/projects/kampaimovie

●facebook
https://www.facebook.com/kampaimovie/



Topics: event, 日本酒 | 2016/5/17 14:32:36

新政酒造さんのAlc9度のSpark「天蛙」

13178961_1077264585653135_5161950339373943287_n

新政酒造の「天蛙」が天洋酒店さんから到着!
過去に、噴いて痛い経験をしたことあるため、今年は届いたその夜に飲むことに。

13133136_1077264592319801_3111442558589724527_n

注意書きも年追うごとに充実

13173831_1077264612319799_6437390802395236026_n

「怒れる蛙」!!!常温は絶対ダメです。本当にダメ

そこで、今回は冷凍庫に2時間ほど入れ、フローズン気味で開栓(注・蔵&店は冷凍を推奨し ておりません。自己責任で)

穏やかに、心安らかに!? 安全おいしく、楽しむことができました〜〜☆

13227097_1077264615653132_4696340355053885965_n

お米の力だけでこんな爽やかで、かわいい甘みがあるスパークリングとは驚き :-o

そして、アルコール度数9度は、素晴らしく快適です!


クリーミィでなめらかなビロードのよう(ってビロード食べたことないですが)、口の中がまるまるっとしたやわらかさに包まれます。

https://www.facebook.com/yohkoyama/videos/pcb.1077264775653116/1077264695653124/?type=3&theater

13240563_1077264642319796_1429715832089330816_n

フルーティでくっきりした酸がいくつもに重なって、米由来の甘さがなんとも心地いいスパークリング☆

米(あきた酒こまち100%)+6号酵母の可能性をまた新たに知りました。

13177303_1077264638986463_1297419057695958248_n

普段、酎ハイ飲んでる人にこそ飲ませてあげたいです!

http://www.aramasa.jp/collection/lab.html


Topics: 日本酒 | 2016/5/14 10:00:00

« 前のページ
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc