Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





松田美智子先生の料理教室で日本酒クラスを担当「鳥取の熟成酒」

22405701_1559513177428271_56524361316886910_n

料理研究家の松田 美智子 (Michiko Matsuda) 先生の日本酒クラスをお手伝いさせていただいております。本年度は土地の酒米と地域食材の組み合わせを学ぶがテーマです。

22539696_1559512854094970_1598555790757763285_n

1014日(土曜)は、鳥取県の酒

日置桜さんの純米酒で、地品種の「強力」と「山田錦」を選びました。

どちらのお米も栽培者は杉山信一郎さん。農薬や化学肥料を極力使わず、健康的に育てたお米で醸した酒で、飲み比べていただきました。

メッセージ 山根酒造場 第五代蔵元 山根正紀さん

22450101_1559512890761633_8644798343048389290_n

お料理の準備中もいつもテキパキ美しい!松田先生の仕事

22539817_1559513014094954_5413284980859502076_n

日置桜さんは1つの品種、1人の生産者さんで、1本仕込む「シングル醸造」が基本。

そして、熟成させています。

今回のお酒は26BY27BY28BYの3種類

IMG_2482

「純米ひやおろし 山装う」

IMG_2483

生産者は杉山信一郎さん

IMG_2484

「きもと強力 純米酒」

IMG_24862

お米の生産者は、こちらも杉山信一郎さんです!

温度は、ひやと燗酒。はたして、どう変わるのか?

酒器は、ひやは木村硝子店のベッロ(小)、燗酒は平盃で。

22489775_1559513017428287_138367991913261443_n

日置桜さんはシングル醸造が基本ですが、数年に一度発売するのが「わけあり全米酒」と書かれたこちらのお酒

IMG_2487

「夜桜」です。

全米酒!!!

IMG_2492

「わけあり全米酒」

純米酒とはなんぞや?

普通酒とはなんぞや? という問いかけでもある1本です。

IMG_2488

私が、スーパー普通酒と呼んでいる「米・米麹」だけのお酒があります。

獺祭さんや飛良泉さん、辨天娘さんが出しています。

それらは、醸造用アルコールを添加しない、米・米麹だけの酒。

米が等外米なので、酒税法上では「普通酒」として出荷されます(一般の普通酒は添加物が多いのが当たり前。そして、合成清酒は表記義務がありますが、普通酒は表記義務がないので、表記はありません)

「米だけの酒」に関してもお伝えしました。「純米酒」だと思い込んでいる方が多いのです。脇に小さく「純米酒ではありません」という文字を入れないといけないルールのことも伝えました。

22405756_1559513054094950_1178726471997993762_n

そして、日置桜さんの熟成純米酒粕「無垢」も、味わっていただきました。

酒粕は、普段、日本酒を飲まない人には、「どれも同じ」と思われがちですが、味は月とスッポンほど、違うのです。日本酒好きなら知っているこの常識も、知らない人には、まったく想像だにしない、知らない話です。

おいしい酒粕は、おいしいお酒からしかできません。

お米を吟味して丁寧に醸す蔵の酒粕はおいしい!副産物ですからね。

なのですが、”そうでもない酒粕” があまりに多すぎて、ゆえに、酒粕嫌いもたくさんいます。残念ながら。

日置桜さんの「無垢」は、これぞという純米酒の酒粕を合わせて、半年以上熟成させたもの。やわらかで、そのままスプーンですくって使える便利な熟成酒粕です。そのまま食べても、もちろん、おいしいです。

阿波山田錦 平成21醸造年度 Vitage2009

IMG_2489

そして

今回、諏訪泉さんのVintage200921BY・酒米は、徳島県の阿波山田錦)の熟成古酒を、ひやと燗酒の温度違いで味わっていただきました。


*BYとは、平成○○醸造年度の略です。醸造年度とは7月から翌年6月までのこと。
H20BYは、平成20年7月から平成21年6月までのこと。 平成20年度にできたお米で仕込んだお酒を意味します。 お酒は初冬から春先に醸造するので平成23年春には2年間熟成となります。

この長期熟成酒の燗酒には、気品も感じます。

IMG_3796

松田美智子先生のところでは「土鍋」でお燗酒をつけさせていただきます。土鍋だと味わいがぐっと丸くなります!

温度で、違うんです。味が、変わるんです!

日本酒はこの、温度をのりこえた楽しさが醍醐味だとつくづく思いました。


22406252_1559512857428303_6909032029296240901_n

こういう鳥取県ならではの!?しっかりした辛い造りの滋味な酒をいただくと、「出汁や発酵調味料がきいた料理」にあうのはこういう燗酒だとしみじみします。上原浩先生の「酒は純米、燗ならなおよし」の言葉が心にガッツリ響きました。

22406397_1559512894094966_6987638243105903320_n

のどぐろの干物を酒肴に


そんな鳥取の熟成純米酒に合わせた松田美智子先生の酒肴素材は「干物」の活用。干物は、旬の時期に、これぞと選んだ魚を干すわけですから、味が凝縮しています。

もちろん、松田先生ですから、ただ干物を焼く・・・では終わりませんでした!

松田先生マジックは、干物を加熱後、出汁の旨味や、柑橘の酸味、ネギやピーマン、セロリ、生姜などの香味野菜に、柚子胡椒などをプラスです!

ググッと、それはもう、メリハリのきいた酒肴に生まれ変わらせていました。

しっかり造られた純米の燗酒があうあう!でした。

今回、お酒はおいしい温度、すべて60以上に温めました。

燗冷ましを飲んだ松田先生が「おいしい」と言ってくれて、わーい!の心境でした(笑)うまい酒は、かんざましもうまいを実証できました。

干物は日本海の、エテカレイ、のどぐろ、ハタハタ、白いかです

~鳥取県の日本海、地魚の干物で酒肴~

エテカレイの干物 唐揚げ すだち添え

のどぐろの干物 焼き出汁びたし ネギ

ハタハタの干物 焼きハタハタのゆず胡椒マリネ(セロリ、ピーマン)

白いかの一夜干し にんにくとネギとの炒め物

今回、先生が注文したのは、私のイトコのみっちゃんが嫁いだ(35年くらい前)浜橋水産さん「ほうきや」の干物です。


エテカレイ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/houki…/himono-karei1.html

22448320_1559512964094959_8529921555220597932_n

ハタハタ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/ho…/himono-hatahata1.html

22310457_1559512977428291_8594579755639722044_n

白いか

のどぐろと白イカは、要問い合わせです!

◉浜橋水産のリアル店舗は水産物直売センター内に。TEL0859-47-0275/ネット店は息子さんが担当のほうきやです


22490145_1559513654094890_6562144356483295380_n

松田先生のご著書は多数あり!

英語のクラスも英語の料理本も手がけられています。

22489961_1559513064094949_1885227872418957529_n

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

12月もこれぞというお酒を選び、お伝えさせていただきます :-o


Topics: 日本酒 | 2017/10/17 0:08:53

東北六県 魂の酒まつり2017

head_img

10月9日、「東北六県 魂の酒まつり2017へ参加しました

IMG_2019

IMG_1824


2011年3月から、6年たちました

IMG_1826

宮城県酒造協同組合さんと岩手県酒造組合さんの報告展示です。


「東日本大震災からの復興に対するご支援に感謝し、東北六県の130余りの蔵元が自慢のお酒を出品します」

と、東北六県からたくさんの酒蔵さんが参加され、にぎやかで贅沢な会でした。

IMG_1756

秋田県さん!


IMG_2024

IMG_2025

来年、全国新酒鑑評会で、金賞を受賞すると最高記録になる高清水の御所蔵・加藤均杜氏のお酒

IMG_1790

ご活躍されていることがわかる、たくさんのお酒に会えて、嬉しい時間となりました。

会の最高責任者は、「一白水成」醸造元渡邉 康衛さん!ご挨拶も決まってました。

IMG_1809

山形からは小関敏彦先生も!なんと贅沢な会であります

IMG_2022

みなさんから、いろいろなお話しが伺えて、たいへん有意義な時となりました。

IMG_2027

ですが、とてもとても、2時間で東北6県の酒蔵数は、まったく回りきれません・・・。


IMG_1827

山形県酒造組合さんの展示

東北六県の酒蔵、酒造組合、アンテナショップのみなさま、ありがとうございました!

参加蔵

蔵元名 代表銘柄 出店

宮城県
仙台伊澤家勝山酒造㈱ 勝山
(有)秀鳳酒造場 秀鳳

(資)内ヶ崎酒造店 鳳陽

大和蔵酒造㈱ 雪の松島

㈲佐々木酒造店 宝船浪の音

㈱佐浦 浦霞

阿部勘酒造店 阿部勘

㈱一ノ蔵 一ノ蔵

㈱田中酒造店 真鶴

㈱山和酒造店 わしが國

(名)川敬商店 黄金澤

(名)寒梅酒造 宮寒梅

㈱中勇酒造店 天上夢幻

千田酒造㈱ 栗駒山

金の井酒造㈱ 金の井・綿屋

萩野酒造㈱ 萩の鶴・日輪田

石越醸造㈱ 澤乃泉

㈱角星 金紋両國・船尾灯

㈱男山本店 蒼天伝

㈱平孝酒造 日高見

墨廼江酒造㈱ 墨廼江

㈲大沼酒造店 乾坤一

蔵王酒造㈱ 蔵王

岩手県

菊の司酒造㈱ 菊の司

㈱桜顔酒造 桜顔

㈱わしの尾 鷲の尾

㈲月の輪酒造店 月の輪

廣田酒造店 廣喜

(名)吾妻嶺酒造店 吾妻嶺

両磐酒造㈱ 関山

世嬉の一酒造㈱ 世嬉の一

磐乃井酒造㈱ 磐乃井

酔仙酒造㈱大船渡蔵 酔仙

㈱浜千鳥 浜千鳥

上閉伊酒造㈱ 国華

赤武酒造㈱復活蔵 浜娘

泉金酒造㈱ 龍泉八重桜

㈱福来 福来

㈱南部美人 南部美人

福島県

(有)金水晶酒造店 金水晶

㈱檜物屋酒造店 千功成

大七酒造㈱ 大七

人気酒造㈱ 人気一

奥の松酒造㈱ 奥の松

㈲仁井田本家 自然酒

豊国酒造(資) 東豊国

(名)大谷忠吉本店 白陽

有賀醸造(資) 有の川

夢心酒造㈱ 奈良萬、夢心

(資)喜多の華酒造場 喜多の華

(資)大和川酒造店 弥右衛門

㈲峰の雪酒造場 大和屋善内

ほまれ酒造㈱ 会津ほまれ

笹正宗酒造㈱ 笹正宗

花春酒造㈱ 花春

名倉山酒造㈱ 名倉山

山口(名) 会州一

(資)辰泉酒造 辰泉

栄川酒造㈱ 榮川純米吟醸

鶴乃江酒造㈱ 会津中将 ゆり 永寶屋

末廣酒造㈱ 大吟醸 玄宰

高橋庄作酒造店 会津娘

磐梯酒造㈱ 磐梯山

曙酒造(資) 天明

豊国酒造(資) 会津豊国

国権酒造㈱ 国権

会津酒造㈱ 山の井

開當男山酒造 開當男山

(名)四家酒造店 又兵衛

(資)白井酒造 風が吹く

太平桜酒造(資) 太平桜

㈲渡辺酒造本店 雪小町

笹の川酒造㈱ 笹の川

㈲玄葉本店 あぶくま

(資)稲川酒造店 七重郎

秋田県
新政酒造株式会社 新政

秋田醸造株式会社 ゆきの美人

秋田酒類製造㈱ 高清水

福禄寿酒造株式会社 一白水成

小玉醸造株式会社 太平山

喜久水酒造(資) 喜久水

㈱齋彌酒造店 雪の茅舎

天寿酒造株式会社 天寿 鳥海山

㈱飛良泉本舗 飛良泉

㈱佐藤酒造店 出羽の冨士

(名)栗林酒造店 春霞

(名)鈴木酒造店 秀よし

㈱高橋酒造店 奥清水

出羽鶴酒造㈱ 出羽鶴

刈穂酒造㈱ 刈穂

阿櫻酒造株式会社 阿櫻

浅舞酒造株式会社 天の戸

日の丸醸造㈱ まんさくの花

秋田銘醸株式会社 爛漫

㈱木村酒造 福小町

秋田県醗酵工業㈱ 一滴千両

青森県

鳩正宗㈱ 鳩正宗

桃川株式会社 桃川

尾崎酒造㈱ 安東水軍

(有)竹浪酒造店 岩木正宗 七郎兵衛

㈱鳴海醸造店 菊乃井

六花酒造㈱ じょっぱり

㈱齋藤酒造 松緑

㈱カネタ玉田酒造店 玉川

白神酒造㈱ 白神

三浦酒造㈱ 豊盃

㈱丸竹酒造店 白神ロマンの宴

八戸酒類㈱八鶴工場 八鶴、如空

八戸酒造㈱ 陸奥八仙

㈱菊駒酒造 菊駒

山形県

出羽桜酒造㈱ 出羽桜

千代寿虎屋㈱ 千代寿

和田酒造(資) あら玉

朝日川酒造㈱ 朝日川

月山酒造㈱ 銀嶺月山

㈱六歌仙 山法師

㈱小屋酒造 花羽陽

東北銘醸㈱ 初孫

㈱オードヴィ庄内 清泉川

楯の川酒造㈱ 楯野川

(資)杉勇蕨岡酒造場 杉勇

(資)高橋酒造店 東北泉

竹の露(資) 白露垂珠

鯉川酒造㈱ 鯉川

加藤嘉八郎酒造㈱ 大山

㈱鈴木酒造長井蔵 一生幸福

若乃井酒造㈱ 若乃井

香坂酒造㈱ 香梅

㈱小嶋総本店 東光

㈲新藤酒造店 九郎左衛門

後藤康太郎酒造店 羽陽錦爛

樽平酒造㈱ 住吉

米鶴酒造㈱ 米鶴

東の麓酒造㈲ 東の麓

㈱中沖酒造店 羽陽一献

web_112


以下、募集告知より(自分・備忘録です)


「東北六県 魂の酒まつり2017」


◆開催場所 ベルサール東京日本橋 B2イベントホール

東京都中央区日本橋2丁目7-1 東京日本橋タワー

地下鉄日本橋駅直結

開始・開催日 2017109

イベント概要 東日本大震災で甚大な被害を受けた東北の蔵元の復興に対する消費者の支援に感謝の意を表することを目的に実施します。

東北六県の蔵元約130余りの蔵元から自慢の日本酒が出品されます。


開催日時:

平成29109日(月)

・第112:0014:00

・第215:3017:30


出展者(予定):

・東北六県酒造組合に加盟する218者のうち

青森県 15(6) 岩手県 16(5) 秋田県 26(10) 宮城県 20(9) 山形県 27(11) 福島県 27(12) 合計 131(53)

出展者と出品のみの計、( )は内、出品のみ

・東北六県のアンテナショップ

参加料:お一人様 6,000円(税込)

定員:第1部・第2部 各700

概 要:

・蔵元が持ち寄る美味しいお酒を楽しめます。

・お一人様におつまみ弁当1個、特製ニコマーク猪口1個、お水(500ml)をお配りいたします。

・アンテナショップが出展し各県の銘品を販売いたします。

主催者:

日本酒造組合中央会 東北支部

参加酒造組合:

青森県酒造組合、岩手県酒造組合、秋田県酒造組合、宮城県酒造組合、山形県酒造組合、福島県酒造組合

後援:

国税庁 復興庁

お問い合わせ先 日本酒造組合中央会東北支部

TEL.022-222-3131

E-mail.info@miyagisake.jp


Topics: event, 日本酒 | 2017/10/10 19:47:42

OJC古本市ありがとうございました!

22221552_1553068561406066_7090603670073621072_n

黒田泰蔵 白磁へ」を編集した、金丸裕子さん。黒田先生の白磁の作品を展示

22221577_1553068868072702_2936669770454319224_n

金丸裕子さんの棚には、コーヒー関連の本も

22221691_1553068831406039_3350532050583188525_n

トラベルジャーナリストの寺田直子さんのひとますには旅関連が並びました

22221929_1553070388072550_172750059895555053_n

その下はOnJapanCafe主宰の原田有紀子さんの犬の本。保護犬の殺処分0を目指す会へ寄付。

ひとます市 Hitomasu-Ichi 古本とクラフト

原田 有紀子さんが主宰するOnJapan CAFÉが年末に奥渋(おくしぶ=渋谷の奥。代々木公園駅)へ移転!

その移転前の”3年間ありがとうweek”の一環で、初めて開催させていただきました!お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。

私は「本」に関わる仕事をしていますが、これからの紙媒体はどうなるのか。大きな課題です。紙には、紙にしかできないことを突き詰めたいです。

古本のいいところは、自分が感動して読んだ本を、また誰かが「へ~」と思ってくれるサイクルが生まれること。嬉しいですね。

紙の本の魅力は、手触り感。光を通さない印刷写真。紙にしかできないことは直接的なアクション、折り目、線引き、切り取る。大人の塗り絵がヒットしましたが、それもアクションですね。紙にしかできないこと!模索していきたいです。

そんな中、「一箱古本市」のベテラン・水野さんの紹介で参加いただいた、西荻窪の「忘日舎」さんのセレクト本は、まさに「紙」の本!の醍醐味を味わうセレクトでした。

読み進めるたびに、ページをペーパーナイフで切り開かなければ読めない本も、ありました。

そのどれも美しい本で、素晴らしかったです。

https://www.vojitsusha.com/

https://twitter.com/vojitsusha

誰が何をどう感じて選ぶかですね。

ぜひ!忘日舎さんの実店舗へ行ってみてくださいね。

昨日は、なんとものんびりチームで開催させていただきました。

本当にぬるい我々でした・・・。水野隊長含め、裕子さん香織さん、ありがとうございました :-o

22279901_1553069228072666_9176697538201594506_n

22221716_1553069161406006_170286012015150547_n

だめにんげん祭り主宰の江澤香織さんが手にしているのは島根県・湯町窯のポット。ついこの間まで、大徳寺納豆が入っていたそうです。匂いをかいで、何が入っていたクイズも!

22279877_1553068474739408_4335622584341103699_n

水野さんセレクト!

22228426_1553068731406049_1382691228279724703_n

22310553_1553068414739414_4932933701473529552_n

オンジャパンカフェのランチタイム

22221826_1553069081406014_4335139105100857514_n

金丸裕子さん

22228560_1553068911406031_5112078087370145618_n

アサコさんの新メニュー!諸井醸造さんの「しょっつる」を使った、舞茸すだちうどんはコクがあっておいしい 柑橘の酸味ととても合うことを発見。ぜひ試してみてくださいね。

原宿店は15日まで。新店舗に移っても、きっとメニューはあると思います。

22228241_1553068658072723_6498641113102882986_n

発酵玄米ごはん!

22221924_1553069164739339_9096483017010032948_n

枡つきの純米燗酒! 久保本家酒造さんの睡龍

さて今回、ヒノキの枡を岐阜県の老舗メーカーさんから大量に取り寄せて、どんなお酒が合うのか、日夜研究に勤しみました。

これぞ!合うと思った純米酒を5種類ほど持ち込み、丁寧に博樹さんがお燗酒をつけ、枡に入れて提供しました。

ヒノキの爽やかな香りには、飲みごたえある純米燗酒がよく似合います。長期熟成された酒は、その香りがヒノキでマスキングされ、いい調和がありました。アル添のうすっぺらい酒では、香りばかりが強調されてしまいます。

日本のヒノキ。もっといい形で、食のシーンに使われることを願って、これからも活動したいです。

ときに、枡は「入」と組み込まれているのをご存知ですか?

「人」ではなく「入」こんなところも、日本人ならではの縁起担ぎが楽しいですね。

とはいえ、もともとが容量器なので、量が減ると飲みにくいのが難。平たいところから飲むのがよく、角から飲むものではないという。

22279582_1553070734739182_8714867632893671360_n

22279527_1553070874739168_5918209668308555587_n

22221614_1553071214739134_9105841894162313194_n

22228245_1553071494739106_2637400938523891445_n

冷酒ラインアップ! 能代の天洋酒店さんから

22228301_1553069268072662_7182372772005071459_n

さて、おつまみはミヤザキ アサコシェフの酒粕クラッカーと酒粕アボカドDIPが美味でした!酒粕は株式会社 いまでや白土暁子さんお見立ての「醸し人九平次」さんのものでした。きれい、ライトな酒粕です。

それにしても、アサコさんと島田律子さんがママ友とは知らなかった~。世間は狭いでござんすね。

新店舗は深夜営業もできるというので、お酒の会がもっともっと楽しくできそう(^^)

鳥取から、山根明子さんに、三重県から福島頼子さんも!遠くからわざわざお顔だしてくれて本当に嬉しかったです!

22221669_1553070868072502_1895150055970151510_n

22281925_1553167698062819_8870641238570870303_n

みなさん ありがとうございました!


Topics: event, 日本酒 | 2017/10/8 14:51:00

いよいよ明日!7日土曜は「ひとます市・古本とクラフト」

IMG_14782
10
月7日土曜日は11時半~16時まで「ひとます市 Hitomasu-Ichi 古本とクラフト」を開催。本好き、クラフト好きが本や器などを盛りだくさんに持寄ります。

だめにんげん祭りを主宰する江澤香織さんは、お猪口、小皿、片口を!

金丸裕子さんは、あの陶芸家の小さな器を!

私は民芸の食器、酒器ほか、怪しい本!? 地域の本、マクロビオティックの本、日本酒の本などお持ちします~~。

そして、あの純米酒をお燗して、新品の枡に入れて販売も。枡酒にしかできないことって何なのか、ここ毎晩「勉強」しております。枡の「マス」キング効果など。マスじゃないお酒もあり。昼酒、午後酒、夕方酒を :oops:

http://www.yohkoyama.com/archives/86960

21617517_930970320374001_3768254684503821841_n
そして、17
時からは、原田 有紀子 (Yukiko Harada)さんと居酒屋の定番メニューを海外の人に楽しく伝えるには?の会を開催。どれも入場無料です。飲みながらぬるぬるゆるゆるで、お楽しみください~

♨️

http://www.yohkoyama.com/archives/86840

http://www.yohkoyama.com/archives/86880

7日、カフェは通常営業しています。シェフ・ミヤザキ アサコさんの料理やひと品もお待ちしていまーす!

きてね~きてね~!

◉オンジャパンカフェの移転先も決定!あの人気スポットとか :-o

水野 喜之 (Yoshiyuki Mizuno)さん Yuko Kanamaruさん 江澤 香織 (Caori Ezawa)さん よろしくお願いします!

*写真のお酒は練習中のもの

21587152_925584860912547_6292800715752840145_o

原宿のOnJapanCafe 3年間ありがとう!新しいお店は深夜まで!? :-o

http://cafe.onjapan.tokyo/about/#accessMap


Topics: cafe, event, 日本酒 | 2017/10/6 10:09:55

10月7日OJCひとます市&居酒屋ワイワイ

14939942_757545024383199_9077530404459883591_o-3
10月7日はOJCでひとます市!& 居酒屋English!英語ワイワイ

ひとます市には、だめにんげん祭り主宰の 江澤 香織 (Caori Ezawa)さんも参加!

チョコの本やZINE、クラフトやアンティークの酒器など登場予定だそうです :-o

以下、香織さんのメッセージです♡

「外国の人々に日本文化を紹介するべく、毎度楽しい催しを行なっている原宿On Japan cafeの「ひとます市」に参加します。 107 (土)11:30錚々たるジャーナリストさん方々の中に混ざり込ませて頂き、溜まったチョコレートの本やZINE、クラフトやアンティークの酒器などもちょこまかと放出する予定です。燗酒名人ヒロキさんの酒スタンドも登場するとか?夕方からはバイリンガル居酒屋がオープンするとかとか?なにやら色々と仕込みがあるようですので、どなたさまもお気軽にお越しください」と江澤香織さんより

●詳細は↓

http://www.yohkoyama.com/archives/86840

http://www.yohkoyama.com/archives/86880

21994123_10155801902601204_452827425791927923_o

カフェの新作メニューは、秋田の諸井醸造さんのしょっつるを使ったヌードル!



◉cafeの道順 千代田線・明治神宮前駅4番から3分!
原宿・
明治神宮前駅4番出口から地上に出て、神宮前交差点の大通り「明治通り」を渡り、右手・渋谷方面へ進みます。ラーメン一蘭の先、サマンサタバサを左折。右手に保育園やラーメン店、その先にファミリーマートあり。ファミリーマートの向かい「NEW YORKER BLUE」と、居酒屋「穏田 一甫(いっぽ)」の間を入り、奥・右手の建物一階です(オレンジ色の旗が目印)。ちょっと奥まった住宅街の路地に面しています。
*私道があるのでスマホの地図だと迷う方あり・・・

純米酒をお燗酒を、枡に入れて販売します(数量限定)

その他に、秋田・能代の天洋酒店さんから、新政No.6登場!

22051062_10155825754196204_563802491670924151_o


新政No.6の他にも、ゆきの美人ひやおろしや、天の戸のひやおろし、真っ赤な山本も!
天洋酒店さんから届いております。お楽しみに♡

22171706_403849040027307_1205867539_o


Topics: cafe, event | 2017/10/2 19:15:33

新しい本を執筆中!

ここ最近、一歩も外に出ない日が続き、出ても半径1km以内。じつは12月頭に出す本があり(詳細は責了してからお知らせします!)、そのため、新しい仕事のご依頼や展示会、セミナー、イベント、委員会、飲み会もすべてごめんなさいの不義理状態(夏前にお約束した仕事のみこなしております)。

あぁ早く本になりますように(今回は頼もしい編集者さんがついているんです!)

さて、これから大阪へGO「秋田の酒プレスセミナー」のお手伝いに伺います。

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/28681

久しぶりの駅、新幹線です。

それにしても、60分は欲しいのに25分しかないことに頭を大いに悩ませ中!

◉「秋田の酒きき酒会」は午後から開催です!要予約。詳細http://www.osake.or.jp/info/170627.html

10月7日は久々のオンジャパンカフェです! :-o 楽しいからきてね~♡

http://www.yohkoyama.com/archives/86880


Topics: 未分類 | 2017/9/27 13:12:21

朝日カルチャーセンター新宿教室のお知らせ

自然派インド紅茶教室 organicインド3大紅茶とスリランカのウバを味わう

◉2017年 11/19 日曜 10:30-12:30  1回限定講座

マカイバリジャパンの石井道子さんと共同開催しています

紅茶はワインと同様に、生産者が仕上げまで行う農産物で、環境すべてが一枚の葉に凝縮します。今回は、紅茶産地として有名なインドとスリランカから、オーガニック農法にこだわる茶園をセレクトし、その場でいれて熱い紅茶の飲み比べを楽しみます。インド三大銘茶といわれるダージリン、アッサム、ニルギリ紅茶。そして、スリランカのウバまで、各地の個性を様々な角度からテイスティングしていきます。
ダージリンは、2015年にインドのモディ首相がエリザベス女王に贈り、話題となったオーガニック栽培歴40年のマカイバリ茶園。アッサムはジャリンガ茶園、ニルギリはコーラクンダ茶園から、飲み頃の茶葉を選んで味わいます。ウバはスリランカ・バイオフーズ社から届いた最高級
紅茶です。ダージリン、キーマンと並び世界三大銘茶とよばれています。三大紅茶 + 1の淹れ方、味わい方、オーガニック栽培とは何かなど、お伝えします。自然派銘紅茶をじっくりと楽しみましょう。

※総合パンフレットに掲載の内容から変更になりました。
https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/c5f5d0a5-812c-99e4-b4bb-597983851a55

◉2017年 12/17 日曜 10:30-12:30 1回限定講座

白扇酒造五代目に教わる 伝統醸造の「三年熟成本みりん」

「みりん」と一口で言っても、原料も造り方もまるで違うことをご存知ですか?

本みりんの原料は「もち米、米麹、米焼酎」の3つだけ。余計な添加物は一切ないのが昔ながらの本物の本みりん。そのまま飲める甘露な味わいが特徴です。
現在、市販されている「本みりん」の中には、醸造用アルコールや糖類添加や、外国産原料を使ったものも。安価に仕上げるため、4倍に増して醸造された「本みりん」まで、認められているのが事実です。現在、伝統醸造された本みりんは、全体の「1%」しかありません。

今も変わらず、国産原料だけで、伝統的な本みりんを手がける岐阜の白扇酒造さん。5代目・加藤祐基さんをお招きし、古来のみりんとは何かを教わります。
講座では、もち米、米麹、米焼酎だけを使って90日間かけて「糖化発酵」させ、さらに「ふね」でゆっくり搾った本みりんを、新酒、3年、10年ものとティスティングします。また、搾ったあとの「みりん粕」(別名「こぼれ梅」)も試食。みりんの原料になる米焼酎も味わってみます。さらに、江戸時代、人気があった、落語「青菜」でも登場するみりんの酒「柳蔭(やなぎかげ)」もお出しします。伝統醸造ならではの本みりんの可能性を広げる様々な使い方も紹介します。お土産つき。

https://www.asahiculture.jp/shinjuku/course/88f4a8a7-a338-f948-b099-59799619fadb

そして、まだwebで公開されていませんが!
◉2017年 1/27 土曜 17:30 ~ 19:30 1回限定講座

「新春 2018 純米酒でおもてなし」

これまでの講座で人気があったあの蔵、この蔵。面白いお酒、レアな高級酒、出来立てバリバリのフレッシュな新酒に、長期熟成のこっくりしたお酒など、すべて特定名称酒の純米酒から選りすぐりの逸品をセレクト。

地域の違い、米の違い、酵母の違いなど、飲み比べをしていただきます。

「そこが違うとどう変わるの?」「 純米酒って楽しい!」「おいしい!」「面白い!」が分かる納得体験会です。

純米酒のバラエティがわかるよう、種類違いのお酒がたくさん出ますので、体調を整えてご参加ください。(試飲は強制では全くありませんので、体調に合わせて、テイスティングしてください。お水をお忘れなく)

お酒に合うおつまみもご用意します。新春特別バージョンで、それぞれのお酒をじっくり飲んで、相性を確かめ、純米酒ワールド2018年の幕開けを楽しみましょう。

受 講 料 会員 3,348円(入会金は5,400円。70歳以上は入会無料、証明書が必要です)一般 3,996円  教 材 費 会員・一般とも2,916円 ※入会金・受講料・教材費等は消費税8%を含む金額です。

📞電話 03-3344-1941 講座担当は馬場恭子さんです

10:3018:30 *日曜・一部祝日を除く

https://www.asahiculture.jp/shinjuku


Topics: セミナー | 2017/9/25 15:39:18

10月7日は居酒屋English!英語でね

21617517_930970320374001_3768254684503821841_n

10月7日土曜日、日中は、
ひとます市 Hitomasu-Ichi 古本とクラフトを開催!
色太字はクリックしてね

その夕方17時から、OJC主宰のバイリンガル女子原田 有紀子 (Yukiko Harada)=ユッコさんと、OJCアンコールセミナーを開催します!

10月7日土曜日 17時〜19時 入場無料
ヨーコとユッコの
YY ‐ワイワイ- 居酒屋 アンコール篇ー

みなさん、居酒屋定番メニューの語源をご存知ですか?

どうして冷奴っていうの?(クールガイは超訳ではなく大間違い。じゃあなんでヒヤヤッコなの?)

アタリメってなに?

塩辛ってなに?(どこにもイカって書いてないよ!)

居酒屋で海外の人に聞かれたら、皆さん、どう答えていましたか?

そんな日本人なら知ってるつもりの、定番アイテムを揃えてレッツ♪ 居酒屋イングリッシュ!

どこにでもある、当たり前の居酒屋メニューの語源を、飲みながら、楽しく、居酒屋珍味と日本酒のひや&かんを楽しもう企画です。


やまもとようこはまったく英語が話せませんから、誤解なきよう。日本語onlyの方も楽しめる内容です。

ユッコさんが本場バリバリの居酒屋ガールズイングリッシュトークを披露します〜。

Join us (๑˃̵ᴗ˂̵)

入場無料、お酒とつまみはキャッシュオンです。

http://cafe.onjapan.tokyo/event/20171007yy/?lang=ja

OnJapanCafeアクセス↓
http://cafe.onjapan.tokyo/about/#accessMap

Yoko (Sake Expert, right) & Yukiko (OnJapan CAFÉ)

Izakayas, a Japanese-style bar, are a popular part of Japanese food culture, lively bars that offer a wide variety of drinks and small plates to accompany them How to order? There are some terms can be quite difficult for locals to explain in English. So we created “YY IZAKAYA”, a friendly pop-up bar for one night only (as the mood takes us) where international and local guests alike can explore the world of izakayas, guided by Yoko and Yukiko.
17:00-19:00
Mini Seminar on IZAKAYA – Japanese traditional dining style -
(Free admission, cash on delivery system)

Casual seminar to learn about IZAKAYA while having drink and food of your choice. OnJapan’s special Izakaya will open just after the seminar, so you can stay there to enjoy it in a relaxed atmosphere!

Please join us at OnJapan CAFÉ’s unique pop-up IZAKAYA in Harajuku!! Yoko & Yukiko look forward to seeing you there!!


Topics: event, 日本酒 | 2017/9/22 15:34:51

10月7日OJCでひとます市!

21587152_925584860912547_6292800715752840145_o

ひとます市 Hitomasu-Ichi 古本とクラフト」
詳細はクリック↑

10月7日(土曜)は「ひとます市」。移転が決まったOnJapan CAFÉのラストweekに参加します :-o 店内の本棚が、小さな古本屋さんになりますよ。

2005年に東京の谷中・根津・千駄木ではじまり、現在は全国で開催されている「一箱古本市(ひとはこふるほんいち)」をご存知ですか? ダンボール1箱の本を自宅から持ちよって販売する”わたくし古本屋”さんです。


今回はカフェの本棚で、立体的にやってみようという試みです。

名付けて「一升」転じて「人増」!
*当日は「ます」の純米酒の枡酒もご用意します。

出店者は、発起人でもある古典芸能に超詳しい、チャーリーこと水野 喜之 (Yoshiyuki Mizuno)さん「一箱古本市」でも全国を駆け回っています。
西荻の忘日舎さんも参加!https://www.vojitsusha.com/

そしてトラベルジャーナリストの寺田直子さん。どんな本が飛び出すかワクワクです!
フリーライターで、だめにんげん祭り主宰の江澤 香織 (Caori Ezawa)さんはクラフトやZINEも。フリー編集者の、渚のゆうここと、Yuko Kanamaruさん。そして、私、港のよーここと、山本洋子 :oops:
あの本、この本、この器・・・を持ち寄ります。
カフェ主宰の原田 有紀子 (Yukiko Harada)さんは英語の本とか犬の本?!

純米の枡のお燗酒もお楽しみに~!すごい●●なのも出しますから


●ひとます市 Hitomasu-Ichi 古本とクラフト

他にもその週はイベント目白押し!

WA(和)LIVE・其の壱~箏(こと)とギターが奏でるロマンチックお月見NIGHT

WA(和)LIVE・其の参 月夜に響く、エキセントリック“進化系”三味線

WA(和)LIVE・其の弐 笛とフラメンコギターで紡ぐ、日本のうた

クリストファーさんの焼酎セミナーなどもありますよ〜


21740774_926904307447269_8167500569906752369_o

OnJapanCafeアクセス↓
http://cafe.onjapan.tokyo/about/#accessMap

http://cafe.onjapan.tokyo/event/20171007hitomasu-ichi/?lang=ja


Topics: book, cafe, event | 2017/9/20 19:41:15

20170928大阪で秋田の酒きき酒会

170710-1

20170928

秋田づいております〜 :-o
去年に引き続き、大阪で「秋田の酒きき酒会」が開催されますよ!

秋田県酒造組合●参加蔵元

新政(新政酒造株式会社)/ゆきの美人(秋田醸造株式会社)
高清水(秋田酒類製造株式会社)/銀鱗(株式会社那波商店)
一白水成(福禄寿酒造株式会社)/太平山(小玉醸造株式会社)
北鹿(株式会社北鹿)/山本(山本合名会社)
雪の茅舎(株式会社齋彌酒造店)/天寿(天寿酒造株式会社)
飛良泉(株式会社飛良泉本舗)/出羽の冨士(株式会社佐藤酒造店)
春霞(合名会社栗林酒造店)出羽鶴(秋田清酒株式会社)
刈穂(秋田清酒株式会社)/千代緑(有限会社奥田酒造店)
秀よし(合名会社鈴木酒造店)/奥清水(株式会社高橋酒造店)
阿櫻(阿櫻酒造株式会社)/天の戸(浅舞酒造株式会社)
まんさくの花(日の丸醸造株式会社)/両関(両関酒造株式会社)
爛漫(秋田銘醸株式会社)/福小町(株式会社木村酒造)
一滴千両(秋田県醗酵工業株式会社)

◉その同日!秋田県主催のプレスセミナー開催されます。

21743898_1868359496513554_5273955781346235743_o

お手伝いいたします! :-o


ノリット・ジャポン株式会社 菅原 久典 (Hisanori Sugawara)さん(お父さんは有名ないぶりがっこ研究家!)からお声がけいただき、今月末の9月28日(木曜)大阪で開催の「秋田の酒と食 プレゼンテーション&試飲・試食会」をお手伝い!

今回はメディア対象。

秋田の個性派勢揃いの秋田の酒蔵にリアル会いできるチャンス!

そしてティスティングにいらしてくださいませ。秋田の郷土料理とのペアリングも3パターン紹介。お申し込みはお電話orFAXで

http://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/28681


21731530_1868359409846896_5667351922345250900_o

◉詳細は↑こちら↓


秋田県 HP

観光文化スポーツ部 秋田うまいもの販売課

21740841_1868359493180221_1881198945398295805_o-1

21743580_1868359413180229_7600738338194009782_o

メディア対象の勉強会、お申し込みはFAXでプランニング・ボートまで!

TEL : 06-4391-7156 FAX : 06-4393-8216

21743525_1868359406513563_2931343432014429278_o

●会場は大阪新阪急ホテル 2F 紫の間



Topics: セミナー, 日本酒 | 2017/9/19 18:45:25

« 前のページ 次のページ »
sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc