Sidebar Window


Search




Sidebar Window


Sidebar Window


Sidebar Window




Topics



Monthly Archives





« 獺祭 新酒の会 2009 | Home | 宮崎県北郷町 森林セラピー基地グランドオープン! »

ムスムスで小諸フェア&はなゑちゃん

IMG_0678.JPG

新丸ビル7階のムスムスで2月24日から1週間『小諸の味』が開催。幻の!?白いもをひっさげて生産者の方々が来店。小諸の味を披露。

IMG_0653.JPGIMG_0718.JPG

白いもは男爵系でもちもちした味。揚げて、蒸していただきました。

IMG_0690.JPGIMG_0779.JPG

小諸の粘土質は白いも栽培に向いているそう。15年前にできた品種で、当時は表面が粗かったものの、今は肌すべすべになったのだとか。

IMG_0666.JPGIMG_0772.JPG

大豆の産地ということで五目大豆、味噌がらめの大豆、キャベツの甘酢漬け。青大豆のひたし豆も登場。

IMG_0672.JPGIMG_0640.JPG

丸の内ハウスマネージャーの玉田泉さんと、いつも元気な秋田県庁の加藤はなゑちゃん!「面白いっすな〜」今日も連発。もぉ、大好き!

小諸のお酒各種。マンズワインの白はすっきり辛口で料理にあうタイプ。

IMG_0673.JPG

ムスムス佐藤社長を囲んで一緒に撮影。「楽しいっすな〜」はなゑちゃんといると、皆なが秋田弁うつっちゃう(笑)

IMG_0793.JPG

玉田さんに預かってもらっていた秘密の乾物。保管ありがとう!

IMG_0687.JPGIMG_0642.JPG

花豆のおこわ。 料理担当のおかあさんたちです。

IMG_0696.JPG

小諸産の菜の花油を使ったきのこの天ぷら。ナッツのフレーバーがあり、甘い風味。くせがなく使いやすそうです。

ナタネ油は市場に出回っているほとんどの商品はカナダ産の遺伝子組換えのナタネ。この小諸のナタネ油は、エルシン酸(心臓障害を起こすと言われる)を含まない「キザキノナタネ」という東北農試(現東北農業センター)が開発、育成した品種。小諸市御牧原畑作振興組合が栽培しています。搾油にはベンジン系の薬を使わず、昔ながらの圧搾法でビタミンEも豊富。1リットル1100円。●問い合わせ先 小諸大橋直売センター 電話0267−25−6441(午前中のみ) 花の時季は「菜の花祭」もあるそうです。

IMG_0703.JPGIMG_0723.JPG

トーストしたパンに菜種油をつけていただくの図。右はアシェット婦人画報社の野々山さん。蒸した白いもでも試してみました。甘い風味がいけます!

IMG_0675.JPGIMG_0714.JPG

キッチンでは料理長と小諸のおかあさんたちが奮闘中!

IMG_0757.JPGIMG_0759.JPGIMG_0756.JPG

初めていただきました小諸名物「お煮かけうどん」。小諸ではうどんはこうやって食べるのが定番とか。具をあらかじめしっかり味つけておき、ゆでたうどんにかけてからめて食べるという。

IMG_0716.JPGIMG_0737.JPGIMG_0796.JPG

(左)ムスムスの洋食担当さん、洋食って感じ(笑)!

(中)赤石貴子さん、蕎麦打ち3段、日本酒大好き。性格抜群。字もきれい。独身!よろしくです(赤石さん、しっかり宣伝した!)

(右)佐藤社長すっかりはなゑちゃんをお気に入り。えっ、一緒につれて歩きたい?! わかります〜。その気持ち(笑)

翌日、はなゑちゃんから届いたメール「長野の小諸のとうちゃん、かあちゃんよかったっすな〜。シンプルに食材の旨さを楽しむ料理で、白いもの存在も知ることができて面白かったです。このような会で、いろんな人と出会い、楽しみ、そして次につなげられるように、また面白いことを考える面白循環がいいでっすな〜。また、やるっすべ〜」

また、やるっすべ〜!

はなゑちゃんのはじけてる写真を特別公開。

辛いことがあったらこの写真を見るっすべ〜。

IMG_4837.JPG

「のむっすべ〜!」

はなゑちゃんの肩書きは技師。農家をまわり農業指導をしています。農に明るく頼もしい賢き女性で、やまよが疑問に思っていることを丁寧に教えてくれます。上のはじける写真の前も、米のカドミウム防止対策についてお聞きしていたのです。

●以下、やまよの個人的なメモ。

田んぼの水管理について。カドミウムは土壌中に空気がたくさん存在すると(酸化的)稲に吸収されやすくなります。出穂期をはさんで、前20日、後ろ20日の計40日間、水田に水深5cm〜10cmの水をはります。こうすることで、カドミウムが還元状態になって、土から離れない状態になります。稲が土から栄養を吸うときに、カドミウムは吸えない状態を作ることになります。この40日間は、稲が実に栄養分を貯める重要な時期となるので、カドミニウムを吸わせないような環境を作ることが重要となります。秋田県ではこのような防止技術が生まれ、そして実行されています。*他対策も細かくあり(略)


●農薬について話しあった時のはなゑちゃん語録。

「どこに幸せを感じ、どこまで欲望を追求するのか、くらしの満足度をどこに求めるのか、心の持ち方が生産現場をも走らせているのではないかなと感じます。

ひと昔前、戦前戦後直後までは、お金もありませんでしたから、手に入る肥やしなどは家畜糞尿、人糞尿など自家生産できる資源と人力、動物力でした。

それが大量の生産と、いつでもどこでも手に入れやすいということに対する時間的なプレッシャー、それに応えられるようにと機械技術革新、資材革新、生産者の初期投資、維持費増・・・積み重なっています。

そして今、なんだかかんだか目まぐるしくおこる「食」問題。

人は、どこにいくのでしょうか〜。“本当の”ってホントはなんなのでしょうか〜。っと時々、自問自答してみたりです」

↑ そういえば、なんでこれは標準語だったのか。

はなゑちゃんは日本の宝。

また、のむっすべ〜!


Topics: event, shop | No Comments »

sohbet chat Kadin Sitemap Haber Edirne Tarih Sitemap Somine Mirc