新日本酒紀行 地域を醸すもの 日本酒

新日本酒紀行 地域を醸すもの・ROOM La+YACHIYO 215 

週刊ダイヤモンド 2021年 7/3号の連載『 新日本酒紀行 地域を醸すもの』では、山口県萩市大字吉部下の八千代酒造さん「ROOM La+YACHIYO」を紹介しています。

山本洋子:酒食ジャーナリスト ライフ・社会 新日本酒紀行

img_7e2aa8d9d7b59b70276ead546fdb6a20243543.jpg

↑5代目で杜氏の蒲(かば)久美子さん Photo by Yohko Yamamoto

飛び切りの空間をつくる

萩の酒を目指して』

(本文より)

 2021年3月、山口県萩市と阿武町の6蔵が、国税庁から産地をブランド化する地理的表示(GI)「萩」に指定された。その1蔵が八千代酒造で、5代目の蒲久美子さんが杜氏を担う。

 蔵が立つ旧むつみ村は、山と田んぼに囲まれた全戸数700世帯弱の小さな集落。

 その地、唯一の酒蔵だ。

 実は、蔵を継ぐのは妹のはずだった。

 妹は東京農業大学を卒業後、急に結婚を決め鹿児島県へ移住してしまう。

 伝統ある酒蔵が廃業してはと、東京で15年間、栄養士を務めていた久美子さんは17年にUターン。35歳の決断だった。

 だが、酒造りの経験は皆無。

 助け舟を出してくれたのが、市内の澄川酒造場の澄川宜史さんだ。蔵で酒造りの理論と実践を教わり、「自分の酒を設計して造りなさい」と、醸造の場を貸してくれた。

 どんな酒にするか悩み、浮かんだのが、東京時代の酒の持ち寄り会の光景。仕事を終えて、みんなでおいしい酒を飲むと疲れが取れ、笑顔が生まれた。

「部屋でくつろいで楽しむ酒、明日への活力になる酒」と、華やかで甘味と透明感ある酒質を設計し、銘柄は「ROOM」に。

 原料米は自社田を含む萩の米で、精米も地元で行う。

 萩市と阿武町の集落営農法人と酒蔵6社が共同出資し、萩酒米みがき協同組合を17年に発足。

 萩の酒蔵は酒米から精米、醸造まで地元で一貫して行う体制が整い、GIの指定にもつながった。

「伝統は挑むことで価値を生み出せる。萩の名に恥じない酒で100年先もつながる蔵に」と久美子さんは未来の扉を開く。

※GI … Geographical Indication

img_6ce124167eac2f39f29e01a3b44cc87739963.jpg

↑ROOM La+ YACHIYO 純米吟醸 山田錦

●八千代酒造・山口県萩市大字吉部下3306
●代表銘柄:ROOM La+ YACHIYO Green Breese 純米吟醸 西都の雫
●杜氏:蒲 久美子 ●主要な米の品種:山田錦、西都の雫

GI萩の詳細はこちらに詳しく↓

萩市・阿武町編 日本酒「GI萩」

img_db410e000c684298d77a078561128b8b260626.jpg

自社田の山田錦 Photo by Y.Y.

img_d4c4b5f2c0996da5425678f1f0a285a0504408.jpg

自然豊かな吉部下地域、から徒歩3分のところにある田んぼ Photo:Yachiyosyuzo

img_ae55e49ca0f68e33b15c86bd3f372d86188034.jpg

Photo:Yachiyosyuzo

次のページ

【写真】麹造りともろみ管理

img_92d67211d4fba66e362b82ab4d751f60181535.jpg

設備が整う澄川酒造場を借りて麹造りともろみ管理を行う Photo:Yachiyosyuzo