新日本酒紀行 地域を醸すもの 日本酒

新日本酒紀行 地域を醸すもの・江戸開城 224

 
週刊ダイヤモンド 2021年 9/11号では、東京都港区芝のビルで醸造を行う、コンパクトの極みというべき斬新な酒蔵を紹介しています!

新日本酒紀行 地域を醸すもの「江戸開城」224

山本洋子:酒食ジャーナリスト

新日本酒紀行

img_bf518bcd7221739e70eee1448271b3b4393045.jpg

杜氏の寺澤善実さん(左)と代表の齊藤俊一さん Photo by Yohko Yamamoto

土地8坪に立つビルで極上を醸す!

東京港区芝のクラフト蔵』

 コンパクトシティーを実現させる形の一つとして、「クラフト蔵に大きな可能性がある」と東京港醸造の杜氏の寺澤善実さん。

 港区芝の総面積22坪の4階建てのビルで一年中、酒を醸す。
4階で米を蒸し、麹を造り、3階で蒸し米を冷やし、仕込みと上槽は2階、瓶詰めを1階で行う。
仕込み水は東京の水道水で、東京産の米と酵母を用いた酒や、SDGsを考慮した無洗米の酒の醸造にも挑む。

 代表の齊藤俊一さんは、100年前に廃業した実家の酒造業を復活させるのが悲願だった。
2006年に寺澤さんが責任者を務める52平方メートルの台場醸造所を見て、この面積で酒ができるなら!と寺澤さんを口説いた。

「絶対儲からないからやめた方がよい」と言われたが、「財産をなくしてもいいからやりたい」と、齊藤さんは何度も交渉。
寺澤さんはその熱意と夢に共感した。

 だが、肝心の酒造免許は税務署から門前払い。諦めず署へ日参し紆余曲折の末、11年に、どぶろくが醸せるその他の醸造酒とリキュールの製造免許を取得。16年に清酒の製造免許を取得し、「江戸開城」を発売。

 宣伝のため角打ち用の車を誂えて祭に出店し、蔵の前でも営業。売店を設け、ネット販売も始めると、東京23区内唯一の酒蔵は徐々に人気が上昇。

 さらに寺澤さんは大きな麹室が要らない超小型製麹装置を発明。
奇跡のようなクラフト蔵の成功に問い合わせも入る。寺澤さんはコンサル業務を行う新会社を設立。新たな蔵も立ち上がった。

 小さな醸しが、大きな波となり全国へ。

img_70631c6fe87e4e51a4b7ca8194061aad187148.jpg

↑ 「純米吟醸原酒 江戸開城 山田錦」

東京港醸造・東京都港区芝4-7-10
●代表銘柄:純米吟醸原酒 江戸開城、同 All Tokyo、同 Sustainable Sake、純米どぶろく江戸開城
●杜氏:寺澤善実
●主要な米の品種:山田錦、雄町、愛山、キヌヒカリ

次のページ

【写真】醸造所は4階建てのビル

img_7ecadb203c1798df850d92acc7170a94239228.jpg

醸造所は4階建てのビル Photo by Y.Y.

img_8faf187f5b1a5c7aa539dd5a160e65f1154766.jpg

寺澤さんが設計した小型甑 Photo by Y.Y.

img_296da5ea074b6e7c13423cf17e263a8f105687.jpg

寺澤さんが設計した小型甑 Photo by Y.Y.

img_73097ea7723d1344206855b6bc6c5d09129065.jpg

寺澤さんが設計した小型甑 Photo by Y.Y.