新日本酒紀行 地域を醸すもの 日本酒

新日本酒紀行 地域を醸すもの・狼煙 227

週刊ダイヤモンド 2021年 10/2号

img_528c304cbbb0c40cf8340cddbb62133f206656.jpg

杜氏の荻原亮輔さん。身長190cm!タンクが小さく見えます
Photo by Yohko Yamamoto

新日本酒紀行 地域を醸すもの
狼煙NOROSHI

新潟県上越市西城町

山本洋子:酒食ジャーナリスト

ライフ・社会 新日本酒紀行

世界初!極少量仕込みの蔵が問う
芋焼酎とのコラボ酒』

本文より)

スキー正宗という不思議な銘柄が新潟県上越市(元高田市)にある。明治期にオーストリア将校のレルヒ少佐が、日本で初めてこの町にスキーを伝え、城下町がスキー用具の製造で栄えた。スキー飴やスキー羊羹などが商品化され、スキー正宗も誕生。ほとんどの商品が消える中、酒だけが残った。

だが、売り上げが減少し、蔵は2018年に地元の会社に代替わりした。新しく醸造責任者に抜擢されたのが、二つの蔵で経験を積んだ荻原亮輔さんだ。

大量生産型の設備は老朽化が激しく、「少量仕込みの高品質の酒で回転良く」と方向転換。
20年10月に四季醸造できるコンパクトな酒蔵を新設した。

仕込みは一般の1/10の量で醸せて、蔵見学も対応可。

高品質を追求し、原料米は市内の農家の酒米を直接購入。
清潔な環境で荻原さんが1人で徹底的に丁寧に醸す。
少量仕込みのメリットを生かし、オーダーも受ける。農家が米を持ち込み、お寺が檀家に配る酒を発注するなど地元密着型に。
また、酒粕には酒がたっぷり残り、柔らかでうまいと飲食店や漬物名人から注文も。

新たに立ち上げた銘柄は「狼煙」。同じ酒米を酵母違いで醸すなど、続々と限定品を出す。

9月は世界初の芋焼酎とコラボした酒を発売。
焼酎の添加は柱造りと呼ばれる手法だが、芋焼酎とは前代未聞。東京農業大学の後輩、松露酒造の矢野裕晃さんの芋焼酎をブレンドし、花や果実のような香りとリッチな味に仕上げた。

小さな蔵の再出発! 今、狼煙は上がったばかりだ。

不明.gif

狼煙×松露 プレミアムコラボ

武蔵野酒造・新潟県上越市西城町4-7-46
●代表銘柄:狼煙、スキー正宗復刻版、寿亀正宗 純米大吟醸
●杜氏:荻原亮輔
●主要な米の品種:山田錦、亀の尾

次のページ

【写真】酒造工程が窓から見学可

img_ebaec2a8de9ad188bee0d4bcee1c2622300233.jpg

武蔵野酒造 蔵の玄関 Photo by Y.Y.

img_39019373c0fa8cbf8a7277a72c51ad1a157399.jpg

昔の看板と陶器の壺 Photo by Y.Y.

img_6c93ab3c36884cd79fc75ff16907cafb102712.jpg

酒造工程が窓から見学可 Photo by Y.Y.

img_6066528cd91412e0d7a857ffdd0b82bf141724.jpg

〜日本酒ができるまで〜 Photo by Y.Y. 拡大画像表示

次のページ

【写真】原料処理場、電気甑、麹室、麹を造る木箱

img_7359de625c85424d76f9b5433c1590cf167344.jpg

清潔な原料処理場 Photo by Y.Y.

img_db5bd3d4f6100b47246e1f38a5afeb11153856.jpg

最新の移動できる電気甑! Photo by Y.Y.

img_2312223cbf61afc0d18f1f2354a57505101744.jpg

杜氏の荻原亮輔さんと電気甑(やっぱり小さく見えます)Photo by Y.Y.

img_dd155ba50a2700b4342a188a294feaff97708.jpg

麹室の扉 Photo by Y.Y.